トップページ -> 実践知識 -> スピーチ -> マイクロソフトスピーチプラットフォームを使ってみる
サイトマップへ]

マイクロソフトスピーチプラットフォームを使ってみる

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ
マイクロソフトスピーチプラットフォームを使って、パソコンに「発声」をさせてみます

先人に感謝.

参考Webページ: Microsoft Speech Platform 簡単インストーラー http://mahoro-ba.net/e1542.html

キーワード: speech, 音声合成, マイクロソフトスピーチプラットフォーム, Windows インストール


インストール手順

  1. マイクロソフトスピーチプラットフォームの Web ページを開く

    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27225

  2. ダウンロードしたいので「Download」をクリック

  3. 64 ビット Windows のときは 「x86_ ...」と 「x64_ ...」の両方をチェックし, 「Next」をクリック

  4. 2つの .msi ファイルのダウンロードが始まる

  5. ダウンロードした .msi ファイルを起動

  6. ライセンス条項の確認

  7. インストールが始まる.

  8. インストール終了の確認.「Finish」をクリック

  9. もう1つのダウンロードした .msi ファイルを起動

  10. ライセンス条項の確認

  11. インストールが始まる.

  12. インストール終了の確認.「Finish」をクリック

  13. 日本語マイクロソフトスピーチプラットフォームの Web ページを開く

    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27224

  14. ダウンロードしたいので「Download」をクリック

  15. MSSpeech_SR_ja-JP_TELE.msi」をチェック

  16. MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka.msi」をチェック

  17. Next」をクリック

  18. 2つの .msi ファイルがダウンロードされるので確認する.

  19. ダウンロードした 2つの .msi ファイルをインストールする.

  20. 動作確認したい.次のサイトから spcbght.txt をダウンロード.拡張子「.txt」を「.bat」に変えて実行してみる

    http://denspe.blog84.fc2.com/blog-entry-103.html

  21. エディタなどで,次の中身のテキストファイルを作り hoge.js のような名前で保存する(拡張子は「.js」)
    var tts = WScript.CreateObject("Speech.SpVoice");
    tts.Speak("どうしたの急に(笑) なにが? 顔文字? 文句なんかつけてないけど(笑) どうしたの? いや、だからなんなんだよ");
    

  22. Python に「pywin32」パッケージをインストール

    コマンドプロンプトを管理者として実行そして,次のコマンドを実行

    conda install pywin32
    

  23. 次の Python プログラムを実行

    Python コンソール」を使う.

    PyCharmspyder を使うのが簡単

    import win32com.client 
    tts = win32com.client.Dispatch("Sapi.SpVoice")
    tts.Speak("どうしたの急に(笑) なにが? 顔文字? 文句なんかつけてないけど(笑) どうしたの? いや、だからなんなんだよ");