トップページ -> コンピュータ実習 -> プロジェクト管理ソフトウエア Redmine を使ってみる -> Windows で Apache Subversion を使ってみる
[サイトマップへ]  

Windows で Apache Subversion を使ってみる

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ

Apache subversion は有名なバージョン管理ソフトウエア. ソフトウエアの配布などにも利用されています. この Web ページでは,Windows 版の subversion をインストールする手順と,ごく一部のコマンドの使用例をを図解などで説明する.

参考 Web ページ: http://gihyo.jp/dev/serial/01/redmine/0002

前もって決めておく事項,調べておく事項


  1. apache subversion の Web ページを開く http://subversion.apache.org/

  2. 「Binary Packages」をクリック

  3. オペレーディングシステムの選択 ここでは Windows

  4. サイトの選択

  5. ファイルの選択

  6. Windows 用のインストーラをダウンロード

  7. インストーラの起動

  8. 「Next」をクリック

  9. 「Next」をクリック

  10. 「Next」をクリック

  11. インストール開始

  12. 「Finish」をクリック


  1. バージョンの確認(起動チェックを兼ねる)

    svnadmin --version
    

  2. SVN レポジトリの作成を行ってみる

    svnadmin コマンドを使う.引数として,subversion のレポジトリ・ディレクトリを指定する。実行例は次の通り.

    svnadmin create C:\repos\proj1
    

  3. SVN レポジトリの情報表示を行ってみる

    今度は,svn コマンドを使う. svn コマンドでは,引数として,subversion のレポジトリ・ディレクトリの URL を指定するのが普通です。 実行例は次の通り.

    svn info file:///C:/repos/proj1
    

  4. ソースコードのインポート

    svn コマンドを使う. subversion で管理したいソースコードのディレクトリを指定します。 実行例は次の通り.

    c:\repos\proj1\log はインポートのときのメモとして残すためのログが入ったログファイル

    svn import C:/src/proj1 -m c:\repos\proj1\log file:///C:/repos/proj1
    

  5. ソースコードのチェックアウト

    svn コマンドを使う. 実行例は次の通り.

    C:
    cd C:\temp
    svn checkout file:///C:/repos/proj1
    

  6. ソースコードのエクスポート

    svn コマンドを使う. 実行例は次の通り.

    C:
    cd C:\temp
    svn export file:///C:/repos/proj1