トップページ -> プログラミング -> JavaScript による Web プログラミング -> Android に sl4a をインストールしてみる
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Android に sl4a をインストールしてみる

この Web ページで行うこと


sj4j のダウンロードとインストール

  1. Web ブラウザを開く
  2. android-scriptig の Web ページを開く

    http://code.google.com/p/android-scripting/

    [image]
  3. バーコードをクリックするとダウンロードが始まる

    [image]
  4. メニューで、ダウンロード(Downloads) を選ぶ

    ◆ Nexus 7 の場合の実行手順例

    [image]
  5. ダウンロードしたファイルがあるので、実行する

    [image]
  6. 次へ (Next)

    [image]
  7. 次へ (Next)

    [image]
  8. 次へ (Next)

    [image]
  9. インストール (Install)

    [image]
  10. インストールが始まる

    [image]
  11. インストール終了の確認

    [image]

sj4j で各種インタプリタのインストール

  1. SL4A を選ぶ (sl4a の起動)

    [image]
  2. (初回起動時)利用情報の収集に同意

    [image]
  3. sj4a のメニューを呼び出す

    [image]
  4. View を選ぶ

    [image]
  5. Interpreters を選ぶ

    [image]
  6. インタプリタ画面の状態で、メニューを呼び出す

    [image]
  7. Add を選ぶ

    [image]
  8. BeanShell 2.0b4, JRuby, Rhino 1.7R2 などの中から、使いたいインタプリタを選ぶ

    インタプリタがダウンロードが始まる

    [image]
  9. メニューで、ダウンロード(Downloads) を選ぶ

    ◆ Nexus 7 の場合の実行手順例

    [image]
  10. インストールしたいファイルを選ぶ

    [image]
  11. 画面の指示に従ってインストールする

    [image]

    [image]
  12. 「App installed.」のように表示されたら 「Open」をクリックする

    [image]
  13. install」をクリックする

    [image]

Rhino 1.7R2 を使ってみる

  1. SL4A を選ぶ (sl4a の起動)

    [image]
  2. hello_world.js を選ぶ

    ※ 表示されていないときは、インストールがうまくいっていない.

    [image]
  3. 編集アイコンを選ぶと、編集用の画面が開く

    [image]

    [image]
    load("/sdcard/googlecode.rhinoforandroid/extras/rhino/android.js");
    var droid = new Android();
    droid.makeToast("Hello, Android!"); 
    
  4. テスト実行してみる

    [image]

    [image]

BeanShell 2.0b4 を使ってみる

  1. SL4A を選ぶ (sl4a の起動)

    [image]
  2. hello_world.bsh を選ぶ

    ※ 表示されていないときは、インストールがうまくいっていない.

    [image]
  3. 編集アイコンを選ぶと、編集用の画面が開く

    [image]

    [image]
    load("/sdcard/googlecode.bshforandroid/extras/rhino/android.bsh");
    droid = Android();
    droid.call("makeToast", "Hello, Android!"); 
    
  4. テスト実行してみる

    [image]

    [image]

JRuby を使ってみる

  1. SL4A を選ぶ (sl4a の起動)

    [image]
  2. hello_world.rb を選ぶ

    ※ 表示されていないときは、インストールがうまくいっていない.

    [image]
  3. 編集アイコンを選ぶと、編集用の画面が開く

    [image]

    [image]
    droid = Android.new
    droid.makeToast "Hello, Android!"
    puts "Hello, Android!" 
    
  4. テスト実行してみる

    [image]

    [image]
`

(オプション)アンドロイド・デバッグ・モニタを使って、スクリプトのディレクトリを確認する

まず、アンドロイド・デバッグ・モニタを起動する.

monitor 

[image]

スクリプトのディレクトリを見つけるとき、まず、/sdcard や /mnt/sdcard を確認する。 たいてい、これらはシンボリックリンクになっているので、シンボリックリンクの先をたどりつづける。 そうすると、 sl4a/scripts のような名前のディレクトリが見つかる.

※ 下の実行例では、スクリプトは /mnt/sdcard/sl4a/scripts の下に置かれることが確認できる

[image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]