金子邦彦研究室インストールWindows のインストールWindows 11 のインストール,基本設定,おすすめソフトウェア

Windows 11 のインストール,基本設定,おすすめソフトウェア

概要Windows 11のセットアップでは,不要なプリインストールアプリをスクリプトで一括削除し,サービス設定もスクリプトで行う.ディスクのクリーンアップ,デフラグ,そして空き領域のゼロフィルもコマンドプロンプトから実施できる.別のWebブラウザや,いくつかの便利なフリーソフトウエアのインストールも推奨される.さらに必要に応じてプログラミングに便利なWSL 2Ubuntu 22.04もセットアップする.最後に必要に応じてMicrosoft PC Manager のインストール,WindowsMicrosoft Sysinternalsツールをダウンロードし,システムツールの使用準備を行う.これらの手順により,簡単で確実にWindows 11のセットアップが可能である.

目次

  1. Windows 11 のクリーンインストール
  2. 不要なプリインストールアプリの削除
  3. サービスの停止
  4. ディスククリーンアップ,デフラグの実行,その他
  5. フリーソフトウエア
  6. WSL2 と WSL2 上の Ubuntu 22.04 のインストール
  7. Microsoft Sysinternalsツールのダウンロードと設定

Windows 11 のクリーンインストール

Windows 11 のクリーンインストールの手順は次の通り.

  1. まず,Windows 11のライセンスキーを確認.
  2. Microsoft の公式ページ(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11)から Windows 11 の ISO イメージファイルをダウンロードする.
  3. Rufus を起動し,Windows 11 の ISO イメージファイルを選択.そして,ブータブル USB メモリを作成する.
  4. ブータブル USB メモリからの起動

    作成したブータブル USB メモリを用いて,インストール対象のパソコンを起動する.

    これはBIOSメニューやブートメニューを用いて行う.あるいは, Windows を再起動し,BIOSメニューを出すためのコマンドとして「shutdown /r /fw /t 0」を使うこができる.

  5. 画面の指示に従って,Windows 11 のインストールを進める.
  6. インストール中,Windows 11 のライセンスキーの入力が求められるので入力する.

注意点として, インストール対象のパソコンの重要なデータはバックアップを取ってからインストールを開始することを推奨する.

サイト内の関連ページ

関連する外部ページ

Windows 11 のディスクイメージのダウンロードのページ: https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

不要なプリインストールアプリの削除

アプリの一括削除を行い,その後,アプリを一覧表示する. この処理は,下のスクリプトを用いて実行する. 削除されるアプリは,スクリプトの中に記載しているので,確認ならびに必要な変更の上で実行すること.

  1. Windows で,コマンドプロンプトを実行
  2. エディタを起動
    cd %HOMEPATH%
    notepad removeapp.bat
    

    [image]
  3. エディタで,次のスクリプトを保存

    参考ページ: https://elluminetpress.com/2021/03/uninstall-windows-11-apps-in-powershell/

    (Net session >nul 2>&1)||(PowerShell start """%~0""" -verb RunAs & Exit /B)
    
