トップページ -> 実践知識 -> 3次元グラフィックスのツール(モデラーとレンダラー) -> Linux で TooL のビルド
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Linux で TooL のビルド

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

TooL とは,OpenGL ベースで動く,OBJ 形式ファイル (Wavefront obj, mtl 形式ファイル)の読み込みと描画の機能を持ったソフトウエアです.

ソースコードが公開されいますので,C++ に組み込んで使うのに便利でしょう(ライセンス条項は各自で確認のこと)

※ Windows 上の Cygwin を使用しての TooL のビルドとインストールについては別のページで説明している(但しかきかけ).


事前準備

インストール前に「yum check-update; yum update」を実行しておくとトラブルが減るでしょう. これは更新可能な全パッケージを更新するという操作です.

yum check-update
yum update

前もって決めておく事項

前もってインストールしておくべきソフトウエア

次のソフトウエアをインストール済みであること.

※ 下記のように「yum install <パッケージ名>」で簡単にインストールできます.

yum install gcc
yum install libtool
yum install make
yum install libjpeg*
yum install libpng-devel
yum install libtiff-devel
yum install SDL-static
yum install SDL_*
yum install mingw-SDL
yum install boost*
yum install OpenGL*

TooL のソースコードのダウンロードと解凍

  1. TooL の Web ページを開く

    http://sourceforge.jp/projects/sfnet_objloader/

  2. ソースコードが欲しいので,この Web ページの「TooL-v0.2.5-src.tar.bz2」をクリックする.

  3. ダウンロードしたファイルは Cygwin の /tmp に置く.

  4. Cygwin のコンソールを起動

    これ以降の作業は,Cygwin のコンソール で行います.

  5. ダウンロードしたファイルを解凍
    cd /tmp
    mkdir TooL
    cd TooL
    tar -xvjof /tmp/TooL-v0.2.5-src.tar.bz2
    

SDL のビルドとインストール

  1. OpenGL/glu.h などがインクルードできるようなシンボリックリックの設定

    Fedora Core Linux バージョン 11 の場合の設定例

    cd /usr/include/GL
    ln -s . OpenGL
    

  2. 全ての cpp ファイルの先頭に「#include "stable.pch"」を追加
    cd /tmp
    cd TooL
    cd Sources
    
    for i in *.cpp; do
      echo $i
      echo "#include \"stable.pch\"" > $i.tmp
      cat $i >> $i.tmp
      cp $i.tmp $i
    done
    

  3. Makefile の作成

    Fedora Core Linux バージョン11 での Makefile の例を示しておきます.

    CC=g++
    CFLAGS=-I/usr/include/SDL -I/usr/include/GL
    LIBS=-L/usr/lib64 -lSDL_image -lSDL -lGLU -lGL -lboost_filesystem-mt -lboost_system-mt
    
    OBJS=Camera.o Exception.o Image.o KeyboardController.o Logger.o main.o Mesh.o MeshViewer.o MouseController.o MtlParser.o ObjMeshParser.o PolygonFace.o SceneObject.o State.o Texture.o Vertex.o WindowManager.o
    
    a.out: $(OBJS)
    	$(CC) -o a.out *.o $(LIBS)
    .cpp.o:
    	$(CC) $(CFLAGS) -c $<
    

  4. make の実行
    make
    

  5. make の結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認すること.

    ビューワ・プログラムが「a.out」というファイル名で生成される

  6. ビューワ・プログラムのテスト実行

    テクスチャマッピングなどが正しく表示できていることが分かる.

    cd /tmp
    cd TooL
    Sources/a.out