トップページ -> インストール,設定,利用 -> PostgreSQL -> PostgreSQL バージョン 12.1 と PostGIS インストールと基本設定(Windows 上)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

PostgreSQL バージョン 12.1 と PostGIS インストールと基本設定(Windows 上)

Windows で PostgreSQL のダウンロードとインストールと基本設定とテスト実行を行う.

目次

  1. 事前に決めておく事項
  2. Postgres のインストールと基本設定 (Windows の場合)
  3. サンプルデータベースの作成 (Windows の場合)

サイト内の関連ページ: データベースのことを含む各種教材は別ページにまとめている.

参考Webページ:


 

事前に決めておく事項


 

Postgres のダウンロードとインストールと基本設定 (Windows の場合)


ダウンロード,インストール, PostgreSQL データベース(データベース論理名は testdb)の作成を行う. (インストール・プログラムがデータベースの作成を行う).

ダウンロード

  1. PostgreSQL ダウンロード Web ページを開く

    http://www.postgresql.jp/download

  2. Windows ソフトウエア」を選ぶ

    [image]
  3. Download the installer」をクリック

    [image]
  4. 必要なものを選び,ダウンロード開始

    [image]

バージョン 12.1 を選んだとして説明を続ける

インストールと設定

ダウンロードしたインストール・プログラムを起動して,インストールを行う.いくつかの設定を行う. 基本的にはデフォルトのままでいいです.

  1. インストールの開始.「Next」をクリック.

    [image]
  2. インストールディレクトリの設定

    デフォルトのままで問題ない.「Next」をクリック.

    [image]
  3. コンポーネントの選択

    デフォルトのままで問題ない。「Next」をクリック.

    [image]
  4. データディレクトリの設定

    デフォルトのままで問題ない。「Next」をクリック.

    [image]
  5. Postgres データベース管理者のパスワードの設定
    • パスワード
    • パスワードの確認

    [image]
  6. ポート番号の設定

    確認し,デフォルトのままで問題ない場合は,「Next」をクリック.

    [image]
  7. ロケールの設定

    Japanese, Japan」を選び,「Next」をクリック.

    [image]
  8. 設定内容の確認

    [image]
  9. インストールの開始

    [image]
  10. インストールの完了

    [image]
  11. 「スタックビルダ」が自動的に起動する.

    PostgreSQL 12 ... on port 5432」を選び, 「次へ」をクリック.

    [image]
  12. インストールしたいアプリケーションの選択

    下の例では「pgJDBC v42.4.5-3」と「PostGIS 3.0 Bundle for Postgres 12 (64bit)」をチェックしている. 選択が終わったら,「次へ」をクリック.

    [image]

    [image]
  13. スタックビルダによるインストールの開始

    [image]

    [image]
  14. 終了の確認

    [image]
  15. 環境変数 PATH の設定

    環境変数 PATH に「C:\Program Files\PostgreSQL\12\bin」を追加する

    C:\Program Files\PostgreSQL\12\bin
    
  16. 環境変数 CLASSPATH の設定

    環境変数 CLASSPATH に,

    • 32 ビット Windows の場合

      C:\Program Files\PostgreSQL\pgJDBC\postgresql-8.4-702.jdbc3.jar」 のように追加

    • 64 ビット Windows の場合

      C:\Program Files(x86)\PostgreSQL\pgJDBC\postgresql-8.4-702.jdbc3.jar」 のように追加

サイト内の関連ページ:

PostgreSQL 関係のツール類の使用法については, 「PostgreSQL」の Web ページを見てください.


 

サンプルデータベースの作成と権限の設定 (Windows の場合)

PostgreSQL の場合,データベースを作成するには, createdb コマンドを使用する.

  1. Windows のコマンドプロンプトの起動
  2. psql -U postgresの実行

    postgres」はPostgres データベース管理者のユーザ名

    [image]
  3. Postgres データベース管理者のパスワード

    プロンプトが出るので, PostgreSQL データベース管理者 (postgres) のパスワード を入力する.

