トップページ -> コンピュータ実習 -> Linux で VoltDB バージョン 3.0 のダウンロードとビルドとインストール(Linux 上)
[サイトマップへ]  

Linux で VoltDB バージョン 3.0 のダウンロードとビルドとインストール(Linux 上)

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ設定 教材(公開) サポートページ

◆ この Web ページで行うコマンドの概略(Ubuntu の場合の実行例)

hoge:hoge」のところは適切に変えてください

cd /tmp
if [ ! -f LINUX-voltdb-3.0.tar.gz ]; then 
    wget http://community.voltdb.com/sites/default/files/archive/3.0/LINUX-voltdb-3.0.tar.gz
fi  
cd /usr/local
sudo tar -xvzof /tmp/LINUX-voltdb-3.0.tar.gz
sudo chown -R hoge:hoge voltdb-3.0


前準備

ダウンロード

  1. VoltDB の Web ページを開く

    http://community.voltdb.com/

  2. 「DOWNLOAD 3.0」 をクリック

  3. 「VoltDB Community Edition」のところの 「Download for Linux」 をクリック

  4. 「Try for free on Linux」 をクリック

  5. ファイルがダウンロードされる
  6. ダウンロードしたファイルの解凍

    hoge:hoge」のところは適切に変えてください

    cd /usr/local
    sudo tar -xvzof /tmp/LINUX-voltdb-3.0.tar.gz
    sudo chown -R hoge:hoge voltdb-3.0
    


プロジェクト例を試してみる

json プロジェクトを試してみる

  1. ビルド

    cd /usr/local/voltdb-3.0/examples/json-sessions
    ./run.sh srccompile
    ./run.sh catalog
    

  2. VoltDB サーバの起動

    ./run.sh server
    

    32 ビット Linux では,エラーメッセージが出て,VoltDB サーバが動かない.

  3. クライアントの実行

    別の端末で次のように実行

    cd /usr/local/voltdb-3.0/examples/json-sessions
    ./run.sh client
    

Eclipse で使ってみる

  1. Eclipse を起動

    eclipse
    

  2. Eclipse でプロジェクトの新規作成

    「ファイル (file)」→「新規」→「プロジェクト」

  3. 既存 Ant ビルド・ファイルからの Java プロジェクト(Java Project from Existing Ant Buildfile」を選択

  4. Java プロジェクトの作成

  5. ファイルの確認

    プロシージャ,クライアント,設定ファイル,データベーススキーマのひな形がある

  6. depolyment.xml

    hostcount はホスト数.siteperhost は1ホストあたりのプロセッサコア(?)数(並列度を示すようです.確かめてないけど)。

  7. project.xml

    procedure タグは、プロシージャを定める. partition タグの table 属性は,テーブル名ではなくデータベース名に相当するようです.

    ※ 「パーティション」の意味は調査中.

  8. コンパイル

    Eclipse で build.xml を右クリックし,Ant ビルド.

  9. server の実行 Ant ビルドで、「server」をチェック

  10. server の実行の結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと.

  11. server の実行の結果の確認(2)

    実行前のプロセス数は1.実行後のプロセス数は3.

  12. Web を開く

    http://localhost:8080/

    サーバが動いているので,サーバの情報を取り出すことができる.

  13. client の実行

  14. client の実行結果

    メッセージに,動作の詳細が表示される.

  15. 試しに Update クラスを作ってみる

  16. クライアント・クラスに doupdate メソッドを定義してみる

  17. project.xml に1行追加

  18. 実行結果の確認