トップページインストール,使い方 -> Ubuntu, WSL2Ubuntu で日本語インプット・メソッドの設定

Ubuntu で日本語インプット・メソッドの設定

  1. 言語サポートのインストール
    sudo apt -y update
    sudo apt -y install language-selector-common
    sudo apt -y install $(check-language-support)
    

    [image]
  2. .pam_environment の LANG の値を「ja_JP.UTF-8」に設定

    ファイル .pam_environment が無いときは,この手順はスキップする

    ※ sed で複数行の中から、パターンにマッチする部分を、所定の文字列で置き換え。最初の「//」で行の条件をつけたあとで、置換。

    if [ -f ~/.pam_environment ]; then
        sed -i "/LANG=/s/LANG=.*/LANG=ja_JP.UTF-8/g" ~/.pam_environment
        sed -i "/LANGUAGE=/s/LANGUAGE=.*/LANGUAGE=ja:en_US:en/g" ~/.pam_environment
    fi
    
  3. fcitx-mozc のインストール
    sudo apt -y update
    sudo apt -y install fcitx-mozc
    

    [image]
  4. fcitx-mozc のインストールが成功したら、不要なインプットメソッドの削除
    sudo apt -y update
    sudo apt -y install zenity
    im-config -l
    sudo apt remove -y ibus-mozc
    sudo apt remove -y ibus-table
    sudo apt remove -y ibus-gtk
    sudo apt remove -y ibus-gtk3
    

    [image]

    ※ 現在インストールされているインプットメソッドは、「im-config -l」で確認できる

    [image]
  5. im-config -n fcitx を実行して、fcitx を使用するように設定
    im-config -n fcitx
    

    [image]
  6. システムを再起動
    sudo shutdown -r now
    
  7. fcitx の設定

    ※ あわせて、fcitx-configtool mozc を実行して、fcitx を使用するように設定されているかを確認.一番上が「キーボード:○○」、二番目が「Mozc」になっていれば OK。

    im-config
    sudo apt -y install fcitx-config-gtk
    sed -i "/EnabledIMList/s/mozc:False/mozc:True/g" ~/.config/fcitx/profile
    fcitx-configtool mozc
    
  8. CTRL + スペースキー(同時押し)で日本語入力モードに切り替わることを確認

    [image]