トップページ -> 実践知識 -> Web サービスのプログラミング -> Flask のインストール, 動作確認
サイトマップへ]

Flask のインストール, 動作確認

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

ユースケース:Web サーバを立ち上げる。リクエストURLをプログラムで読み取る。そして、リクエストURLに応じて、ブラウザでの表示を変えるプログラムを書く。


Python のインストール

前準備として Python のインストールが終わっていること。

※ 以下、Windowsでの手順で説明する.Ubuntu等でも同様の手順になる.


Flask のインストール, 動作確認

Python パッケージをインストールする

  1. Window でコマンドプロンプトを実行

  2. simplejson, flask のインストール

    Windows の場合

    Anaconda を使いたい場合には pip を使わずに「conda install simplejson flask 」と操作すること

    pip install -U simplejson 
    pip install -U flask 
    

    Ubuntu の場合

    sudo pip3 install -U simplejson 
    sudo pip3 install -U flask 
    

  3. Flask のバージョン確認

    python -c "import flask; print( flask.__version__ )"
    

  4. 試しに Flask を動かしてみる
    1. 次のようなPython プログラムをhoge.pyのようなファイル名で保存

      from flask import Flask
      app = Flask(__name__)
      
      @app.route('/')
      def hello_world():
          return 'Hello, World!'
      
      if __name__ == '__main__':
          app.run(debug=False, host="0.0.0.0", port=5000)
      

    2. プログラムを実行

      Windows の場合、次のコマンドを実行

      python hoge.py
      

      Ubuntu の場合、次のコマンドを実行

      python3 hoge.py
      

    3. Web ブラウザで、http://localhost:5000 を開く。次のような画面が出れば、動作OK

    4. 確認が終わったらプログラムを止める

  5. 今度は、ルーティングと変数を試してみる
    1. 次のようなPython プログラムをhoge.pyのようなファイル名で保存
      from flask import Flask
      app = Flask(__name__)
      
      @app.route('/')
      def root():
          return 'root'
      
      @app.route('/hello')
      def hello():
          return 'hello'
      
      @app.route('/user/<username>')
      def user(username):
          return 'user %s' % username
      
      if __name__ == "__main__":
          app.run(debug=False, host="0.0.0.0", port=5000)
      

    2. プログラムを実行

      Windows の場合、次のコマンドを実行

      python hoge.py
      

      Ubuntu の場合、次のコマンドを実行

      python3 hoge.py
      

    3. Web ブラウザで、http://localhost:5000/user/kaneko を開く。次のような画面が出れば、動作OK

    4. 確認が終わったらプログラムを止める