    [image]
  4. データベース論理名と,オーナと,文字コード(エンコーディング)を指定して createdb コマンドを起動

    文字コード(エンコーディング)UTF8で, データベース論理名 testdb のデータベースを作成したいときは, Windows のコマンドプロンプトなどで,次のように操作する.

    実行後,エラーメッセージが出ないことを確認

    createdb -U postgres -E UTF8 testdb
    

    [image]
    • -U postgres : 接続に使用するユーザ.PostgreSQL データベース管理者 (postgres) を指定する.

      ※ 権限上,(基本は)PostgreSQL データベース管理者 (postgres) だけがデータベースを作成できるため.

    • -E UTF8 : 文字コード(エンコーディング)
    • testdb : データベース論理名

    createdb コマンドの詳細は, http://www.postgresql.jp/document/pg833doc/html/app-createdb.html

    文字セットの詳細は, http://www.postgresql.jp/document/pg833doc/html/multibyte.html#MULTIBYTE-charset-SUPPORTED

  5. \q」で終了する

データベースの一覧表示 (Windows の場合)

  1. Windows のコマンドプロンプトの起動
  2. データベースの一覧表示を行なってみる

    PostgreSQL の場合,データベースの一覧表示は,「psql -U postgres -l」で行う.

    postgres」はPostgres データベース管理者のユーザ名

    psql -U postgres -l
    

    [image]
  3. Postgres データベース管理者のパスワード

    プロンプトが出るので, PostgreSQL データベース管理者 (postgres) のパスワード を入力する.

    表示結果の確認

    [image]

テーブルの定義と作成

  1. Windows のコマンドプロンプトの起動
  2. PostgreSQL サーバへの接続

    postgres」はPostgres データベース管理者のユーザ名

    psql -U postgres -d testdb
    

    [image]
  3. Postgres データベース管理者のパスワード

    プロンプトが出るので, PostgreSQL データベース管理者 (postgres) のパスワード を入力する.

    [image]
  4. SQL を用いたテーブル定義

    CREATE TABLE order_records (
        id            INTEGER  PRIMARY KEY NOT NULL,
        year          INTEGER  NOT NULL CHECK ( year > 2008 ),
        month         INTEGER  NOT NULL CHECK ( month >= 1 AND month <= 12 ),
        day           INTEGER  NOT NULL CHECK ( day >= 1 AND day <= 31 ),
        customer_name TEXT  NOT NULL,
        product_name  TEXT  NOT NULL,
        unit_price    REAL     NOT NULL CHECK ( unit_price > 0 ),
        qty           INTEGER  NOT NULL DEFAULT 1 CHECK ( qty > 0 ),
        created_at    TIMESTAMP NOT NULL,
        updated_at    TIMESTAMP,
        CHECK ( ( unit_price * qty ) < 200000 ) );
    

    [image]
  5. SQL を用いたテーブル生成

    BEGIN TRANSACTION;
    INSERT INTO order_records VALUES( 1, 2019, 10, 26,  'kaneko', 'orange A', 1.2, 10, current_timestamp, NULL );
    INSERT INTO order_records (id, year, month, day, customer_name, product_name, unit_price, qty, created_at) VALUES( 2, 2019, 10, 26,  'miyamoto', 'Apple M',  2.5, 2, current_timestamp );
    INSERT INTO order_records (id, year, month, day, customer_name, product_name, unit_price, qty, created_at) VALUES( 3, 2019, 10, 27,  'kaneko',   'orange B', 1.2, 8, current_timestamp );
    INSERT INTO order_records (id, year, month, day, customer_name, product_name, unit_price, created_at) VALUES( 4, 2019, 10, 28,  'miyamoto',   'Apple L', 3, current_timestamp );
    COMMIT;
    \q
    

    [image]
  6. 簡単な SQL 問い合わせ

    psql -U postgres -d testdb
    <パスワード>
    SELECT * FROM order_records; 
    \q
    

    [image]

 

(参考) pgAdmin のインストールについて

pgAdmin は,PostgreSQL を使うときの定番ツールです.


参考Webページ:


本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]