トップページ -> 研究ツール(ソフトウエア類)のセットアップ -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で NVIDIA cuDNN 7.5のインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

Windows で NVIDIA cuDNN 7.5のインストール

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

cuDNNは,NVIDIA CUDA Deep Neural Network libraryである. この Web ページでは、Windows での NVIDIA cuDNN 7.5のインストール手順をスクリーンショットなどで説明する。

先人に感謝.

マイクロソフト CNTK を使う予定がある場合:

cuDNN はCNTKというソフトでも使用される.今後CNTKを使う可能性がある場合には、次のウェブページでCNTKが指定しているバージョン(2019/4 時点では cudnn-9.0-v7.0) をインストールする.cuDNNのインストール手順は,次のWebページの記述に従う.

CNTKについてのWebページ: https://docs.microsoft.com/en-us/cognitive-toolkit/Setup-CNTK-on-Windows


NVIDIA cuDNN 7.5 のインストール

ここでの設定

インストール後に行う環境変数の設定

前準備

次のことを終えていること.

ダウンロードとインストールの手順

  1. NVidia の cuDNN のウェブページを開く

    https://developer.nvidia.com/cuDNN

  2. ダウンロードしたいので,cuDNNのところにある「DOWNLOAD cuDNN」をクリック.

  3. メンバーシップに入る

  4. ログインする

  5. 調査に応じる

  6. ライセンス条項の確認

  7. ダウンロードしたいバージョンを選ぶ

    インストールした CUDA のバージョン に合うものを選ぶこと.

  8. Windows 版が欲しいので Windows 版を選ぶ

  9. ダウンロードが始まる.

  10. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.展開の結果 cuda という名前のディレクトリができる.その中のサブディレクトリを確認しておく.

    ※ 展開(解凍)のためのソフトとして7-Zipをおすすめしておきます.

  11. インストールのために,次のディレクトリを作る

    10.1-v7.5.1」のところは、実際にダウンロードしたバージョンに変えること

    「C:\local」のところは何でも良いが、分かりやすいディレクトリにすること。日本語は避けること。

    C:\local\cudnn-10.1-v7.5.1

  12. さきほど展開してできたディレクトリcuda を,丸ごと C:\local\cudnn-10.1-v7.5.1の下に移動.次のディレクトリができる.

    C:\local\cudnn-10.1-v7.5.1\cuda

  13. Windowsのシステムの環境変数CUDNN_PATHに次の値を設定すること.

    C:\local\cudnn-10.1-v7.5.1\cuda

  14. Windowsのシステム環境変数PATHの末尾に次を追加すること

    C:\local\cudnn-10.1-v7.5.1\cuda\bin

  15. cudnn64_7.dll にパスが通っていることを確認する

    Windowsのコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行.エラーメッセージが出ないことを確認.

    where cudnn64_7.dll