    REM Alarms and Clocks
    powershell -command "Get-AppxPackage *WindowsAlarms* | Remove-AppxPackage"
    REM Calculator
    powershell -command "Get-AppxPackage *WindowsCalculator* | Remove-AppxPackage"
    REM Cortana
    powershell -command "Get-AppxPackage *Microsoft.549981C3F5F10* | Remove-AppxPackage"
    REM Feedback Hub
    powershell -command "Get-AppxPackage *WindowsFeedbackHub* | Remove-AppxPackage"
    REM Help and tips
    powershell -command "Get-AppxPackage *GetHelp* | Remove-AppxPackage"
    REM Maps
    powershell -command "Get-AppxPackage *WindowsMaps* | Remove-AppxPackage"
    REM Microsoft To-Do
    powershell -command "Get-AppxPackage *Todos* | Remove-AppxPackage"
    REM Movies and TV
    powershell -command "Get-AppxPackage *ZuneVideo* | Remove-AppxPackage"
    REM Music app
    powershell -command "Get-AppxPackage *ZuneMusic* | Remove-AppxPackage"
    REM News app
    powershell -command "Get-AppxPackage *BingNews* | Remove-AppxPackage"
    REM OneDrive
    powershell -command "Get-AppxPackage *OneDriveSync* | Remove-AppxPackage"
    REM People app
    powershell -command "Get-AppxPackage *Windows.Photos* | Remove-AppxPackage"
    REM Skype
    powershell -command "Get-AppxPackage *SkypeApp* | Remove-AppxPackage"
    REM Solitaire Collection
    powershell -command "Get-AppxPackage *MicrosoftSolitaireCollection* | Remove-AppxPackage"
    REM Spotify
    powershell -command "Get-AppxPackage *SpotifyAB.SpotifyMusic* | Remove-AppxPackage"
    REM Teams/Chat
    powershell -command "Get-AppxPackage *Teams* | Remove-AppxPackage"
    REM Weather
    powershell -command "Get-AppxPackage *BingWeather* | Remove-AppxPackage"
    REM Xbox and related apps
    powershell -command "Get-AppxPackage Microsoft.XboxGamingOverlay | Remove-AppxPackage"
    powershell -command "Get-AppxPackage Microsoft.Xbox.TCUI | Remove-AppxPackage"
    powershell -command "Get-AppxPackage Microsoft.XboxGameOverlay | Remove-AppxPackage"
    powershell -command "Get-AppxPackage Microsoft.XboxIdentityProvider | Remove-AppxPackage"
    powershell -command "Get-AppxPackage Microsoft.XboxSpeechToTextOverlay | Remove-AppxPackage"
    REM Your Phone
    powershell -command "Get-AppxPackage *YourPhone* | Remove-AppxPackage"
    REM AmazonVideo.PrimeVideo
    powershell -command "Get-AppxPackage AmazonVideo.PrimeVideo | Remove-AppxPackage"
    REM
    powershell -command "Get-AppxPackage | Select Name"
    PAUSE
    

    [image]
  4. 実行
    cd %HOMEPATH%
    .\removeapp.bat
    

    [image]
  5. 終了の確認

    アプリが一覧表示される.何かキーを押すと,画面が閉じる.

    [image]

サービスの停止

サービスの一括削除

サービスの一括削除を行う. この処理は,下のスクリプトを用いて実行する. ここでは,いくつかのアプリを「start=demand」に設定する. 設定は,スクリプトの中に記載しているので,確認ならびに必要な変更の上で実行すること.

  1. Windows で,コマンドプロンプトを実行
  2. エディタを起動
    cd %HOMEPATH%
    notepad winservice.bat
    

    [image]
  3. エディタで,次のスクリプトを保存

    参考ページ: https://elluminetpress.com/2021/03/uninstall-windows-11-apps-in-powershell/

    (Net session >nul 2>&1)||(PowerShell start """%~0""" -verb RunAs & Exit /B)
    
    REM ActiveX Installer (AxInstSV)
    sc config AxInstSV start=demand
    REM AllJoyn Router Service
    sc config AJRouter start=demand
    REM Connected User Experiences and Telemetsc config DiagTrack start=demand
    REM Distributed Link Tracking Client
    sc config TrkWks start=demand
    REM Geolocation Service
    sc config lfsvc start=demand
    REM Internet Connetion Sharing (ICS)
    sc config SharedAccess start=demand
    REM Link-Layer Topology Discovery Mapper
    sc config lltdsvc start=demand
    REM Microsoft Account Sign-in Assistant
    sc config wlidsvc start=demand
    REM Network Connected Devices Auto-Setup
    sc config NcdAutoSetup start=demand
    REM Peer Name Resolution Protocol
    sc config PNRPsvc start=demand
    REM Peer Networking Grouping
    sc config p2psvc start=demand
    REM Peer Networking Identity Manager
    sc config p2pimsvc start=demand
    REM PNRP Machine Name Publication Service
    sc config PNRPAutoReg start=demand
    REM SSDP Discovery
    sc config SSDPSRV start=demand
    REM WalletService
    sc config WalletService start=demand
    REM Windows モバイル ホットスポットサービス
    sc config icssvc start=demand
    REM Xbox Live Auth Manager
    sc config XblAuthManager start=demand
    REM Xbox Live セーブデータ
    sc config XblGameSave start=demand
    REM Xbox Live ネットワーキングサービス
    sc config XboxNetApiSvc start=demand
    REM 市販デモ サービス
    sc config RetailDemo start=demand
    
