トップページ -> 実践知識 -> VMware Workstation Player -> VMware Workstation Player で,仮想マシンの新規作成と,ゲスト OS として Windows 2016 をインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

VMware Workstation Player で,仮想マシンの新規作成と,ゲスト OS として Windows 2016 をインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

VMware Workstation Player で次のことを行ないます.

サイト内の関連 Web ページ:


VMware Workstation Player で,仮想マシンの新規作成と,ゲスト OS として Windows 2016 をインストール

操作手順

VMware Workstation Player にWindows 2016 をインストールする場合には, VMware Workstation Player の「簡易インストール」の機能を使いインストールすることになる.

  1. VMware Workstation Player を起動

    ◆  Windows の場合

    ◆  Ubuntu の場合

    vmplayer 
    

  2. 新規仮想マシンの作成 (Create a New Virtual Machine)」をクリック

  3. 仮想マシンのインストールメディアの ISO 形式 CD/DVD イメージファイル名(インストーラ・ディスク・イメージ・ファイル名)の設定

    ※ このとき,ゲスト OS の OS 種類名が自動的に検出される.

  4. 簡易インストール情報の画面では,初期ユーザのフルネーム,パスワードを設定する. あわせて、プロダクトキーを入れる

  5. VMware での仮想マシン識別名(仮想マシン名)の設定

    このとき,仮想マシン・イメージファイルのディレクトリを設定する(デフォルト値は長くて扱いづらいので変えた方がよいでしょう).

  6. 仮想起動ディスクとして使用する仮想起動ディスクの最大サイズ (Maximum disk size) の設定

  7. 設定の確認

    完了 (Finish)」をクリック

  8. 自動的に仮想マシンが起動する

  9. インストールするオペレーティングシステムの選択

    次へ」をクリック

  10. インストールが始まる

    ※ インストールの途中で、VMware Tools のインストールについての表示が出る場合がある. 必要があるときはインストールする(あとからのインストールもできる)

  11. インストールが完了すると,Windows 2016 の場合には,デスクトップ画面になる