トップページ -> コンピュータ -> Linux -> Ubuntu 等の ISO イメージ・ファイルからライブ USB メモリの作成 (Windows 上で動く Live USB Creator を使用)
[サイトマップへ]  

Ubuntu 等の ISO イメージ・ファイルからライブ USB メモリの作成 (Windows 上で動く Live USB Creator を使用)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

◆ Linux のライブ USB メモリの作成について説明する. Live USB Creator を使用します.このソフトウエアは Windows で動きます. Ubuntu, Fedora, Debian, OpenSUSE, ArchLinux, Damn Small Linux, Puppy Linux など,数多くの Linux のライブ USB メモリを作ることができるソフトウエアです.

ライブ USB メモリをパソコンに挿入し,パソコンを起動すると Linux がライブ起動できるようになります(ハードディスクにインストールしなくても動く).

※ USBメモリから起動するように BIOS で設定しておくこと.

Live USB Creator で作成したライブ USB メモリでライブ起動するとき, ファイルの変更はリブート時に消える(Live モード)ようにもできますし, USB メモリに記録する(Persistent モード)こともできます.

◆ ライブ USB メモリを使って,内蔵のディスクに Linux をインストールすることもできます.

◆ Linux Live USB Creator には、ポータブル版 VirtualBox が付属していて,Windows の VirtualBox 上で動く仮想マシンとして動作させることも簡単にできます.

ポータブル 版 VirtualBox の機能を使うときは,.data/VirtualBox/Machines/<マシン名>/<マシン名>.xml 内に記述されたメモリサイズを、エディタ等で調整すること.小さすぎて起動できない(エラーメッセージも出ない)場合がある.

※ Fedoraを使いたい場合には、 https://fedorahosted.org/liveusb-creator/ の使用も検討できます


Live USB Creator のダウンロードとインストール

  1. ダウンロード

    http://www.linuxliveusb.com

  2. ダウンロードしたファイルを実行する.


ライブ USB の作成

  1. 前準備

    十分な容量を持った USB メモリ (FAT でフォーマットしておくこと)を準備しておく. USB メモリ内のデータは全て消えるので,必要なデータがあれば必ず移しておくこと.

  2. Windows でLive USB Creator を起動

  3. 設定ライブ USB メモリの作成
    1. STEP 1: USB メモリの選択

      USB メモリ(USB メモリのドライブ名)を選ぶ

    2. STEP 2: ソースの選択

      • 手元に ISO イメージファイルがある場合 → ISO/IMG/ZIP
      • 手元に CD あるいは DVD ディスクがある場合 → CD
      • ダウンロードしたい場合 → ダウンロード

    3. ソースの選択後、オペレーティングシステムが自動認識されるので待つ

      OS の種類は自動設定されるので、それにまかせるのが基本.

      自前で ISO イメージファイルを作った場合、 うまく OS の種類が認識できないことがある.次の手順を踏む

      1. オプション (Optiion)」でオペレーティングシステムを選ぶ.

      2. Live USB Creator を終了し、もう1度起動

      3. 再び、「STEP 1: USB メモリの選択」と STEP 2: ソースの選択」を行う.今度は選択できる

        ※ どうしても自動で識別させたい場合、 ISO イメージファイルを使う場合, ISO イメージファイル名に「ubuntu」のような単語を含めておくと、うまくいくかも知れない(未確認)

    4. STEP 3: 保存領域の設定

      保存領域のサイズをスライダを動かして設定

      ※ ISO ファイルを自前で作った(つまり、システムのリミックスを自前で行ったなどの)場合,「ライブモード (Live Mode)」しか選べない(つまり、保存領域である persistent 領域を作れない)ことがある.

    5. STEP 4: オプション

      デフォルトのままでいいでしょう.

    6. STEP 5: 作成開始

      「雷アイコン」をクリック

これでライブ USB メモリが出来ました

USB メモリ内の syslinux/syslinux.cfg を確認しておく

次のようになっている(Linuxの種類のよって中身が変わるはず)


ライブ USB メモリを使い、Windows の Oracle VM VirtualBox 上で動く仮想マシンを起動してみる

ライブ USB メモリの使用法は簡単(パソコンの BIOS で、USBメモリからの起動ができるようにする) です. ライブ USB メモリがうまく作成できたかを 手軽に試したい ときには, 仮想マシンを使うのが便利でしょう。

<事前準備>

自前で, Ubuntu (Ubuntu 12.04 など) の remastersys を使って,ISO イメージファイルを作り, Live USB Creator を使って,ライブ USB メモリを作った場合.

  1. (オプション)Oracle VM VirtualBox での設定

    「起動しない」と思ったとき,設定しなおすと起動できる場合がある

    ◆ 設定例:ここでは,以下のように設定する手順を説明する.

    4GB を越えるマシンに Ubuntu 32 ビット版をインストールすると,PAE 付きのカーネルが自動的にインストールされる. なので,できた ISO イメージファイルも PAE 付きのカーネルが含まれています.

    1. USB メモリ内の VirtualBox\VirtualBox.exe を起動

    2. 設定したいので「設定 」をクリック

    3. オペレーティングシステムのバージョンの設定

      Ubuntu」に設定

    4. プロセッサの設定

      PAE/NX を有効化」に設定

    5. メモリ量の設定:1000メガバイトくらいに増やしておく

    6. VirtualBox.exe の終了

  2. USB メモリ内の VirtualBox\Virtualize_This_Key.exe を起動

  3. Oracle VM VirtualBox が起動する

    キーボードの自動キャプチャ機能についての説明が現れる場合がある.

  4. 表示の確認

  5. 今度は「Live」を選ぶ

    しばらく待つ(起動に時間がかかる).

  6. Linux が起動した

    ここでは GNOME のログイン画面

◆ 起動しないときの対処の例

起動時に、「textonly」を選んで起動

すると、情報が得られる. 例えば下のように,Oracle VM VirtualBox で「This kernel requires the following features not present on the CPU: pae unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU」と表示されているときは,Oracle VM VirtualBox で「プロセッサの設定を,PAE/NX を有効化」することを忘れていたということが分かる.

起動時に「Could not find kernel image: linux」 のように表示される場合の対処例;

起動時に「Invalid or corrupt kernel image」 のように表示される場合の対処例;

  1. Linux Live USB Creator を起動して、最初からやり直す

  2. オプション」で、Linux の種類を選ぶ