トップページ -> 実践知識 -> R を用いた統計処理/データマイニング -> RMySQL パッケージ
[サイトマップへ], サイト内検索:

RMySQL パッケージ

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

私のパソコンでは,RMySQL を実行すると,クラッシュすることがあります.動く範囲で機能 を紹介します.


事前の準備

  1. create user コマンドによるアカウント作成

    ユーザ名として testuser,パスワードとして hoge$#34hoge5 を設定したいときの操作は次の通り.

    	mysql> create user testuser identified by 'hoge$#34hoge5';
    

  2. create database コマンドによるデータベース作成

    例えば,データベース(データベース名は testdb)を作成する手順は次の通り.なお,出来た データベースは,show databasesコマンドで確認できる.

    CREATE DATABASE 'testdb' DEFAULT CHARACTER SET cp932 COLLATE cp932_japanese_ci;
    

  3. 権限を設定して,一般ユーザにもデータベースが使えるようにする

    データベース testdb の使用権限を,ユーザtestuser に与えるための操作は次の通り(grant コマンドを使用).

    grant all on testdb.* to 'testuser';
    

使用法の例

  1. RMySQL パッケージのインストール

  2. RMySQL パッケージの読み込み

  3. dbDriver() 関数を使い,drv オブジェクトを取得

  4. dbConnect() 関数を使い,データベースと接続

  5. SQL の create table で,テーブルを定義

  6. dbListTables() 関数をつかい,テーブル一覧を取得

  7. SQL の insert table で,データを挿入

  8. SQL の select from where を実行してみる

    ※ 私のパソコンではクラッシュする.残念.