    REM
    ECHO システムを再起動します.
    PAUSE
    Shutdown /r /t 5 /c "REBOOTING THE SYSTEM"
    

    [image]
  4. 実行
    cd %HOMEPATH%
    .\winservice.bat
    

    [image]
  5. 終了の確認

    アプリが一覧表示される. 何かキーを押すと,画面が閉じて,システムが再起動する.

    [image]

種々の機能の停止

種々の機能の停止を行う. この処理は,下のスクリプトを用いて実行する. 設定は,スクリプトの中に記載しているので,確認ならびに必要な変更の上で実行すること.

  1. Windows で,コマンドプロンプトを実行
  2. エディタを起動
    cd %HOMEPATH%
    notepad wincustom.bat
    
  3. エディタで,次のスクリプトを保存
    (Net session >nul 2>&1)||(PowerShell start """%~0""" -verb RunAs & Exit /B)
    
    REM トースト通知をオフにする
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\PushNotifications" /v "ToastEnabled" /t REG_DWORD /d "0" /f
    
    REM 通知とアクションセンターをオフにする
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Explorer" /v "DisableNotificationCenter" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM Peopleバーを削除
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Explorer" /v "HidePeopleBar" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM タスクバーで chat を表示しない
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v "TaskbarMn" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM フリップ3Dを起動しない
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\DWM" /v "DisallowFlip3d" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM インターネットを検索しない
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\Windows\Explorer" /v "NoSearchInternetInStartMenu" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM スタートメニュー検索でウェブの検索結果を表示させない
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Explorer" /v "DisableSearchBoxSuggestions" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM Windows 11 ウィジェットを削除する
    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Dsh" /v "AllowNewsAndInterests" /t REG_DWORD /d "0" /f
    
    REM Windows エラー報告を無効にする
    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Windows Error Reporting" /v "Disabled" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM 場所を無効にする
    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\LocationAndSensors" /v "DisableLocation" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM ようこそ画面を表示しない
    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explore" /v "NoWelcomeScreen" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
    REM
    ECHO システムを再起動します.
    PAUSE
    Shutdown /r /t 5 /c "REBOOTING THE SYSTEM"
    
  4. 実行
    cd %HOMEPATH%
    .\wincustom.bat
    
  5. 終了の確認

    何かキーを押すと,画面が閉じて,システムが再起動する.

    [image]

ディスククリーンアップ,デフラグの実行,その他

  1. Windows のパス長の制限の解除

    Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行

    コマンドプロンプトを管理者として実行: 別ページ »で説明

    次のコマンドを実行

    reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem" /v "LongPathsEnabled" /t REG_DWORD /d "1" /f
    
  2. 隠しファイルの表示を行うように設定

    Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行

    次のコマンドを実行

    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v Hidden /t REG_DWORD /d 1 /f
    reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v ShowSuperHidden /t REG_DWORD /d 1 /f
    
  3. ディスククリーンアップ

    Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行

    次のコマンドを実行

    cleanmgr /verylowdisk
    
  4. デフラグと,C ドライブの空き領域のゼロフィルを行う.

    sdelete の URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/downloads/sdelete

    Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行

    次のコマンドを実行

    defrag /C /X
    sdelete -z c:
    

フリーソフトウェア

便利なフリーソフトウェアのインストール

必要なフリーソフトウェアを選択して,インストールする.

FirefoxとGoogle Chromeは高機能なブラウザで,拡張機能を用いてカスタマイズが可能である.Search Everythingは迅速なファイル検索が可能である.Visual Studio CodeとEmacsはテキストエディタである.FileZillaとMobaXtermはファイル転送・リモート接続のために有用である.Kokomiteはマウス拡大,GreenShotはスクリーンショットの撮影・編集に役立つ.

