トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> Oracle VM VirtualBox を使ってみる -> Windows に Oracle VM VirtualBox バージョン 5.2 をインストール(Windows 上にインストール)
[サイトマップへ]  

Windows に Oracle VM VirtualBox バージョン 5.2 をインストール(Windows 上にインストール)

Oracle VM VirualBoxは,優良な仮想マシンソフトウエア

この Web ページでは Windows での Oracle VM VirtualBox バージョン 5.2 のインストール手順を説明します.

配布物の利用条件は各自で確認すること.

特に,下記のファイルはフリーソフトウエアではありません. 個人目的、教育目的、評価目的のみ可のように定められているので、必ず確認すること.


前もって決めておく事項


Oracle VM VirtualBox のバイナリファイルのダウンロード

  1. Oracle VM VirtualBox の Web ページを開く

    http://www.virtualbox.org

  2. Downloads をクリック

  3. Windows版が欲しいので「Windows hosts」をクリック.

  4. .exe ファイルがダウンロードされる

インストール (ホスト OS が Windows の場合)

  1. ダウンロードした .exe ファイルを実行する.

  2. ようこそ画面では,「Next」をクリック

  3. カスタム・セットアップ

    デフォルトのままでよい.「Next」をクリック

  4. カスタム・セットアップの続き

    デフォルトのままでよい.「Next」をクリック

  5. ネットワークが短時間切断されることの確認

    確認の後,「Next」をクリック

  6. インストールの開始

    「Install」をクリック

  7. インストールが始まる

  8. インストール完了の確認


初回起動時の設定

  1. Oracle VM VirtualBox を起動

  2. 拡張パック (Extension Pack)
    1. 初回起動時に、「拡張パック (Extension Pack)」を最新版に更新するか、という画面が出ることがある. 「ダウンロード」をクリック.

    2. 画面が変わる. 「ダウンロード」をクリック.

    3. 画面が変わる. 「インストール」をクリック.

    4. 画面が変わる. 「アップグレード」をクリック.

    5. ライセンス条項を必ず確認する

      拡張パックはGPL ではありません(再配布などしないこと). そしてライセンス条項を確認すること。 ライセンス条項に同意できないときは、必ず、拡張パックを消すこと

      拡張パックのライセンス条項をあとで確認したいときの確認手順

      1. Oracle VM VirtualBox の Web ページを開く

        http://www.virtualbox.org

      2. Downloads」をクリック

      3. 拡張パックのライセンス条項を確認したいので「VirtualBox Personal Use and Evaluation License (PUEL)」をクリック

      4. ライセンス条項に全て目を通す

        拡張パックはGPL ではありません(再配布などしないこと)

    6. インストール終了の確認

  3. フォルダの設定
    1. ファイル」→「環境設定

    2. デフォルト・仮想マシン・フォルダは, 階層の浅いディレクトリに設定しなおしておく方が便利

    Windows の環境変数の設定 ※ 環境変数 PATHC:\Program Files\Oracle\VirtualBox を設定しておくと便利.