トップページ -> コンピュータ実習 -> ビデオ処理ツール -> ビデオファイルを Virtual Dub を用いて再エンコード
[サイトマップへ]  

ビデオファイルを Virtual Dub を用いて再エンコード

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ

Virtual Dub(Windows で動くソフトウエア)を使い, avi 形式,拡張子 VOB のファイル(中身は普通 mpeg2)のビデオファイルを,intel indeo で再エンコードすることは簡単にできます.その他,多くの形式にも簡単に再エンコードできます。


前準備

前準備として,VirtualDub のインストール,Indel indeo コーデックのインストールが済んでいること.


VirtualDub を用いた再エンコードの手順

  1. VirtualDub.exe を実行

  2. ビデオファイルを開きたいので、ビデオファイルをドラッグし、VirtualDub のウインドウにドロップ

  3. Video → Full processing mode と操作しておく

  4. Video → Compression と操作

  5. ビデオ圧縮を選ぶ

    ■ 「Indel Indeo(R) Video R3.2」を選ぶ場合の実行例

    ■ 「ffdshow」を選ぶ場合の実行例

    例えば ffdshow の MPEG-4, XVID, two passes - 1st pass を選ぶ場合の実行例

  6. File → Save as AVI ... と操作

  7. ファイル名の指定 と操作

    ■ 再エンコード中に「Log」をクリックすると、情報を見ることができる。