ディープラーニング関連,プログラミング関連のフリーソフトウェアのインストール

バージョン管理システム Git のインストール(Windows 上)

Git は、ソフトウェアの開発において使用されているバージョン管理システムである.git clone コマンドは、リモートリポジトリからソースコードをローカルマシンにコピー(クローン)するために使用される.シンプルなコマンドで,リモートリポジトリ全体のコピーや,リモートリポジトリとの同期を行えることが特徴である.

Windows 上で Git をインストールするには,公式ウェブサイト (https://git-scm.com/) から 64-bit Git for Windows Setup をダウンロードし,インストーラーの指示に従ってインストールを進める.ほとんどの設定は既定 (デフォルト) のままで問題ないが,PATH 環境変数の設定画面では 2 番目のオプションを選択することが推奨される.

サイト内の関連ページ

Windows での Git のインストール: 別ページ »で説明している.

関連する外部ページ

Git の公式ページ: https://git-scm.com/

ビルドツール CMake のインストール (Windows 上)

CMake は,ソフトウェアのビルドプロセスを自動化し,効率的に管理するためのツールである.Windows では,CMake のオプションを確認したい場合には,「cmake-gui」コマンドを使用して,CMake のグラフィカルユーザインタフェースを起動することにより確認ができる.このcmake-guiで,ビルドオプションの設定や,ビルドの実行も可能である.

WindowsCMake をインストールするには,公式ウェブサイト(https://cmake.org/download/)にアクセスし,"Windows x64 Installer" をダウンロードする.ダウンロードしたインストーラを実行し,インストールオプションで「Add CMake to the system PATH for all users」を選択する.他のオプションはデフォルトのままで構わない.

サイト内の関連ページ

関連する外部ページ

7-Zip 24.05

7-Zipは,ファイルの圧縮や展開のツール.さまざまなフォーマットに対応している.

Windows では, コマンドプロンプトを管理者として開き, 次のコマンドを実行することにより, 7-Zip 24.05 のインストールを行うことができる.

mkdir %HOMEPATH%\7zip
cd %HOMEPATH%\7zip
curl -O https://www.7-zip.org/a/7z2405-x64.exe
.\7z2405-x64.exe
powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";c:\Program Files\7-Zip\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"

サイト内の関連ページ

Windows での 7-Zip のインストール: 別ページ »で説明している.

関連する外部ページ

7-Zip の公式ページ: https://sevenzip.osdn.jp/

Python のインストール(Windows 上)

Pythonは,現在,人気の高いプログラミング言語の1つであり,読みやすく書きやすい文法と幅広い応用範囲を持つとされている.現在,様々な分野で使用され,豊富なライブラリがある.

インストールは次の手順で行うことができる.

  1. Pythonの公式サイト(https://www.python.org)にアクセスし,「Downloads」,「Windows」を選択する.
  2. Stable Releases」からインストールしたいバージョンを選ぶ(例:Python 3.10.10).
  3. Windows Installer (64-bit)」をダウンロードする.
  4. Windows上でPythonをインストールする際は,ユーザー名に日本語が含まれていると問題が生じる可能性がある.これは,既定(デフォルト)のインストール設定では,Pythonの関連ファイルのパスにユーザ名が含まれることが原因である.トラブルを避けるために,次の手順でインストールする.
  5. まず,ダウンロードしたインストーラを管理者権限で実行する.
  6. インストーラの最初の画面で,「Install launcher for all users (recommended)」と「Add Python.exe to PATH」をチェックし,「Customize installation」をクリックする.
  7. 次の画面でオプションの機能は既定のままで「Next」をクリックする.
  8. さらに次の画面で「Install Python 3.xx for all users」を選択し,インストールディレクトリを確認後,「Install」をクリックする.
  9. インストール中に「Disable path length limit」が表示された場合はクリックしてパス長の制限を解除します.
  10. インストール完了後,スタートメニューに「Python 3.10」が追加されていることを確認する.

サイト内の関連ページ

関連する外部ページ

Python の公式ページ: https://www.python.org/

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022),Visual Studio 2022

Build Tools for Visual Studio 2022(ビルドツール for Visual Studio 2022)のインストールは,Visual Studio を使う予定がある場合(よく分からない場合を含む)と,使う予定がない場合(使う予定が無いことが確実な場合)で方法が分かれる.

