トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> NetBeans IDE を使ってみる -> NetBeans バージョン 6.8 を FreeBSD でインストール
[サイトマップへ]  

NetBeans バージョン 6.8 を FreeBSD でインストール

NetBeans IDE とは,Java, PHP, C/C++ などを扱う機能をもった統合開発環境です. FreeBSD に NetBeans バージョン 6.8 をインストールする手順を説明します.


前準備

  1. /etc/rc.conf, /etc/make.conf, /etc/src.conf, 環境変数の設定

    「FreeBSD 基本設定」の Web ページなどを参考に行う.

  2. FreeBSD のソースコードとポーツ・ツリーの更新

    以下のようにコマンドを実行して,FreeBSD の全てのソースコードを更新します. このとき,同時に,ポーツ・ツリー (Ports Tree) の展開/更新も行われます(そのはずです)

     
    cd /usr/src
    make update
    

  3. (オプション)ports-mgmt/portupggrade のインストール

     
    cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade 
    make clean deinstall rmconfig
    make -j4
    make install
    
  4. (オプション)パッケージ・レジストリ・データベースと, ポーツ・インデックス・ファイルと, ポーツ・データベース・ファイルの生成/再構成

     
    portsdb -uU 
    pkgdb -aF 
    
  5. (オプション)portupggrade コマンドによるアプリケーションの全更新

     
    shutdown now
    portupgrade -aRv 
    sync
    sync
    sync
    sync
    sync
    reboot
    

インストール手順

前もって FreeBSD Foundation 版 Java のインストールを済ませておくこと.

■ FreeBSD のパッケージを使用する場合

  1. インストール(FreeBSD のパッケージを使用)
     
    pkg_add -r netbeans
    

■ FreeBSD のポーツ・ツリーを使用する場合

  1. インストール(FreeBSD のポーツ・ツリーを使用)
     
    portupgrade -Npv -B 'make rmconfig' java/netbeans 
    

FreeBSD で NetBeans IDE を起動してみる

  • 起動

    /usr/local/netbeans68/bin/netbeans --jdkhome /usr/local/diablo-jdk-1.6.0/jre
    

  • ライセンス契約の確認

    よく確認し,納得できる場合に限り合意する.


    NetBeans IDE を使ってみる

    1. 新規プロジェクトを作成したいので「File」→「New Project

    2. プロジェクトの種類の選択

      ここでは、簡単な Ruby プログラムを試したいので, 「Ruby」→ 「Ruby Applocation」を選び, 「Next」をクリック.

    3. プロジェクト名,Ruby プラットフォーム等の選択

      • プロジェクト名: 好きな名前を付ける
      • Ruby プラットフォーム: 自前で Ruby をインストールした場合には「Ruby 1.8.7-p248」というような名前の Ruby が選べる

      Finish」をクリック.

    4. ウインドウがエディタになっている。そこに Ruby プログラムを書く.

      #! ruby -Ks
      # coding: windows-31j
      
      puts "Hello World"
      

    5. 実行

    6. 実行結果の確認