トップページインストール,使い方プログラミング入門とオンライン開発環境Python, C, JavaScript, Ruby を動かしてみる(AWS Cloud 9 を使用.登録必要)

Python, C, JavaScript, Ruby を動かしてみる(AWS Cloud 9 を使用.登録必要)

AWS Cloud 9 の特徴としては,Ruby on Rails, Apache + PHP + MySQL, Wordpress の演習が簡単にできる.

その他,Python, C++, Ruby などのプログラムを作る場合で,複数のソースコードを使いたい場合.ソースコードをあるファイル名で保存したい場合. ファイル入出力を行うプログラム書きたい場合. コマンドラインでビルドや起動の操作を行いたい場合.

お断り

特定の商用製品等を推奨、広報するものではない.使用感など評価を行うものでもない. 操作手順等について記述している

Cloud 9 のサインアップ手順

  1. Cloud9 のウェブページを開く

    https://c9.io/

  2. メールアドレスを指定してから,「Sign Up」をクリック.

    [image]
  3. 名前を英語で指定してから,「Next」をクリック.
  4. ユーザ名(Username)を英語で指定してから,「Next」をクリック.

    [image]
  5. 正しいものを選んでから,「Next」をクリック.

    [image]
  6. 確認表示で,記入が正しいか確認したら,「Next」をクリック.

    [image]
  7. クレジットカードの情報を記入する必要がある.

    無料ブランがある,有料プランだと「個人スペース」が無制限で使えるなどの注意書きが右側にあるので確認する.

    [image]
  8. 「私はロボットではありません」をチェックして,「Create account」をクリック.

    [image]

Cloud 9 でワークスペースの新規作成

  1. ワークスペースを新規作成したいので「Create a new workspace」をクリック.

    [image]
  2. ワークスペース名を設定し,テンプレートを選んでから, 「Create a new workspace」をクリック.

    [image]
  3. ワークスペースを作成すると,土台になるファイルがいくつか自動作成される.

    Python2 の場合

    [image]

    C++ の場合

    [image]

    JavaScript (Node.js) の場合

    [image]

    Ruby の場合

    [image]

Cloud 9 でコンソールを使ってみる

下の方に「bash」のタブがある.Ubuntu (Linux) のコンソールになっている.

[image]

Cloud 9 での実行結果例

ここでの手順: 空のワークスペースを作る(下図).その後,*.py, *.c, *.js, *.rb のような拡張子で新しいファイルを作る. 実行は Run ボタンで行う.

[image]

Python2

x = [5, 4, 1, 3, 2]
for i in x:
    print(i * 120)

[image]

C

#include<stdio.h>
int main(void){
    int i;
    int x[] = {5, 4, 1, 3, 2};
    for(i = 0; i < (sizeof(x)/sizeof(int)); i++) {
        printf("%d\n", x[i] * 120);
    }
}

[image]

JavaScript (Node.js)

var x = [5, 4, 1, 3, 2]
for (var i=0; i<x.length; i++) {
    console.log(x[i] * 120);
}

[image]

Ruby

x = [5, 4, 1, 3, 2]
x.each do |i|
  print i * 120
  print ", "
end

[image]

gcc を使ってみる

  1. ファイル hoge.c を次のように作成. 保存.
    #include<stdio.h>
    int main(void){
        printf("Hello, World!\n"); 
    }
    

    [image]
  2. gcc を使ってみる

    [image]