トップページ -> 実践知識 -> R を用いた統計処理/データマイニング -> R の主要な関数と演算子など
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

R の主要な関数と演算子など

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

目次


関数

※ ヘルプの検索は「help.search() 」関数

  • help(<関数名>) : 関数の概要表示 」

    パッケージ

    データの読み込み


    データ型

    主要なものを以下に挙げる

    ベクトルの生成

    【要点】

    ベクトルは,同じデータ型のデータの並び.変数 t に,要素 2, 1, 3 のベクトル(要素がこの順で並ぶ)を格納したいときは,

    t <- c(2, 1, 3)
    

    ※ ベクトルは,数値以外も要素にできるが,すべての要素が同じ型でなければならないことに注意.

    行列の生成

    【要点】

    変数 m に,要素 1, 2, 3, 4 が入った2行2列の行列,つまり,

    1 3
    2 4
    

    を格納したいときは,次のように書く. nrow は行数.ncol は列数.

    m <- matrix( c(1, 2, 3, 4, 5, 6), nrow = 2, ncol = 3 )
    

    ※ 行列は,数値以外も要素にできるが,すべての要素が同じ型でなければならないことに注意.

    リストの生成

    【要点】

    変数 L に,要素 "apple", 5, "fruits" リスト を格納したいときは,次のように書く.

    L <- list("apple", 5, "fruits")
    

    データフレームの生成

    【要点】

    データフレームは,「同じ長さのベクトルを要素として持つリスト」とみなすことができる. 属性 type として 1, 2, 3, 4, 5, 6 が並び, 属性 name として "apple", "orange", "strawberry", "watermelon", "melon", "banana" が並び, 属性 price として 50, 20, 100, 150, 200, 100 が並ぶデータフレームは,

    d <- data.frame( type = c(1:6),
    name = c("apple", "orange", "strawberry", "watermelon", "melon", "banana"),
    price = c(50, 20, 100, 150, 200, 100) )
    

    因子の生成, 因子に関するデータ型の変換

    順序付き因子の生成

    テーブルの生成

    トランザクションの生成

    アイテム集合や規則に関するデータマイニング用のトランザクションデータ

    文字列の生成

    RGB3原色の色を,文字列として表す流儀があります.白は"#FFFFFFF", 黒は"#000000" というようにです.


    オブジェクトの一覧, データ型の取得, オブジェクトの構造の取得


    論理演算、比較演算、数値演算、文字列に関する演算など

    論理和,論理積,否定

    【評価結果が論理オブジェクト】

    【評価結果が論理オブジェクトのベクトル】


    論理和,論理積,否定

    比較

    【評価結果が論理オブジェクト】


    all.equal の例


    all.equal では,引数がベクトルの場合,先頭要素のみの比較

    【評価結果が論理オブジェクトのベクトル】


    結果として論理オブジェクトを返す演算子のうち,主要なもの

    数値に関する二項演算子


    数値に関する二項演算子を,数値のベクトルに適用した例


    長さが異なるベクトルが引数として与えられたときは,長さの短いベクトルが繰り返し呼び出される(「リサイクル規則」)

    数値に関する単項演算子

    文字列に関する演算子と関数


    ベクトルに関する演算子と関数

    ベクトルを引数にとる演算子に関する規則

    添え字に関する操作

    ベクトルの集約, 統計量

    ベクトルに関する関数


    行列に関する演算子と関数

    添え字に関する操作

    行列に関する操作


    リストに関する演算子と関数


    データフレームに関する演算子と関数

    データフレームには,配列に使える演算子や関数の多くが,そのまま使える. データフレームに特有の関数は次の通り.


    条件分岐と繰り返し

    主要なものを以下に挙げる


    グラフの概要

    詳しくは次のWebページで説明している

  • barplot(X) : ベクトル X の棒グラフ

  • legend() : 凡例

  • abline() : 回帰曲線