トップページ -> インストール,設定,利用 -> Docker -> Windows の古いソフトウエアを安全に実行してみる(Docker CE と Wine 5 を使用)(書きかけ)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Windows の古いソフトウエアを安全に実行してみる(Docker CE と Wine 5 を使用)(書きかけ)

◆ この Web ページで行うこと.

Wine は,Windows の API を提供することにより,Windows アプリケーションを Linux 上で動かすことを可能とするソフトウエア. Windows 用の Docker CE は,Docker コンテナと Linux カーネルのエミュレータの機能を持ったソフトウエア.

【このページの目次】

  1. 前準備
  2. Docker のインストール(Windows 上)
  3. Docker を使ってみる

サイト内の関連ページ

参考Webページ https://docs.docker.com/engine/examples/postgresql_service/



前準備


Docker のインストール(Windows 上)

  1. Docker Desktop for Windows Community 版
    https://docs.docker.com/docker-for-windows/install/
  2. ライセンス条項を確認

    [image]
  3. Download from Docker Hub」をクリック

    [image]
  4. サインイン

    [image]
  5. Get Started with Docker Desktop」をクリック

    [image]
  6. Download Docker Desktop for Windows」をクリック

    [image]
  7. ダウンロードが始まる

    [image]
  8. ダウンロードされた exe ファイルを実行する
  9. 新しい画面が開く

    [image]
  10. 「Configuration」の画面では,設定はそのままで良いので,「OK」をクリック

    [image]
  11. インストールが始まる

    [image]
  12. 終了の確認

    [image]

Docker を使ってみる

コンテナとイメージの作成

  1. Dockerfile を次のように作成

    screencast」のところは,パスワードを設定し,秘密にしておくこと.

    参考 Web ページ https://docs.docker.com/engine/examples/running_ssh_service/#build-an-eg_sshd-image

    FROM ubuntu:19.10
    
    #
    # SSH サーバ設定
    # https://docs.docker.com/engine/examples/running_ssh_service/#build-an-eg_sshd-image
    RUN apt update && apt install -y openssh-server
    RUN mkdir /var/run/sshd
    RUN echo 'root:screencast' | chpasswd
    RUN sed -i 's/PermitRootLogin prohibit-password/PermitRootLogin yes/' /etc/ssh/sshd_config
    RUN sed -i 's/#PermitRootLogin yes/PermitRootLogin yes/' /etc/ssh/sshd_config
    RUN sed -i 's/#X11UseLocalhost yes/X11UseLocalhost no/' /etc/ssh/sshd_config
    RUN echo 'sshd: localhost 127.0.0.1' << /etc/hosts.allow
    
    # SSH login fix. Otherwise user is kicked off after login
    RUN sed 's@session\s*required\s*pam_loginuid.so@session optional pam_loginuid.so@g' -i /etc/pam.d/sshd
    
    ENV NOTVISIBLE "in users profile"
    RUN echo "export VISIBLE=now" >> /etc/profile
    
    # xauth, x11-apps, sudo
    RUN apt update && apt install -y xauth x11-apps sudo
    
    # SSH サーバ
    EXPOSE 22
    CMD ["/usr/sbin/sshd", "-D"]
    
    #
    # Wine のインストール
    #
    RUN apt update && apt -y upgrade && apt install -y net-tools wget gnupg
    RUN wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key && apt-key add winehq.key
    RUN echo 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ eoan main' >> /etc/apt/sources.list
    RUN apt update && apt -y upgrade && dpkg --add-architecture i386 
    RUN apt update && apt -y upgrade && apt -y install --install-recommends winehq-stable
    
  2. イメージの作成
    docker rmi eg_sshd
    docker image build . -t eg_sshd
    
  3. コンテナの作成と起動
    docker run -d -P -v /d:/mnt --name test_sshd eg_sshd
    docker port test_sshd 22
    ssh -X root@localhost -p xxxxx
    
    1. ファイル共有の設定
      Docker Desktop を起動.「Resources」の下の「FILE SHARING」を選び,共有するドライブをチェック.
      下の図では,D: ドライブを共有可能に設定している.設定したら,右下の「Apply & Restart」をクリック.

      [image]
    2. Ubuntu 19.10 コンテナの作成,コンテナで bash シェルの起動
      /d」のところは,共有可能に設定したドライブにすること.
      docker run --rm -it -v /d:/mnt -p 1000:22 ubuntu:19.10 /bin/bash 
      

      [image]

      次のような表示が出たときは,「Share it」をクリックして,許可する.

      [image]
    3. Wine 5 のインストール
      次のコマンドを実行する
      apt update
      apt -y install wget gnupg
      cd /tmp
      wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key
      apt-key add winehq.key
      echo 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ eoan main' >> /etc/apt/sources.list
      apt update
      apt -y upgrade
      dpkg --add-architecture i386 
      apt update
      apt -y upgrade
      apt install --install-recommends winehq-stable
      
      
      

    本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]