トップページ -> インストール,設定,利用 -> Linux のインストール -> Peppermint 10のインストール
[サイトマップへ]

Peppermint 10 のインストール

この Web ページでは,Peppermint 10のインストール手順を図解などで説明する

先人に感謝.

DistroWatch の Webページ: https://distrowatch.com/table.php?distribution=peppermint


準備

システム設定項目(事前に決めておく事項/調べておく事項)

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
OS の種類 文字列 peppermint
Linux カーネルの種類 文字列 amd64 (64ビット)
マシン名(コンピュータの名前) 文字列 pepermint
ドメイン名(インターネットのドメイン) 文字列 kunihikokaneko.com
ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か ブール値 true または false ※ 1)
IP アドレスIP アドレス
ネットマスク文字列
ブロードキャストアドレス文字列
デフォルトルータ(ゲートウエイ)IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
DNS サーバ(ネームサーバ)IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
初期ユーザのフルネーム 文字列 kunihiko kaneko
初期ユーザのユーザ名 文字列 kaneko
初期ユーザのユーザ ID 正の整数 8010
初期ユーザのパスワード 文字列 <秘密の文字列>
特権ユーザのパスワード (root のパスワード) 文字列 <秘密の文字列>
ロケール 文字列 ja_JP.UTF-8 または C
タイムゾーン 文字列 Asia/Tokyo
システムコンソールのキーマップ 文字列 Japan / Japan または 英語(US) / 英語(US)

1) ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か

上記に書いた設定は、間違って入力した場合でも、あとで、修正できるので、あまり悩まないように。


Peppermint バージョン 10 のダウンロード

  1. Peppermint の Web ページを開く

    http://peppermintos.com/

  2. DOWNLOAD 64 BIT」 を選ぶ

    [image]
  3. ダウンロードの種類を選ぶ

    [image]
  4. ダウンロードの開始

    ISO 形式のファイルのダウンロードが始まる

    [image]


インストール

  1. DVD (あるいはISO イメージファイル)を使って起動

    ※ ダウンロードした .iso イメージファイルを DVD に焼くか, rufus などを使って起動可能な USB メモリを作る.

  2. 「Try Peppermint OS Live」を選ぶ

    [image]
  3. 起動したら端末を開く

    ※ 右クリックメニューが便利

    [image]
  4. 日本語のフォントなどをインストールしたいので,端末で次のコマンド実行

    イントールプログラムで日本語を表示できるようにしたい。

    sudo apt update
    sudo apt -yV install language-pack-ja
    sudo apt -yV install $(check-language-support)
    
  5. 終了時にエラーメッセージが出ていないことを確認する

    [image]
  6. 端末を閉じる

    [image]
  7. デスクトップの「Install Peppermint 10」をダブルクリックして実行

    [image]
  8. ようこそ画面

    日本語」を選ぶ

    [image]
  9. キーボードレイアウト

    キーボードを選び, 「進む」をクリック

    ■ キーボードでレイアウトを日本語(Japan) / 日本語(Japan) にしたい場合の実行例

    [image]

    ■ キーボードでレイアウトを英語(US) / 英語(US) にしたい場合の実行例

    [image]
  10. Peppermint のインストール準備

    「通常のインストール」か「最小インストール」かを選ぶ

    サードパーティ製のソフトウエアについては、前もってライセンス条項をよく理解しておくこと. 「チェック」する箇所がありますが,納得できる場合に限り「チェック」する.

    ※ 友人の代理でインストールしているなど,再配布を予定している場合には,「サードパーティ製ソフトウェア」のチェックを避けるのが良いでしょう.

    続ける」をクリック

    [image]
  11. ディスク領域の割り当て

    ふつうは,「ディスクを削除してPeppermintをインストール」を選び 「インストール」をクリック

    ■ 当然ですが、選んだディスクのファイルは全て「削除」される

    [image]
  12. ディスクに変更を書き込みますか?」の確認

    [image]
  13. どこに住んでいますか?

    タイムゾーンとして「Tokyo」を選び, 「進む」をクリック

    [image]
  14. あなたの情報を入力してください

    あなたの名前」(初期ユーザのフルネーム)と, ホストの完全修飾名 (=「コンピュータの名前」(ホスト名)と 「ドメイン名」をつなげたもの), 「ユーザ名」(初期ユーザのユーザ名)と, 「パスワード」(初期ユーザのパスワード)を設定し, 「進む」をクリック

    [image]
  15. インストールが始まる

    数分待つ.

    [image]
  16. 再起動を始めたいので「今すぐ再起動する」をクリック

    [image]
  17. 再起動が始まるので確認する

    「press ENTER」と表示されたときは「Enter キー」を押す.

    ※ 手動で再起動しないといけない場合もあるようです

  18. ログイン画面が現れる

    これで,インストールは終了

    [image]
  19. 試しにログインしてみると次のような画面が現れる

    [image]
  20. 端末を開くには,デスクトップの右クリックメニューが便利

    [image]
  21. アプリのメニューには左下

    [image]

システム設定

ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か,ホスト IP アドレス,ネットマスク,デフォルトルータ(ゲートウエイ),DNS サーバ(ネームサーバ)の設定

  1. ネットワーク・ツールを起動する

    ネットワークのアイコン」をクリックし, → 「「接続を編集する」を選ぶ.

    [image]
  2. ネットワークの一覧(有線、無線)が表示されるので,設定したいネットワークを選び、設定ボタンをクリック

    [image]
  3. IPv4 設定」をクリック

    [image]

    ■ ネットワークアドレスを DHCP にしたい場合

    自動 (DHCP)」を選び, 「保存」をクリック.

    [image]

    ■ ネットワークアドレスを固定 IP アドレスにしたい場合

    手動」を選び, ホスト IP アドレス, ネットマスク, デフォルトルータ(ゲートウエイ), DNS サーバ(ネームサーバ) を設定する.

    [image]

(オプション)特権ユーザのパスワード (root のパスワード) を設定したい場合

端末を開き、「sudo su -」を実行し,「passwd」を実行して, 特権ユーザのパスワードを設定する(同じパスワードを2回入力する).

※ 端末は,右クリックメニューで簡単に開くことができる

※ このとき,初期ユーザのパスワードを聞いてきたら入力する.

sudo su -

[image]

passwd
(特権ユーザのパスワードを入力)
(再度同じパスワードを入力)

[image]

新しいパスワードを設定したら,「exit」を実行し,初期ユーザに戻る

exit

[image]

(オプション)初期ユーザのユーザ ID を設定したい場合

今度は,初期ユーザのユーザ IDを変更したい.

  1. まず,特権ユーザ (root) になる

    sudo -i
    

    [image]
  2. chown の実行

    ホームディレクトリ(ここでは /home/kaneko)にある全てのファイルのオーナを, 変更後の初期ユーザのユーザ ID(ここでは「8010」)に変更したいので, chown コマンドを実行する.

    cd /home/kaneko
    chown -R 8010 .
    

    [image]
  3. 次に「vipw」を実行する.

    vipw
    

    [image]
  4. 初期ユーザのユーザ名の行の第3列にある 「初期ユーザのユーザ ID」を設定する.

    [image]

    本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]