トップページ -> コンピュータ実習 -> 地図情報システムとデータベース -> Ubuntu で JOSM (Java OpenStreetMap Editor) を使ってみる
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Ubuntu で JOSM (Java OpenStreetMap Editor) を使ってみる

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ
JOSM (Java OpenStreetMap Editor) とは, Java で書かれた OpenStreetMap の編集ソフトウエアです.Windows 版,Mac OS X 版もあります.

この Web ページでは,次のことを説明する.


Ubuntu で JOSM のインストール

インストールの事前準備

Ubuntu で JOSM をパッケージを用いてインストール

ソースパッケージを用いてインストールする場合の手順

◆ Ubuntu での操作手順(例)(ソースパッケージを用いてビルドとインストールを行う場合

※ソースパッケージに関する設定については,別のページで説明している.

mkdir /tmp/josm
cd /tmp/josm

sudo apt-get source josm
sudo apt-get build-dep josm
cd josm-0.0.svn3751
sudo dpkg-buildpackage -rfakeroot 
cd ..
sudo dpkg -i *.deb
sudo apt-get install josm-plugins

Ubuntu でパッケージを用いてインストールする場合の手順

◆ Ubuntu での操作手順(例)(パッケージを用いてインストールする場合

sudo apt-get install josm
sudo apt-get install josm-plugins

OpenStreetMap サーバからのデータのダウンロードと表示

以下の手順で, JOSM を使い OpenStreetMap サーバからのデータのダウンロードと表示を行ってみる.

  1. josm の起動

    josm
    
    

  2. 「ファイル」→ 「OSM からダウンロード」→ と操作する

  3. ダウンロードする範囲の指定

  4. ダウンロードが終わると表示される


OpenStreetMap データのファイルへの保存

ここでは、 ファイルとして保存する手順を示す。

  1. ファイルとして保存

    hoge.qgs と hoge.osm の2つのファイルができる.


OpenStreetMap ファイルを開く

  1. 「ファイル」→「開く」

  2. ファイルの選択