トップページ -> コンピュータ -> FreeBSD を使ってソフトウエア開発環境を作る -> FreeBSD バージョン 11.1 のインストール
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

FreeBSD バージョン 11.1 のインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

FreeBSD バージョン 11.1 のインストールを行ないます.

目次

参考 Web ページ


準備

システム設定項目(事前に決めておく事項/調べておく事項)

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
ホスト名 文字列 freebsd11
ドメイン名 文字列 kunihikokaneko.com
ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP かブール値
ホスト IP アドレスIP アドレス
ネットマスク文字列
デフォルトルータ(ゲートウエイ)IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
DNS サーバ(ネームサーバ)IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
初期ユーザのフルネーム 文字列 kunihiko kaneko
初期ユーザのユーザ名 文字列 kaneko
初期ユーザのユーザ ID 正の整数 8010
初期ユーザのパスワード 文字列 <秘密の文字列>
特権ユーザのパスワード (root のパスワード) 文字列 <秘密の文字列>
システムコンソールのキーマップ 文字列 Japanese 106 (jp.106x) または USA ISO (us.iso)
ネットワークインタフェース論理名 文字列 em0

※ ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か

上記に書いた設定は、間違って入力した場合でも、あとで、修正できるので、あまり悩まないように。


Windowsを残すために

FreeBSDをインストールしたいが,いまPCに入っているWindowsも残したい人 (つまり、1台のパソコンで FreeBSD と Windows の両方)は パーティションを切らなくてはなりません.WindowsでDドライブにFreeBSDを インストールしたいという人はDドライブが消えて構わないならば,そのままでもいいでしょう.


FreeBSD のインストール

事前に、FreeBSD DVD を準備しておいてください。 最新のものが良いでしょう。

  1. 国内のFreeBSD の配布サイト を開く.

    http://www.jp.freebsd.org/www.FreeBSD.org/where.html

  2. タイプ (amd64 など)を選ぶ.

  3. 種類としては「dvd1.iso」を選ぶ.

  4. DVD (あるいはISO イメージファイル)を使って起動

    ※ ダウンロードした .iso イメージファイルを DVD に焼くか, rufus などを使って起動可能な USB メモリを作る.

  5. インストールの開始.「Install」を選ぶ.

  6. Keymap Selection

    ◇ ここでは,システムコンソールのキーマップ を設定する.

    日本語キーボードなら

    Japanese 106
    

    英語キーボードなら

    USA ISO
    

  7. 続行する

  8. ホスト名の設定

    Set Hostnameの画面では、ホスト名を設定する.

    例えば「freebsd11」のように.

  9. ディストリビューションを選ぶ.

    既定(デフォルト)のままでよい. 「OK」を選ぶ.

  10. パーティションの設定

    特に必要がなければ、既定(デフォルト)のままでよい. 「OK」を選ぶ.

  11. パーティションの設定の続き

    特に必要がなければ、既定(デフォルト)のままでよい. 「Entire Disk」を選ぶ.

  12. パーティション・スキーマの設定

    特に必要がなければ、既定(デフォルト)のままでよい. 「OK」を選ぶ.

  13. パーティションの確認

    Partition Editor の画面が出る. パーティションを確認し、問題がなければ 「Finish」を選ぶ.

  14. 確認

    ディスクに保存されていたデータが読み書きできなくなることを確認し、 問題がなければ 「Commit」を選ぶ.

  15. インストールが始まる。


システム設定

インストールが終了したら、ネットワーク等に関する基本的な設定を行ないます. ここでの設定を間違っても、あとで、/usr/sbin/sysinstall を起動したり、 /etc/rc.conf をエディタで書き換えれば、たいていのことは挽回できるので、間違ってもあまり 悩まないようにしましょう。

  1. 特権ユーザのパスワード (root のパスワード)

    root のパスワードを入れなさい」というメッセージが英語で出る

    1. 特権ユーザのパスワード (rootのパスワード)を設定します.
    2. 2回入れる。
    3. このパスワードは忘れてはならないものですが、決して紙等にメモしないように。

  2. ネットワークインタフェースの選択

    Network Configuration の画面では、 使用するイーサネットカードネットワークインタフェース論理名を選ぶ. 下記の画面はem0を選んでいるところ.

  3. ネットワーク設定を続けることの確認

    ネットワークの設定を行うので、Yes を選択

  4. ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP かを選ぶ.

    ※ サーバマシンとして使うときは,「固定 IP アドレス」がよい. 「Network Configuration」では,次の項目を設定する.

    • Host: 完全修飾形式のホスト名

      Host は,完全修飾形式のホスト名(ホスト名ドメイン名を「.」でつないだもの)を設定します.

    • Domain (ドメイン名
    • IPv4 Gateway (デフォルトルータ(ゲートウエイ))
    • Name server (DNS サーバ(ネームサーバ))
    • IPv4 Address (ホスト IP アドレス
    • Netmask (ネットマスク

    (「kunihikokaneko.com」の部分がドメイン名です).

      Host: machinename.kunihikokaneko.com
      

    ネットワークアドレスを DHCP にしたい場合

    1. Yes を選ぶ

    2. "Acquiring DHCP release ..." と出る.

      普通ならすぐに終わる.ここで数秒以上待つようなら、「ケーブルが抜けている」などを疑う

  5. IPv6 に関する設定
    IPv6 の機能は残しておくにして、Yes を選択する。

    Yes
    

  6. stateless address configuration に関する設定
    Yes を選択する。

  7. ネットワーク設定の確認
    OK を選択する。

  8. タイムゾーンの設定5 Asia」、 「18 Japan」を選ぶ。

  9. 確認表示
    JST にしたいので Yes を選ぶ.

  10. 日付の設定

  11. 時間の設定

  12. システムの設定

    特に必要がなければ、既定(デフォルト)のままでよい. 「OK」を選ぶ.

  13. セキュリティの設定

  14. 一般ユーザを追加するか

    追加したいので 「Yes」を選ぶ

    次の手順で一般ユーザを追加する.

    1. ユーザ名の指定

    2. フルネームの指定

    3. ユーザIDの指定

    4. グループの指定

      既定(デフォルト)のままでよい

    5. 追加のグループの指定

      既定(デフォルト)のままでよい

    6. ログインクラスの指定

      既定(デフォルト)のままでよい

    7. シェルの指定

      既定(デフォルト)のままでよい

    8. ホームディレクトリシェルの指定

      既定(デフォルト)のままでよい

    9. ホームディレクトリの設定

      既定(デフォルト)のままでよい

    10. 認証はパスワードで行うかの設定

      既定(デフォルト)のままでよい

    11. 空のパスワードを許すか

      既定(デフォルト)のままでよい

    12. ランダムパスワードを用いるか

      既定(デフォルト)のままでよい

    13. パスワードの設定

      同じパスワードを 2回入れる.

    14. アカウントのロックアウトを行うか

      既定(デフォルト)のままでよい

    15. 設定内容の確認

      yes」 + Enter キー

    16. 更にユーザを追加するか

      no」 + Enter キー

  15. 設定メニューに自動で戻る

  16. 設定メニューを終了する

  17. シェルを開いて手動設定するか

    既定(デフォルト)のままでよい

  18. 再起動の確認

    既定(デフォルト)のままでよい

  19. 再起動が始まる

  20. 確認のため,ログインしてみる


これで、FreeBSD インストールが終わりました。

次は,「FreeBSD システムやアプリケーションの維持更新」のページで、いくつかの設定を行うことを推奨します.

「ネットワーク設定の確認」のページなどを参考に進めてください

To Index