トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で Dlib 最新(head) のビルドとインストール
[サイトマップへ]  

Windows で Dlib 最新(head) のビルドとインストール

Dlib のサイトで、ソースコード等がリリースされていますが、 最新のソースコードで試したい(リリース版でない)ときのために、ビルドとインストール手順を説明します.

サイト内の関連Webページ

目次

  1. 前準備
  2. ダウンロードとインストール
  3. Dlib 付属のツール類のビルド
  4. サンプルプログラムのビルド

謝辞

Dlib の作者に感謝します


前準備

あわせて、オプションとして、Dlib のビルドの前に、次のことを検討してください.


ダウンロードとインストール

  1. GitHub のウェブページを開く

    https://github.com/davisking/dlib

  2. Clone or download」を展開し, 「Download ZIP」をクリック

  3. .zip ファイルがダウンロードされるので確認する.

  4. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.分かりやすいディレクトリに置く.

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.

  5. 次に,展開してできたディレクトリの「dlib-master」を, 分かりやすいディレクトリの下に移したい

  6. Visual Studio Tools の x64 Native Tools コマンドプロンプト を起動する

    起動は,Windows のメニューで「Visual Studio 2015」のの「VS 2015用 x64 Native Tools コマンドプロンプト」のように操作する.

    以下の操作は,x64 Native Tools コマンドプロンプトで行う

  7. C:\tools」というディレクトリを作る.
    mkdir C:\tools
    

  8. C:\tools」の下に,先ほどできたディレクトリの「dlib-master」をコピーする

  9. x64 Native Tools コマンドプロンプトで,cmake の実行

    http://dlib.net/compile.html の記述に従う. プロセッサの AVS の機能を使いたいので、cmake のオプションに「-DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES」を付ける.

    C: 
    cd C:\tools\dlib-master
    del /s /f /q build
    mkdir build
    cd build
    cmake -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64 -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES ..
    

  10. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認

    次のようなエラーメッセージが出ることがある.
    c:\program files\nvidia gpu computing toolkit\cuda\v9.2\include\crt/host_config.h(133): fatal error C1189: #error:  -- unsupported Microsoft Visual Studio version! Only the versions 2012, 2013, 2015 and 2017 are supported!
    

    Visual Studio 2017 Community のインストールは済んでいるのに、このエラーメッセージが出るというときで、 もし、古い版の Visual Studio をインストール済み(複数の版の Visual Studio をインストール済み)というときは、次のコマンドを実行. これでエラーメッセージが出なければ、次に進む。

    C: 
    cd C:\tools\dlib-master
    del /s /f /q build
    mkdir build
    cd build
    cmake -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64 -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES ..
    

  11. ビルドの操作
    cmake --build . --config Release
    

  12. ビルド終了の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認

  13. 今度は,Python 拡張機能をビルドしたいので,次を実行

    前準備として,Python 3 の開発環境である Anaconda のインストールをおすすめ.

    Windows でAnaconda をインストールしているときは,次のように操作する.

    1. 「where python」を実行して Anaconda の Python にパスが通っていることを確認
      where python
      

    2. Python 拡張機能のビルド
      C:
      cd C:\tools\dlib-master
      python setup.py build
      

    3. 結果の確認

      エラーメッセージが出ていないこと

    4. DLib の Python 拡張機能のインストール操作
      C:
      cd C:\tools\dlib-master
      python setup.py install
      

    5. 結果の確認

      エラーメッセージが出ていないこと


Dlib 付属のツール類のビルド

今度は,Dlib 付属のツール類をビルドしたい

http://dlib.net/compile.html の記述に従う

  1. Visual Studio Tools の x64 Native Tools コマンドプロンプト を起動する

    起動は,Windows のメニューで「Visual Studio 2015」のの「VS 2015用 x64 Native Tools コマンドプロンプト」のように操作する.

    以下の操作は,x64 Native Tools コマンドプロンプトで行う

  2. cmake の実行

    プロセッサの AVS の機能を使いたいので、cmake のオプションに「-DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES」を付ける.

    ツールを3つビルドしたいので、同じような操作を3回.

    1. htmlify のビルド
      C:
      cd C:\tools\dlib-master
      cd tools\htmlify
      del /s /f /q build
      mkdir build
      cd build
      cmake -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64 -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES ..
      cmake --build . --config Release
      

      結果を確認.エラーメッセージが出ていないこと

    2. imglab のビルド
      C:
      cd C:\tools\dlib-master
      cd tools\imglab
      del /s /f /q build
      mkdir build
      cd build
      cmake -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64 -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES ..
      cmake --build . --config Release
      

    3. python のビルド
      C:
      cd C:\tools\dlib-master
      cd tools\python
      del /s /f /q build
      mkdir build
      cd build
      cmake -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64 -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES ..
      cmake --build . --config Release
      

サンプルプログラムのビルド

今度は,examples をビルドしたい

http://dlib.net/compile.html の記述に従う

  1. Visual Studio Tools の x64 Native Tools コマンドプロンプト を起動する

    起動は,Windows のメニューで「Visual Studio 2015」のの「VS 2015用 x64 Native Tools コマンドプロンプト」のように操作する.

    以下の操作は,x64 Native Tools コマンドプロンプトで行う

  2. cmake の実行

    プロセッサの AVS の機能を使いたいので、cmake のオプションに「-DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES」を付ける.

    C:
    cd C:\tools\dlib-master
    cd examples
    del /s /f /q build
    mkdir build
    cd build
    cmake -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64 -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=YES ..
    

  3. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと

    CuDNN 9.2 を使っている(CuDNN 9.1 が無い)というとき、次のエラーメッセージが出る.対処法は分からない

  4. ビルド
    cmake --build . --config Release
    

  5. 結果の確認