トップページ -> インストール,設定,利用 -> ツールチェーン -> Windows で Java SE 8 のインストール
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Windows で Java SE 8 のインストール

WindowsでのJava処理系のインストール手順を説明する. Java は64ビット版をおすすめします. 32ビット版のJavaは1.5GB のヒープしか確保できないため.


インストール後に行う環境変数の設定


ダウンロードとインストール

  1. Java SE のウェブページを開く

    http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

  2. Java SE 8u...」のところの「JDK」の「DOWNLOAD」をクリック

    [image]
  3. ライセンス条項の確認

    確認したら「Accept License Agreement」にチェック

    [image]
  4. Windows x64版を選ぶ.

    [image]
  5. Oracle アカウントでサインインする
  6. .exe 形式のファイルがダウンロードが始まる.

    [image]
  7. ダウンロードされた .exe ファイルを実行

    [image]
  8. ようこそ画面では,「次へ」をクリック.

    [image]
  9. オプション機能の画面.既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

    [image]
  10. インストールが始まる

    [image]
  11. コピー先フォルダの画面.既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

    [image]
  12. インストールが始まる.

    [image]
  13. インストール完了の確認.「閉じる」をクリック.

    [image]
  14. Windows のシステム環境変数 JAVA_HOME を次のように設定.

    C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_221

    [image]
  15. Windows のシステム環境変数 Path の末尾に次を追加

    C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_221\bin

    [image]
  16. 確認のため、Windows のコマンドプロントを開き、次のコマンドを実行
    java -version
    

    次のように表示されたら OK.表示されない場合には、環境変数の設定を確認する.

    [image]

サンプルプログラムの実行

サンプルプログラム

  1. ファイル「HelloWorld.java」の作成
    public class HelloWorld
    {
        public static void main(String args[])
        {
            System.out.println("Hello Java World !");
        }
    }
    

    [image]
  2. コンパイル

    Windows のコマンドプロンプトで次のように操作

    javac HelloWorld.java
    

    [image]
  3. 実行

    Windows のコマンドプロンプトで次のように操作

    java HelloWorld
    

    実行結果は次のようになる.

    [image]

クラス定義の例

public class MyClass
{
    private int x;
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("hello");
    }

    public MyClass()
    {
        x = 0;
    }

    public int sampleMethod(int y)
    {
        return x + y;
    }
}

本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]