トップページ -> 研究ツール(ソフトウエア類)のセットアップ -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で libPCL 1.9.0, Boost, Eigen, OpenNI 2.2, NITE2 のインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

Windows で libPCL 1.9.0, Boost, Eigen, OpenNI 2.2, NITE2 のインストール

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

libPCL には次の機能がある.

※ libPCL およびサードパーティソフトウエア(Boost, Eigen, FLANN, OpenNI, NITE2 など) の利用条件などは、利用者が確認すること。

サイト内の関連Webページ

謝辞

libpcl および関連ソフトウエアの作者 そして Windows ビルドの配布者に感謝します


ここで行う設定

システムの環境変数


ダウンロードとインストール

  1. ウェブページを開く

    https://github.com/PointCloudLibrary/pcl/releases

    Visual Studio のバージョン、Windows 32 ビット版か Windows 64ビット版かを選ぶ.

    下の図では、Visual Studio 2017、Windows 64ビット版を選んでいる.

    下の図が古くなっている可能性がある。 最新版を選ぶこと。以下、バージョン「1.9.0」をインストールしたとして説明を続ける。

  2. ダウンロードが始まる.

    しばらく待つ

  3. ダウンロードした .exe ファイルを実行

  4. ようこそ画面では,「次へ」をクリック.

  5. ライセンス条項を確認する

  6. インストールオプションでは,次のように操作する.

  7. インストールディレクトリ(フォルダ)の設定は,既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

  8. スタートメニューフォルダの設定は,既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

  9. コンポーネントの選択は,既定(デフォルト)のままでよい.「インストール」をクリック.

  10. インストールが始まる

  11. OpenNI 2.2 のインストールディレクトリ(フォルダ)の設定は,既定(デフォルト)のままでよい.「Install」をクリック..

  12. 次のように表示される場合がある.確認の上「インストール」をクリック.

  13. OpenNI 2.2 インストール終了の確認.「Finish」をクリック.

  14. libpcl インストール終了の確認.「完了」をクリック.

Windows のシステム環境変数の設定

  1. Windowsのシステム環境変数 PKG_CONFIG_PATH

    システム環境変数 PKG_CONFIG_PATH に、次を追加する

    ※ 「1.9.0」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    C:\Program Files\PCL 1.9.0\lib\pkgconfig
    

  2. Windowsのシステム環境変数 PCL_ROOT

    システム環境変数 PCL_ROOT を確認する。 このシステム環境変数がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する. 設定が違っているときは修正する.

    ※ 「1.9.0」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    C:\Program Files\PCL 1.9.0
    

  3. Windowsのシステム環境変数 OPENNI2_INCLUDE64

    システム環境変数 OPENNI2_INCLUDE64 を確認する。 このシステム環境変数がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する. 設定が違っているときは修正する.

    C:\Program Files\OpenNI2\include\
    

  4. Windowsのシステム環境変数 OPENNI2_LIB64

    システム環境変数 OPENNI2_LIB64 を確認する。 このシステム環境変数がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する. 設定が違っているときは修正する.

    C:\Program Files\OpenNI2\lib\
    

  5. Windowsのシステム環境変数 OPENNI2_REDIST64を次のように設定

    システム環境変数 OPENNI2_REDIST64 を確認する。 このシステム環境変数がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する. 設定が違っているときは修正する.

    C:\Program Files\OpenNI2\Redist\
    

サードパーティソフトウエアに関する設定

libpcl に付属のサードパーティソフトウエアを使いたいときの設定

  1. (オプション)libpcl に付属の BOOST を使いたいときの設定

    libpcl に付属の BOOST を使いたいときは、 Windowsのシステム環境変数 BOOST_ROOTを次のように設定

    システム環境変数 BOOST_ROOT がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する.   設定が違っているときは修正する.

    ※ 「1.9.0」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    C:\Program Files\PCL 1.9.0\3rdParty\Boost
    

  2. (オプション)libpcl に付属の eigen を使いたいときの設定

    libpcl に付属の eigen を使いたいときは、 Windowsのシステム環境変数 EIGEN_ROOTを次のように設定

    システム環境変数 EIGEN_ROOT がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する.   設定が違っているときは修正する.

    ※ 「1.9.0」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    C:\Program Files\PCL 1.9.0\3rdParty\Eigen\eigen3\Eigen
    

  3. (オプション)libpcl に付属の flann を使いたいときの設定

    libpcl に付属の flann を使いたいときは、 Windowsのシステム環境変数 FlANN_ROOTを次のように設定

    システム環境変数 FLANN_ROOT がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する.   設定が違っているときは修正する.

    ※ 「1.9.0」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    C:\Program Files\PCL 1.9.0\3rdParty\FLANN