NVIDIA ドライバ,NVIDIA CUDA ツールキット 11.8,NVIDIA cuDNN 8.6

サイト内の関連ページ

Windows での Build Tools for Visual Studio 2022NVIDIA ドライバNVIDIA CUDA ツールキット 11.8,NVIDIA cuDNN v8.9.7 のインストールと動作確認: 別ページ »で説明している.

関連する外部ページ

PyTorch

  1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行

    コマンドプロンプトを管理者として実行: 別ページ »で説明

  2. PyTorch のページを確認

    PyTorch のページ: https://pytorch.org/index.html

  3. 次のようなコマンドを実行(実行するコマンドは,PyTorch のページの表示されるコマンドを使う).

    次のコマンドを実行することにより, PyTorch 2.3 (NVIDIA CUDA 11.8 用)がインストールされる. 但し,Anaconda3を使いたい場合には別手順になる.

    事前に NVIDIA CUDA のバージョンを確認しておくこと(ここでは,NVIDIA CUDA ツールキット 11.8 が前もってインストール済みであるとする).

    PyTorch で,GPU が動作している場合には,「torch.cuda.is_available()」により,True が表示される.

    python -m pip install -U --ignore-installed pip
    python -m pip uninstall -y torch torchvision torchaudio torchtext xformers
    python -m pip install -U torch torchvision torchaudio numpy --index-url https://download.pytorch.org/whl/cu118
    
    python -c "import torch; print(torch.__version__, torch.cuda.is_available())" 
    

    [image]

    Anaconda3を使いたい場合には, Anaconda プロンプト (Anaconda Prompt)管理者として実行し, 次のコマンドを実行する. (PyTorch と NVIDIA CUDA との連携がうまくいかない可能性があるため,Anaconda3を使わないことも検討して欲しい).

    conda install -y pytorch torchvision torchaudio pytorch-cuda=11.8 cudnn -c pytorch -c nvidia
    py -c "import torch; print(torch.__version__, torch.cuda.is_available())" 
    

    サイト内の関連ページ

    関連する外部ページ

理工学分野のフリーソフトウェア

理工学分野での研究や開発を支援する多様なフリーソフトウェアを紹介する. Dockerはコンテナ技術を,SQLite3はリレーショナルデータベースを,QGISは地理情報システムを提供する. OctaveとRは数値解析や統計分析を,AnacondaはPythonプログラミング環境を, LaTeXは高品質な文書作成を可能にする. さらに,GIMP,Blender,FreeCADは画像編集から3Dモデリングまで,各種のビジュアル作成・編集を支える.そしてKiCadはPCB設計を効率化する.

関連する外部ページ

  • RStudio Desktop
  • Anaconda: データサイエンス,科学技術計算向けのPythonのディストリビューション.
  • LaTeX: 文書作成のための組版システム.
  • GIMP: 画像編集ソフトウェア.写真の加工やグラフィックデザインに役立つ.
  • Blender (3次元コンピュータグラフィックスやアニメーション)

    Blender は,3次元コンピュータグラフィックスのソフトウェア. モデリング,レンダリング,アニメーションなどのさまざまな機能を持つ.

    サイト内の関連ページ

    関連する外部ページ

    Blender の URL: https://www.blender.org

  • FreeCAD: 3D CADモデリングソフトウェア.機械設計やプロトタイピングに役立つ.
  • KiCad: PCB設計ソフトウェア.回路設計や基板設計に役立つ.

    その他,便利な機能をもったフリーソフトウェアの紹介

    サイト内の主な Windows 関連ページ

    WSL2 のインストール,WSL2 上のサブシステムとして Ubuntu 22.04 をインストール

    WSL2

    WSL 2WSL 2 上の Ubuntu 22.04 のインストールにより,プログラミング等で便利な場合がある.

    WSL 2 のインストールにより,Ubuntu,Debian,openSUSE の Linux ディストリビューションを Windows にインストールし,Windows のサブシステムとして動かすことができるようになる.

    WSL のコマンド

    サイト内の関連ページ

    Windows 11 での手順を示す.

