トップページ -> インストール,設定,利用 -> SQLite 3 とSQL 演習 -> FreeBSD で SQLite 3 コマンドライン・インタフェースをダウンロードしテスト実行 (FreeBSD で実行)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

FreeBSD で SQLite 3 コマンドライン・インタフェースをダウンロードしテスト実行 (FreeBSD で実行)

SQLite は,パブリックドメイン組み込み型のデータベース管理システム・ソフトウエアです.

この Web ページでは,SQLite 3 コマンドライン・インタフェースのダウンロードと実行を行う. SQLite 3 コマンドライン・インタフェースの中にすでに データベース管理システムが組み込まれています.

SQLite の利点を大胆にまとめると,

のことを考えなくても使えます.通信しませんので,ファイヤウオールの設定で悩むこともないでしょう.以上が利点です.

リモートからネットワーク越しで接続する機能はありません(そのはずです). 複数のプログラムからデータベースを共有するための機能もありません.(インタフェース・サーバ・アーキテクチャという考え方をとっていません).

※ 勉強用としてみると:

SQL の初級,中級レベルくらいまでの勉強用には向いていると思います. 何といってもインストールが簡単です. 一方で,データベース管理の機能が弱いのは事実なので,データベースシステムでのデータベース管理法の勉強用としては不向きかも知れません. SQL92 の全機能はない, 索引や制約(外部キー)やトリガや日本語等の機能も弱い(?)(確かめていません)ように見えます.


前準備

  1. /etc/rc.conf, /etc/make.conf, /etc/src.conf, 環境変数の設定

    「FreeBSD 基本設定」の Web ページなどを参考に行う.

  2. FreeBSD のソースコードとポーツ・ツリーの更新

    以下のようにコマンドを実行して,FreeBSD の全てのソースコードを更新します. このとき,同時に,ポーツ・ツリー (Ports Tree) の展開/更新も行われます(そのはずです)

    cd /usr/src
    make update
    
  3. (オプション)ports-mgmt/portupggrade のインストール

    cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
    make clean deinstall rmconfig
    make -j4
    make install
    
  4. (オプション)パッケージ・レジストリ・データベースと, ポーツ・インデックス・ファイルと, ポーツ・データベース・ファイルの生成/再構成

    portsdb -uU
    pkgdb -aF
    
  5. (オプション)portupggrade コマンドによるアプリケーションの全更新

    shutdown now
    portupgrade -aRv
    sync
    sync
    sync
    sync
    sync
    reboot
    

SQLite バージョン 3 コマンドライン・インタフェースのインストール (Install SQLite version 3 command-line interface)

SQLite バージョン 3 コマンドライン・インタフェースの他にも, 下記に挙げたいくつかの拡張機能もインストールしてみる.

[image]

■ FreeBSD のパッケージを使用する場合

  1. インストール(FreeBSD のパッケージを使用)
    pkg_add -r  sqlite3
    pkg_add -r  spatialite
    pkg_add -r  sqlite-ext-inet
    pkg_add -r  sqlite-ext-miscfuncs
    pkg_add -r  sqlite-ext-mobigroup
    

■ FreeBSD のポーツ・ツリーを使用する場合

  1. インストール(FreeBSD のポーツ・ツリーを使用)
    portupgrade -Npv -B 'make rmconfig' databases/sqlite3
    portupgrade -Npv -B 'make rmconfig' databases/spatialite
    portupgrade -Npv -B 'make rmconfig' databases/sqlite-ext-inet
    portupgrade -Npv -B 'make rmconfig' databases/sqlite-ext-miscfuncs
    portupgrade -Npv -B 'make rmconfig' databases/sqlite-ext-mobigroup
    

SQLite バージョン 3 の起動と終了 (Start and end SQLite version 3)

FreeBSD の端末 (terminal) で,次の操作を行う.(Use FreeBSD terminal, and do the following).

  1. SQLite の起動 (Start the SQLite).

    このとき,データベース名として /tmp/mydb を指定する.(The database name is '/tmp/mydb'). SQLite の流儀で,データベース名はファイル名になる.

    ※ データベース名はなんでも良いが、アルファベットのみを使うのが良い.

    ※ データベース名は「../hoge」のような相対パス形式でもいいし,カレントディレクトリを使うつもりで「hoge2」のようにしてもいい.

    sqlite3.exe /tmp/mydb
    

    [image]
  2. ヘルプの表示 (display the help)

    .help」で,ヘルプが表示される.

    [image]
  3. 現在使用中のデータベースについての,文字のエンコーディングの確認 (encoding)

    PRAGMA encoding;」で,エンコーディングが表示される.

    [image]
  4. SQLite の終了 (End SQLite)

    .exit」で終了.

    [image]

使い方の詳しい説明は http://www.sqlite.org/sqlite.html を見てください.


本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]