トップページ -> 実践知識 -> Tomcat を用いた Java サーブレット・プログラミング -> 既存の Java サーブレット・プログラムを Eclipse に取り込む
[サイトマップへ]  

既存の Java サーブレット・プログラムを Eclipse に取り込む

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

この Web ページでは,既存の Java サーブレットプログラムを,Eclipse に取り込む手順を説明しま す.Eclipse を使ってデバッグしたい,という場合に役立ちます.


準備事項

必要となるソフトウエア

あらかじめ決めておく事項

Eclipse のプロジェクト名Java パッケージ名を決めておいてください. これらの名前は自由です. この Web ページでは,次のように記述します.

設定項目

前もって,Tomcat インストールディレクトリを調べておいてください.

 

既存の Java サーブレット・プログラムを Eclipse に取り込む手順

次の手順で, 既存の Java サーブレットプログラムを,Eclipse に取り込む. そのためには,最初に,Eclipse のプロジェクトを作る必要がある.

動的 Web プロジェクトの新規作成

下記の手順で,動的 Web プロジェクトを新規に作成します.

  1. (もし,プロジェクト・エクスプローラが開いていなければ)プロジェクト・エクスプローラを開く

    「ウインドウ (Window)」→「ビューの表示 (Show View)」→「プロジェクト・エクスプローラ (Project Explorer)」 と操作します.

  2. プロジェクトの新規作成の開始

    ファイル」→「新規 (New)」→「プロジェクト (Project)
    または,プロジェクト・エクスプローラ内で,右クリック→「新規 (New)」→「プロジェクト (Project)」

  3. Web」の展開

    新規プロジェクトのウインドウが開くので, 「Web」を展開する.

  4. 動的 Webプロジェクト (Dynamic Web Project)」の選択

    展開した「Web」の下にある 「動的 Webプロジェクト (Dynamic Web Project)」を選び, 「次へ」をクリック.

  5. プロジェクト名の設定など

    設定用のウインドウが開くので,下記の設定を行う. 設定が終わったら,「次へ」をクリック.

  6. 次の「プロジェクト・ファセット」は,デフォルトのままでよい

    「次へ」をクリック.

    聞いてこないこともある.

  7. 次の「Web モジュール」は,デフォルトのままでよい

    「終了」をクリック.

  8. もし「関連付けられたパースペクティブを開きますか?」と聞いてきたら,「はい」をクリック

    聞いてこないこともある.

  9. 作成されたプロジェクトの確認

Java パッケージ作成

Eclipse のプロジェクト・エクスプローラを使って, Java パッケージを作成します. Java パッケージ名には hoge.hoge.com のようなドメイン名を付ける習慣があることに注意してください. この Web ページでは,作成するJava パッケージ名は,hoge.hoge.com と書きます. (Java パッケージ名を変えるときは,読み替えてください).

  1. (もし,プロジェクト・エクスプローラが開いていなければ)プロジェクト・エクスプローラを開く

    「ウインドウ」→「ビューの表示」→「プロジェクト・エクスプローラ」 と操作します.

    Java パッケージの作成,クラスの作成などの作業は,プロジェクト・エクスプローラで行うことにします.

  2. Java パッケージを新規作成すべきプロジェクトの選択

    プロジェクト・エクスプローラに,プロジェクト一覧が表示されているはずです. Java パッケージを新規作成したいプロジェクト名 HelloWorld右クリックして, 「新規」→「パッケージ」と操作します.

  3. 「新規 (New)」→「パッケージ」

  4. Java パッケージの名前 を設定

    「Java パッケージ (Java package)」の名前は,hoge.hoge.com. 「終了」をクリック.

  5. プロジェクト・エクスプローラで,「src」の下に新しいJava パッケージができていることを確認.

インポート

先ほど作成したJava パッケージ hoge.hoge.com に, 既存の Java サーブレットプログラムのファイルをインポートする.

  1. インポートの開始

    インポートしたいJava パッケージ名 hoge.hoge.com を右クリック.

  2. インポート」を選ぶ

  3. インポート・ソースの選択

    一般」→「ファイルシステム」と操作した後, 「次へ」をクリック

  4. インポートしたいファイル名の指定

    インポートしたいファイルを選び,「終了」をクリック.

    例えば,次のようになる.

  5. プロジェクト・エクスプローラで,src の下にファイルが増えていることを確認する.

Java サーブレットの作成

サーブレットとして使えるようにするためには web.xml を編集する必要があります. 手動で web.xml を編集するのは難しくないのですが, Eclipse の機能を使って,web.xml を自動編集してみます.

  1. プロジェクト・エクスプローラで,先ほど作成した動的Webプロジェクトのプロジェクト名を選んで右クリック.

  2. 新規 (New)」→「その他 (Other)」→「Web」→「サーブレット (Servlet)」

  3. 既存のサーブレットの使用 (Use existing Servlet class or JSP)」をチェック

  4. その度,「参照 (Browse) 」をクリック

  5. 先ほどインポートした Java サーブレットプログラムの「クラス名」を指定する.

  6. これ以上追加するクラスが無いのなら,「次へ」をクリックする.

  7. 次のウインドウでは,マッピングを確認して,終了.(マッピング先は,ここで変更できる).

(オプション)外部 JAR の追加

外部 JAR の追加が必要かも知れません. 例えば,リレーショナルデータベースと連携させている場合,リレーショナルデータベースと通信するためのプログラム(例えば,JDBC の JAR ファイル)を, 外部 JAR として追加する必要があるでしょう.


Java サーブレットのテスト実行

Eclipse のプロジェクト・エクスプローラを使用して,上記で作ったJava サーブレットのプログラム をテスト実行してみます.

  1. Eclipse のプロジェクト・エクスプローラで,実行したいクラス名.java右クリック
  2. 実行 (Run As)」→「サーバーで実行 (Run on Server)」と操作

  3. サーバの選択

    ウインドウが開くので,「既存のサーバーを選択 (Choose an existing server)」の方をチェックがチェックされていることを確認してから, 「次へ (Next)」をクリック.

  4. 次はデフォルトのままでよい

    終了」をクリック.

  5. エラーが出て,Eclipse 内部の Tomcat サーバが起動しない場合には,C:\tomcat55\bin\tomcat5w.exe を使い,公開 Tomcat サーバを停止する

    すでに,C:\tomcat55\bin\tomcat5w.exe などを使って,「公開 Tomcat サーバを稼働させている」ときは, Eclipse 内部の Tomcat サーバが起動しない(ポートを奪い合うので)ので, C:\tomcat55\bin\tomcat5w.exe を使って, 公開 Tomcat サーバを停止させて下さい.

  6. Eclipse 内部の Tomcat サーバが起動することを確認

    コンソール・ビューに表示される.

  7. 実行結果の確認

    Eclipse の 組み込み Web ブラウザ (Internal Web ブラウザ)が開き,そこに実行結果が出る.

    実行で,エラーが出る場合,

    C:\tomcat55\bin\tomcat5w.exe を実行してみる. サーバが stop できる状態(STOP ボタンが有効になっている状態)になって いたら,「公開 Tomcat サーバを稼働させている」ということなので, エラーが出て当然. STOP ボタンを押して,公開 Tomcat サーバを停止し,もう1度,上記の操作を行う.

    それでもうまく動かない場合は,Eclipse を再起動してみる.