トップページ -> 実践知識 -> VMware Workstation Player -> VMware Workstation Player で,仮想マシンの新規作成と,ゲスト OS として Ubuntu バージョン 18.04 をインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

VMware Workstation Player で,仮想マシンの新規作成と,ゲスト OS として Ubuntu バージョン 18.04 をインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

VMware Workstation Player で次のことを行ないます.

サイト内の関連 Web ページ:


VMware Workstation Player で,仮想マシンの新規作成と,ゲスト OS として Ubuntu バージョン 18.04 をインストール

事前に決めておく事項/調べておく事項

◆ 仮想マシンに関する設定

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
ゲスト OS の種類 文字列 bionic (Ubuntu 18.04)
Linux カーネルの種類 文字列 amd64 (64ビット)
VMware での仮想マシン識別名(VMWare で仮想マシンの識別に使う名前) 文字列 ubuntu18041
仮想マシン・イメージファイルのディレクトリ 文字列 E:\Documents\Virtual Machines\ubuntu18041
起動ディスクとして使用する仮想起動ディスクの最大サイズ 数値 (GB) 80 (GB)
仮想マシンに割り当てるメインメモリのサイズ 数値 2048 (MB)
仮想マシンのインストールメディアの ISO 形式 CD/DVD イメージファイル名(インストーラ・ディスク・イメージ・ファイル名) 文字列 E:\Desktop\ubuntu-18.04.1-desktop-amd64.iso

◆ ゲスト OS に関する設定

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
初期ユーザのフルネーム 文字列 kunihiko kaneko
初期ユーザのユーザ名 文字列 kaneko
初期ユーザのパスワード 文字列 <秘密の文字列>

操作手順

VMware Workstation Player にUbuntu バージョン 18.04 をインストールする場合には, VMware Workstation Player の「簡易インストール」の機能を使いインストールすることになる.

  1. VMware Workstation Player を起動

    ◆  Windows の場合

    ◆  Ubuntu の場合

    vmplayer 
    

  2. 新規仮想マシンの作成 (Create a New Virtual Machine)」をクリック

  3. 仮想マシンのインストールメディアの ISO 形式 CD/DVD イメージファイル名(インストーラ・ディスク・イメージ・ファイル名)の設定

    ※ このとき,ゲスト OS の OS 種類名が自動的に検出される.

  4. 簡易インストール情報の画面では,初期ユーザのフルネーム,ユーザ名,パスワードを設定する

  5. VMware での仮想マシン識別名(仮想マシン名)の設定

    このとき,仮想マシン・イメージファイルのディレクトリを設定する(デフォルト値は長くて扱いづらいので変えた方がよいでしょう).

  6. 仮想起動ディスクとして使用する仮想起動ディスクの最大サイズ (Maximum disk size)の設定

  7. 設定の確認

    完了 (Finish)」をクリック

  8. 自動的に仮想マシンが起動し,インストールが始まる.

  9. (オプション)VMware Tools のインストール

    簡易インストールを選んだので,「次のソフトウエアがダウンロード可能です (The following software is available for download)」という表示が出る場合がある

    ダウンロードしてインストール (Download and Install)」を選んでおきます.

    すると,ダウンロード画面が現れます.

  10. その後,自動的に Ubuntu バージョン 18.04 のインストールが始まる

    しばらく待つ.

    もし,下記のようなログイン画面が現れても,何もせずに待つ

  11. インストールが完了すると,Ubuntu バージョン 18.04 の場合には,グラフィカルなログイン画面が現れる.

  12. (オプション) 表示を,日本語に変えたいときは,ログインし, 「GNOME での言語の設定」で説明している手順で,簡単に日本語に変えることができる

Ubuntu バージョン 18.04 のシステム設定

事前に決めておく事項/調べておく事項

◆ ゲスト OS に関する設定

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
ホスト名 文字列 ubuntu18041
ドメイン名 文字列 kkaneko.com
ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か ブール値 DHCP
ホスト IP アドレスIP アドレス
ネットマスク文字列
デフォルトルータ (ゲートウエイ)IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
DNS サーバ (ネームサーバ)IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
初期ユーザのユーザ ID 正の整数 8010
特権ユーザのパスワード (root のパスワード) 文字列 <秘密の文字列>
システムコンソールのキーマップ 文字列 Japanese 106 (jp.106x) または USA ISO (us.iso)
ネットワークインタフェース論理名 文字列 eth0

※ ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か

※  (お断り) bridged にする.という話は手つかずです

  1. VMware Workstation Player を起動

    ◆  Windows の場合

    ◆  Ubuntu の場合

    vmplayer 
    

    起動時に「... 64ビット操作は使用できません」というメッセージが出ることがある. このとき,もし, BIOS メニューに「Intel VT」のような項目があれば, 「Disable」から 「Enable」に変えておく.

  2. 起動したい仮想マシンの選択

    仮想マシン「ubuntu18041」を選ぶ(これは,先ほど名付けた仮想マシン識別名

  3. 次に,「仮想マシンの再生 (Play virtual machine)」をクリック

  4. 確認のためログインしてみる

    ログイン画面で, 先ほど設定した初期ユーザのユーザ名とパスワードを使ってログインする


(参考)VMware Tools のインストール

VMware の「簡易インストール」の機能を使った場合には, VMware Tools のインストールも自動でインストールされるので,ここで書いている「VMware Tools のインストール」の手順は不要です. 「簡易インストール」の機能を使わなかった時のために書いています.

  1. VMware Workstation Player を起動

    ◆  Windows の場合

    ◆  Ubuntu の場合

    vmplayer 
    

  2. 起動したい仮想マシンの選択

    仮想マシンを選ぶ

  3. 次に,「仮想マシンの再生」をクリック

  4. VMware Workstation Player で「仮想マシン」→「VMware Tools のインストール」と操作

  5. ゲスト OS (Ubuntu) にログイン

  6. CD-ROM 内の VMware Tools tar ファイルを適切な場所(例えばデスクトップにコピー)

  7. いまコピーしたファイルを解凍

  8. 端末を開く

  9. インストールの開始

    cd /home/kaneko/デスクトップ
    cd vmware-tools-distrib
    sudo perl vmware-install.pl