トップページ -> 実践知識 -> R を用いた統計処理/データマイニング -> Ubuntu で GNU PSPP のインストール, R での SPSS ファイルの読み込み
[サイトマップへ], サイト内検索:

Ubuntu で GNU PSPP のインストール, R での SPSS ファイルの読み込み

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

PSPP とは SPSS 互換をうたっている GNU のフリーソフトウエア。OpenOffice.Org や Gnumeric 等との連携機能もある。 検定に関する機能としては、次のようなものがある


事前準備


■ PSPP をパッケージを用いてインストール

◆ Ubuntu での操作手順(例)(パッケージを用いてインストールする場合

sudo apt-get -yV install pspp

起動してみる

psppire

次のようなウィンドウが現れる

ターミナル・モードで使いたいときは「pspp」

pspp


PSPP で作成されたデータを R で読み込み

psppire で起動し,次のようにデータを入力し、ファイル(ファイル名は sample.sav)に保存する

R を起動し、次のように操作する.これでデータを読み込める

library(foreign) 
a >- read.spss("sample.sav")

データフレームに読み込みたいときは「to.data.frame=TRUE」を付ける.

library(foreign) 
a >- read.spss("sample.sav", to.data.frame=TRUE)


PSPP によるデータ処理の例

DATA LIST LIST 
 / id name (A32) score student_name (A32) .
BEGIN DATA.
1, Database,    80, KK
2, Database,    95, AA
3, Database,    80, LL
4, Programming, 85, KK
5, Programming, 75, LL
END DATA.

FREQUENCIES name. 

実行結果の例