    1. 「Windows の機能の有効化または無効化」で,Hyper-V,Linux 用 Windows サブシステム,仮想マシンプラットフォームを有効にする
      1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行

        コマンドプロンプトを管理者として実行: 別ページ »で説明

      2. Windows の更新

        次のコマンドを実行

        powershell -command "Start-Process ms-settings:windowsupdate"
        
      3. Hyper-V,Linux 用 Windows サブシステム,仮想マシンプラットフォームを有効にする.

        次のコマンドを実行

        powershell -command "Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V -All -n"
        powershell -command "Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName HypervisorPlatform -n"
        powershell -command "Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux -n"
        powershell -command "Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName VirtualMachinePlatform -n"
        
      4. その後,Windowsの再起動を行う.

        次のコマンドを実行

        shutdown /r /t 0
        
    2. システムの再起動が終わったら,再び,Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行
    3. Windows Subsubsystem for Linux, 仮想マシンプラットフォームのオプションコンポーネントを有効化する. WSL の既定(デフォルト)のバージョンを 2 に設定する

      次のコマンドを実行

      powershell -command "dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart"
      powershell -command "dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart"
      wsl --set-default-version 2
      
    4. インストール可能な Linux ディストリビューションの確認

      次のコマンドを実行.

      wsl -l --online
      
    5. Ubuntu-22.04 を,Linux サブシステムとしてインストール

      次のコマンドを実行. このときに,ユーザ名とパスワードの設定が求められる.

      このときに設定したパスワードは,sudo コマンドの実行で必要になるので覚えておくこと. パスワードが画面に表示されないのは正常動作である.

      wsl --update
      wsl --install -d Ubuntu-22.04
      
    6. Linux サブシステムの bash シェルの起動.

      次のコマンドを実行.

      wsl
      
    7. bash シェルで確認のため,次のコマンドを実行.このとき,先ほど設定したパスワードを入れる
      sudo ls
      
       
    8. ダウンロード元が海外 (Ubuntu本家やfr) になっている場合,日本に設定.OSのシステム更新.C/C++ コンパイラ,Python 3 ヘッダファイル・ライブラリ,エディタ nodepadqq 等のインストール.
      sudo sed -i 's/\/\/archive.ubuntu.com/\/\/jp.archive.ubuntu.com/g' /etc/apt/sources.list
      sudo sed -i 's/\/\/us.archive.ubuntu.com/\/\/jp.archive.ubuntu.com/g' /etc/apt/sources.list
      sudo sed -i 's/\/\/fr.archive.ubuntu.com/\/\/jp.archive.ubuntu.com/g' /etc/apt/sources.list
      sudo apt -y update
      sudo apt -yV upgrade
      sudo apt -yV dist-upgrade
      sudo apt -y install build-essential python3-dev python3-pip notepadqq
      exit
      

    Microsoft PC Manager のインストール,Microsoft Sysinternalsツールのダウンロードと設定

    Microsoft PC Manager

    Microsoft PC Manager の公式ページ  https://pcmanager.microsoft.com/ja-jp を開き,「Download」をクリックしてダウンロード. Microsoft PC Manager をインストールしたら,「Launch Now」をクリックして実行.

    Microsoft Sysinternalsツール

    WindowsMicrosoft Sysinternalsツールは,マイクロソフトが提供する一連のシステムツールのセットである.

    WindowsMicrosoft Sysinternalsツールの公式ページ: https://docs.microsoft.com/sysinternals/

    その中の,特に便利なツールには,次のようなものがある.

    Microsoft Sysinternalsツールをダウンロードしてパスを通す手順

    次を実行することにより,Microsoftの「Sysinternals」公式ページからツールをダウンロードし, c:\SysinternalSuite に展開し,パスを通すことができる. WindowsMicrosoft Sysinternalsツールの利用条件については,利用者自身で確認してください.

    1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行

      コマンドプロンプトを管理者として実行: 別ページ »で説明

    2. 次のコマンドを実行
      cd %HOMEPATH%
      curl -O https://download.sysinternals.com/files/SysinternalsSuite.zip
      mkdir c:\SysinternalSuite
      powershell -command "Expand-Archive -Path SysinternalsSuite.zip" c:\SysinternalSuite
      powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";c:\SysinternalSuite"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"