トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で PyCharm のインストール
[サイトマップへ]

Windows で PyCharm のインストール

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

目次

  1. Windows で PyCharm のインストール
  2. Windows の PyCharm で virtualenv の Python 環境を使う

Windows で PyCharm のインストール

  1. PyCharm の Web ページを開く

    https://www.jetbrains.com/pycharm

  2. Download」をクリック

  3. Community」を選ぶ。「DOWNLOAD」をクリック

  4. ダウンロードが始まる

  5. ダウンロードした .exe ファイルを実行

  6. ようこそ画面では、「Next」をクリック

  7. インストールディレクトリは既定(デフォルト)のままでよい。「Next」をクリック。

  8. 設定を行い、「Next」をクリック。

  9. スタートメニューフォルダーは、既定(デフォルト)のままでよい。「Next」をクリック。

  10. インストールが始まる

  11. インストール終了の確認

  12. 初回起動時の設定を行いたいので、起動する

  13. 設定をインポートするかの画面が出る

  14. UI テーマを選ぶ

  15. 必要に応じて、追加のプラグインを選ぶ

  16. PyCharm の画面では「Create New Project」を選ぶ

  17. プロジェクトのファイルを置くディレクトリ(フォルダ)の設定画面

  18. 画面が現れる

  19. Python コンソールを使いたいときは、 「View」→ 「Tool Windows」→ 「Python Console」と操作する。

    Python コンソールの画面が現れる。この Python コンソールが使う python.exe (Python 処理系)は、 PyCharm のプロジェクトのファイルを置くディレクトリ(フォルダ)の中に作られていることがわかる。


Windows の PyCharm で virtualenv の Python 環境を使う

  1. 次のようにして、Windows の virtualenv を使って、Python仮想環境を作っていたとする
    mkvirtualenv hoge
    

    このときの表示で、「C:\Users\user\Envs\hoge\Scripts\python.exe」が作られることが確認できる。 (「C:\Users\user\Envs\hoge」のところを確認しておくこと)

  2. PyCharm で 「File」→ 「Settings」と操作する

  3. Project: <プロジェクト名>」を展開。 「Project Interpreter」をクリック。

  4. 右上の設定ボタンをクリック。 「Add ...」を選ぶ。

  5. System Interpreter」をクリック。

  6. 先ほど調べた「C:\Users\user\Envs\hoge\Scripts\python.exe」を設定

    virtualenv 配下の python.exe を設定している

  7. OK」をクリック。

  8. 今度は、「Build, Execution, Deployment」を展開。 そして「Concole」を展開。 「Python Concole」をクリック。

  9. Python interpreterのプルダウンメニューで、 先ほど設定した python.exeを選ぶ。「OK」をクリック。

  10. PyCharm の Python コンソールを起動しなおす(あるいは PyCharm を起動し直す)と、 Python 処理系が変化したことが確認できる