トップページ -> 実践知識 -> R を用いた統計処理/データマイニング -> R での JPEG ファイルの画像処理の例 (rimage パッケージを使用)
[サイトマップへ], サイト内検索:

R での JPEG ファイルの画像処理の例

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

この Web ページでは,JPEG ファイルの画像処理の例図解で説明する.


Ubuntu での rimage パッケージのインストール手順

Ubuntu での R の rimage パッケージのインストール手順を説明する.

◆ Ubuntu での実行手順例

sudo apt-get install fftw-dev
cd /tmp
wget http://cran.r-project.org/src/contrib/Archive/rimage/rimage_0.5-8.2.tar.gz
sudo R CMD INSTALL rimage_0.5-8.2.tar.gz

JPEG ファイルの読み込み

ファイルの読み込みには,read.jpeg() 関数を使います. ここでは,ファイル名 /tmp/fruits.jpg を指定してファイルを読み込みます. 表示には,plot() 関数を使います.

R
library(rimage)
x <- read.jpeg("/tmp/fruits.jpg")
plot(x)

グレースケール化

plot( rgb2grey(x) )

ヒストグラムの平坦化

plot(equalize(x))

ローパスフィルタ

表示用に normalize() 関数を介在させている

plot( normalize( lowpass(x, radius=40) ) )

ハイパスフィルタ

表示用に normalize() 関数を介在させている

plot( normalize( highpass(x, radius=40) ) )

平均値フィルタ

plot( meanImg( rgb2grey(x) ) )

最大値フィルタ

3x3隣接の範囲で最大の画素値に入れ替える.

plot( maxImg( rgb2grey(x) ) )

最小値フィルタ

3x3隣接の範囲で最小の画素値に入れ替える.

plot( minImg( rgb2grey(x) ) )

ラプラシアン・フィルタ

表示用に normalize() 関数を介在させている

plot( normalize( laplacian( x ) ) )

ソーベル (sobel)・フィルタ

表示用に normalize() 関数を介在させている

plot( normalize( sobel( x ) ) )