トップページ -> 実践知識 -> 3次元グラフィックスのツール(モデラーとレンダラー) -> Linux で glm のビルドとインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

Linux で glm のビルドとインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

glm とは,OpenGL ベースで動く,OBJ 形式ファイル (Wavefront obj, mtl 形式ファイル)の読み込みと描画の機能を持ったソフトウエアです.

ソースコードが公開されいますので,C++ プログラムに組み込んで使うのに便利でしょう(ライセンス条項は各自で確認のこと)


事前準備

インストール前に「yum check-update; yum update」を実行しておくとトラブルが減るでしょう. これは更新可能な全パッケージを更新するという操作です.

yum check-update
yum update

前もって決めておく事項

前もってインストールしておくべきソフトウエア

次のソフトウエアをインストール済みであること.

※ 下記のように「yum install <パッケージ名>」で簡単にインストールできます.

yum install gcc
yum install libtool
yum install make
yum install libjpeg*
yum install libpng-devel
yum install libtiff-devel
yum install allegro*
yum install SDL-static
yum install SDL_*
yum install mingw-SDL
yum install boost*
yum install OpenGL*
yum install freeglut*

(オプション)simage のソースコードのダウンロードとビルドとインストール

  1. ソースコードのダウンロード

    http://www.coin3d.org/lib/simage/

  2. ビルドとインストール
    cd /tmp
    tar -xvzof simage-1.6.1.tar.gz
    cd simage-1.6.1
    ./configure
    make
    make install
    

※ ビルド時にエラーが出ることがある. その場合には,http://www.coin3d.org/lib/simage/ から Linux 用のパッケージをダウンロードしインストールすることを検討する. なお,「simage が必須」というわけではないので,深く悩まないこと.


(オプション)DevIL のソースコードのダウンロードとビルドとインストール

DevIL とは,種々の画像を簡単にロード,セーブ,変換,操作,フィルタ,表示できるライブラリプログラム

  1. ソースコードのダウンロード

    http://de.sourceforge.jp/projects/sfnet_openil/releases/

  2. ビルドとインストール
    cd /tmp
    unzip DevIL-1.7.8.zip
    cd devil-1.7.8
    chmod 755 configure
    ./configure --with-examples
    make
    make install
    

glm のソースコードのダウンロードと解凍

  1. glm の Web ページを開く

    http://devernay.free.fr/hacks/glm/

  2. ソースコードが欲しいので,この Web ページの「glm-0.3.1.tar.gz」をクリックする.

  3. ダウンロードしたファイルは Cygwin の /tmp に置く.

  4. ダウンロードしたファイルを解凍
    cd /tmp
    tar -xvzof /tmp/glm-0.3.1.tar.gz
    

glm のビルドとインストール

  1. examples/glutobj.c, examples/game_glutobj.c の変更

    変更前

    int Help_Font = (int) GLUT_BITMAP_8_BY_13
    

    変更後

    void * Help_Font = GLUT_BITMAP_8_BY_13
    

  2. configure の実行
    cd /tmp
    cd glm-0.3.1
    ./configure --with-devil=/usr/local --with-sdl-image=/usr
    

  3. configure の結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認すること.

  4. make の実行
    make
    

  5. make の結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認すること.

  6. make install の実行
    make install
    

    ビューワ・プログラムが examples/smooth, examples/glutobj, examples/game_glutobj というファイル名で生成される

  7. ビューワ・プログラムのテスト実行

    最初の 3つは, http://devernay.free.fr/hacks/glm/ で配布されているサンプルデータのもの

    ./game_glutobj hurt.obj
    

    ./game_glutobj HOUSTON.obj
    

    ./game_glutobj ansgenx3_last.obj
    

    ※ 3次元地図表示の例


(参考) Cygwin でビルドする場合の注意点

  1. SDL, SDL_image は自前でビルド

    簡単にビルドできます.

  2. Cygwin の場合は,configure のオプションが少し違う

    設定例

  3. Cygwin でも動く。証拠は下記の画面イメージ

OBJ ファイルの種類によっては,Linux では表示できるけれども,Cygwin では表示できないという現象が出る(同じソフトで,同じようにビルドしたのに・・・).