トップページ -> データベース関連技術 -> 3次元グラフィックスのツール(モデラーとレンダラー) -> AVI4D を用いた 8 視差画像からの立体視用画像の生成
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

AVI4D を用いた 8 視差画像からの立体視用画像の生成

AVI4D を用いた 8 視差画像からの立体視用画像の生成について,実例を用いて説明する.
  1. AVI4D Creator を起動
  2. Eight views を選択

    [image]
  3. "Add" をクリック

    [image]
  4. 作成する動画における最初のフレームの、1番目のカメラからの画像を選択

    [image]
  5. Framecounter、Viewcounter をクリックし、Filename におけるフレーム番号とカメラの番号を指定

    [image]
  6. 開始フレームのカメラ8台の画像が選択されていることを確認

    [image]
  7. 圧縮方式の選択

    "…" をクリック

    [image]
  8. 圧縮プログラムを選択

    [image]
  9. 作成するファイル名を指定

    [image]
  10. 設定内容を確認し、完了

    [image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]