トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)Blender 3.0 のインストール,Wavefront OBJ ファイルのインポート(Windows 上)

Blender 3.0 のインストール,Wavefront OBJ ファイルのインポート(Windows 上)

Windows での,Blender 3.0 のインストール手順を説明する.

Blenderは,3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウェアである. 3次元モデルの編集,レンダリング、光源やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

目次

  1. Blender のインストール
  2. Blenderに Wavefront OBJ形式ファイルをインポート

【サイト内の関連ページ】

謝辞:このWebページで紹介するBlenderソフトウェアの作者に感謝します

Blender のインストール

  1. blender.org の ウェブページを開く

    https://www.blender.org/

  2. Download Blender」をクリック

    [image]
  3. 自動で,「Windows Installer」が選ばれることを確認の上, 「Download Blender 3.0」をクリック

    [image]
  4. ダウンロードが始まるので確認

    インターネットが混雑している場合などは,ダウンロードに時間がかかる場合がある.しばらく待つ.

    [image]
  5. ダウンロードした .msiファイルを実行

    [image]
  6. ようこそ画面では「Next」をクリック.

    [image]
  7. ライセンス条項の確認.

    必ず確認し,同意できる場合のみ,「Next」をクリックして続行.

    [image]
  8. カスタムセットアップの設定.既定(デフォルト)のままでよい.「Next」をクリック

    [image]
  9. インストールを開始したいので「Install」をクリック

    [image]
  10. インストールが始まる.

    しばらく待つ.

    [image]
  11. インストール終了の確認.「Finish」をクリック.

    [image]
  12. 確認のため,試しに起動してみる.

    Windows での Blender の起動は,スタートメニューを使って行うことができる.

    [image]
  13. Blender のメニュー等の日本語化

    もし,表示が英語になっているときは, 最初の画面の「Language English (English)」のところで, 「Japanse (日本語)」を選ぶ

    [image]

    この画面を再び出したいときは,メニューで「スプラッシュ画面 (Splash Screen)」を選ぶ.

    [image]

Blenderに Wavefront OBJ形式ファイルをインポート

<前準備>

説明のため Wevefront OBJ形式ファイル, Wavefromt MTL形式ファイルを使う. この資料で使用している Wevefront OBJ形式ファイル, Wavefromt MTL形式ファイルは,次からダウンロードできる

Wavefront OBJ 形式ファイルとは 3次元コンピュータグラフィックスのファイル形式.ポリゴンなどの情報が書かれているファイル.

[image]

Wavefront MTL 形式ファイルとは マテリアルの情報が書かれているファイル.

[image]
インポート手順
  1. Blender を起動

    Windows のスタートメニューの「Blender」の下に「blender」がある

  2. Blender が起動するので確認

    [image]

    新しく Blender のファイルを作成したいときは,「ファイル (file)」,「新規 (new)」,「全般 (general)」.

    [image]
  3. 中央にある立方体のオブジェクト(灰色のもの)を消したい.中央にある立方体のオブジェクトを左クリックし,「DEL キー」を押して削除

    Blender 2.79 かそれ以前のときは,右クリック

    [image]
  4. Wavefront obj ファイルをインポートしたい. メニューで「ファイル (File)」,「インポート (Import)」と操作し「Wavefront (.obj)」を選択

    [image]
  5. インポートしたいファイルを選び,「OBJ をインポート」をクリック. (ここでは sample.obj を選んでいる)

    [image]

    sample.obj をインポートした場合,マウスホイールを操作して,ズームアウトしていくと,オブジェクトが現れる

    [image]

Blender Kit

  1. 次のページから BlenderKit をダウンロードできる

    https://www.blenderkit.com/

  2. アドオンのインストール

    「編集」で「プリファレンス」を選び,「アドオン」をクリック,「インストール」をクリックし, 先ほどダウンロードしたファイルを選ぶ.

  3. 「3D View: BlnderKit Online Asset Library」の画面が出るので,確認し,チェックする.
  4. シェルフ(Nキーで開くことができる)に,「BlenderKit」が増える.

    [image]