トップページ -> 実践知識 -> VMware Workstation Player -> Ubuntu で VMware Workstation Player バージョン 15 のインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

Ubuntu で VMware Workstation Player バージョン 15 のインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

Ubuntu での VMware Workstation Player Linux 版 バージョン 15 のインストール手順を説明する.


ダウンロード

  1. 32 ビット Linuxか64 ビット Linux かの確認

    arch コマンドで「i686」のように表示されたら 32 ビット Linux, arch コマンドで「x86_64」のように表示されたら 64 ビット Linux

  2. VMware Player のダウンロード Web ページを開く

    https://my.vmware.com/jp/web/vmware/downloads

  3. VMWware Workstation Player」の右横の 「製品のダウンロード (Download Product)」をクリック

  4. Linux マシンで使いたいので, 「Linux」の右横の 「ダウンロード」をクリック


インストールと起動テスト

  1. ダウンロードしたファイルの実行

    ■ 64 ビット版 Linux の場合の実行手順例

    sudo bash VMware-Player-15.1.0-13591040.x86_64.bundle
    

  2. ライセンス条項を確認

    よく確認し、同意できる場合のみ次に進む.

  3. CEIP に参加するかの設定.

    設定が終わったら「Next」をクリック.

  4. VMware ソフトウエアの改善に協力するかに関する設定. 「Next」をクリック.

    ※ 新規インストールの場合、 次のような表示が出る場合がある

  5. ライセンス keyの設定. 「Next」をクリック.

    ※ 表示にあるように、何も入れなくても続行することはできる

  6. インストール開始の確認 「Install」をクリック.

  7. インストールが始まる.

  8. インストール終了の確認. 「Close」をクリック.

  9. VMware Workstation Player を起動してみる
    vmplayer 
    

    初回の起動直後では,使用許諾契約を熟読し,納得出来る場合のみ同意する

    ◆ VMware Workstation Player の起動直後に、次のようなウインドウが開く場合がある。 サーバモジュールのコンパイルとロードを行いたいので「Install」をクリック

  10. 数秒待つと起動する

  11. 最初の起動なので「ソフトウエアの更新を今すぐ確認」を行っておく.

    「Help」→ 「Software Updates」と操作する