トップページ -> 実践知識 -> Virtuoso のインストールと使い方 -> Ubuntu で Virtuoso オープンソース版のインストール
[サイトマップへ]  

Ubuntu で Virtuoso オープンソース版のインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

この Web ページでは,Ubuntu で Virtuoso オープンソース版のインストール手順を説明する.

参考 Web ページ: http://virtuoso.openlinksw.com/dataspace/doc/dav/wiki/Main/


手順


Virtuoso オープンソース版インストール手順

  1. Sourceforge の Virtuoso (Open-Source Edition) の Web ページを開く

    http://sourceforge.net/projects/virtuoso/

  2. 「Download」をクリックすると、ダウンロードが始まる.

  3. ダウンロードしたファイルを分かりやすいディレクトリ(例えば /tmp)に保存する

  4. 解凍と autogen.sh の実行

    ◆ 32 ビット版 Ubuntu でのビルド手順例

    cd /tmp
    tar -xvzof virtuoso-opensource-6.1.6.tar.gz 
    cd virtuoso-opensource-6.1.6
    ./autogen.sh
    

    ◆ 64 ビット版 Ubuntu でのビルド手順例

    cd /tmp
    tar -xvzof virtuoso-opensource-6.1.6.tar.gz 
    cd virtuoso-opensource-6.1.6
    export CFLAGS="-O2 -m64"
    ./autogen.sh
    

  5. configure の実行

    configure コマンドのオプションは「./configure -h」で確認できる.

    ./configure --enable-ruby
    

  6. make の実行
    make
    

  7. インストール操作
    sudo make install 
    

  8. データベースディレクトリのオーナの設定
    cd /usr/local/virtuoso-opensource/var/lib/virtuoso/db
    sudo chown -R $USER .
    

  9. 確認のため virtuoso サーバと isql を起動してみる

    ◆ virtuoso サーバの起動

    cd /usr/local/virtuoso-opensource/var/lib/virtuoso/db
    /usr/local/virtuoso-opensource/bin/virtuoso-t -fd
    

    ◆ isql の起動と終了

    /usr/local/virtuoso-opensource/bin/isql
    exit;