トップページ -> 実践知識 -> PostgreSQL インストールと各種ツールの使用法 -> PostgreSQL 上で,Eclipse の Clay プラグインを使う
[サイトマップへ]  

PostgreSQL 上で,Eclipse の Clay プラグインを使う

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ
この Web ページでは,Eclipse の Clay プラグインの操作法などを説明する.

Eclipse の clay プラグインとは, リレーショナルデータベースに関する下記の機能をもったソフトウエアです. MySQL, PostgreSQL, Java DB など,いろいろなリレーショナルデータベースに使えます.

  1. 既存のデータベースのリバースエンジニア
  2. データベースモデリングなど

この Web ページでは,リレーショナルデータベース管理システムとして,PostgreSQL を使います. (MySQLJava DB など,他のリレーショナルデータベース管理システムについては,別の Web ページで説明している).


必要となるソフトウエア

あらかじめ決めておく事項

使用する Eclipse のプロジェクト名を決めておくこと. この Web ページでは,次のように書きます.

※ Eclipse のプロジェクトの新規作成の方法については, 「Eclipse 3.4 インストールと基本操作」の Web ページ を見てください.

使用するデータベースのデータベース論理名と, PostgreSQL にログインするために使うデータベース・一般ユーザのアカウント(ユーザ名とパスワード)を決めておくこと. この Web ページでは,次のように書きます.

(参考)データベースとアカウントの作成

この Web ページの手順を試すために,新しいデータベースと,新しい一般ユーザのアカウントを作りたいという場合は, PostgreSQL のコマンドラインクライアント を使って作るのが簡単です. Windows のコマンドプロンプトなどで,次のコマンドを実行します.

※ まずは,Windows で「スタート」 →「プログラム」 →「PostgreSQL 8.3」 →「コマンド・プロンプト」と操作
createuser -U pgadmin -P -S -D -R testuser
createdb -U pgadmin -O testuser -E UTF8 testdb

なお,データベースとアカウントの作成には,PostgreSQL データベース管理者ユーザ名パスワード必要になるので,前もって調べておくこと. 上記では,Postgres データベース管理者のユーザ名を pgadmin と書いています.

設定項目

PostgreSQL を使うために,次の設定を行うことになるので,確認しておく.


Clay の実行

Database Modeling Graphical Editor の起動

  1. 開始

    Eclipse で,「ファイル」→「新規」→「その他」と操作する.

  2. Database Modeling の展開

    Database Modeling の左横の「+」をクリックして,展開する.

    「Database Modeling」が現れないときは, 「Eclipse の Clay プラグイン」の Web ページの記述に従って,Clay プラグイン のインストールを行うこと.

  3. Clay Database Design Diagram」の選択

    Clay Database Design Diagram」をクリックし,「次へ」をクリック.

  4. Eclipse プロジェクト名と SQL 方言の種類の選択

    PostgreSQL を使うので,つぎのように選択する.

    選択が終わったら,「終了」をクリック.

  5. Database Modeling Graphical Editor が開く

データベースのリバースエンジニアリング

新規接続の作成

  1. Database Modeling Graphical Editor の中の任意の場所で右クリック.「データベースのリバースエンジニア」を選択

  2. 「接続」のウインドウ(これは,データベースの接続設定を行うウインドウ)が開く。最初は,何も「接続」が無いので,「新規追加」をクリック

  3. ウインドウが開くので,次の設定を行う. 設定が終わったら,「次へ」をクリック.

  4. インポートするデータベーススキーマの選択

    特に必要がない限り「public」だけを選んで,「>」をクリックし,「次へ」をクリック.

  5. インポートするテーブルの選択

    使用したいテーブル(複数可)を選んで,「>」をクリックする. 終わったら,「終了」をクリック.

  6. 図ができる

以上で、新規接続ができた。 (次回からは、新規接続を作成する必要は無い)。


参考Webページ: http://www.stackasterisk.jp/tech/java/eclipse02_03.jsp