トップページ -> インストール,設定,利用 -> Java DB (Derby) -> Java DB (Derby) 上で,Eclipse の Clay プラグインを使う
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Java DB (Derby) 上で,Eclipse の Clay プラグインを使う

この Web ページでは,Eclipse の Clay プラグインの操作法などを説明する.

Eclipse の clay プラグインとは, リレーショナルデータベースに関する下記の機能をもったソフトウエアです. MySQL, PostgreSQL, Java DB など,いろいろなリレーショナルデータベースに使えます.

  1. 既存のデータベースのリバースエンジニア
  2. データベースモデリングなど

この Web ページでは,リレーショナルデータベース管理システムとして,Java DB (Derby) を使う. (PostgreSQLMySQL など,他のリレーショナルデータベース管理システムについては,別のページで説明している.).


必要となるソフトウエア

あらかじめ決めておく事項

接続名の別名と,Java DB データベースディレクトリ(相対)を決めておくこと. この Web ページでは,次のように書きます.

設定項目

Java DB を使うために,次の設定を行うことになるので,確認しておく.


Clay の実行

Database Modeling Graphical Editor の起動

  1. 開始

    ファイル」→「新規」→「その他」と操作する.

  2. Database Modeling の展開
  3. Clay Database Design Diagram」の選択

    Clay Database Design Diagram」をクリックし,「次へ」をクリック.

    新しいウインドウ(Database Modeling Graphical Editor)が開く.

  4. プロジェクト名と SQL 方言の種類の選択

    選択が終わったら,終了をクリック.

    Database Modeling Graphical Editor が開く

    データベースのリバースエンジニアリング

    新規接続の作成

    1. Database Modeling Graphical Editor の中の任意の場所で右クリック.「データベースのリバースエンジニア」を選択
    2. 「接続」のウインドウ(これは,データベースの接続設定を行うウインドウ)が開くので,「新規追加」をクリック
    3. ウインドウが開くので,次の設定を行う.
      • 接続タイプ: Java DB を使う場合,「不明」に設定
      • 別名:好きな名前をつける(後で分かりやすい名前を付けておく).
      • URL: データベースURL(接続文字列)である jdbc:derby:dbdir を設定 (Java DB に依存する値)
      • ユーザ: Java DB の場合は,空欄のまま.
      • パスワード: Java DB の場合は,空欄のまま.
      • JDBC ドライバ:org.apache.derby.jdbc.EmbeddedDriver を設定
      • ドライバの場所:Java DB の jar ファイルである C:Program Files\eclipse3.5\eclipse\plugin\org.apache.derby.core_10.5.1.1\derby.jar を設定

    以上で,新規接続ができた. (次回からは,新規接続を作成する必要は無い). 引き続き,データベースのリバースエンジニアを行う.

    データベースのリバースエンジニア

    1. 「次へ」
    2. 「モデルにインポートするデータベーススキーマの選択」画面では,デフォルトのまま「次へ」をクリック
    3. 「モデルにインポートするテーブルの選択」画面では,インポートしたいテーブルを選択し,「>」をクリック
    4. 「終了」
    5. 図ができる

    参考Webページ: http://www.stackasterisk.jp/tech/java/eclipse02_03.jsp


本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]