トップページインストール,使い方 -> Ubuntu, WSL2remastersys を用いたリマスタ(Ubuntu 上)

remastersys を用いたリマスタ(Ubuntu 上)

リマスタ作業

操作手順

  1. サイズの確認

    およそ 10G バイトくらいならば、圧縮され 4G バイトに収まります.

    df
    

    [image]
  2. (オプション) 起動時のメニューに関する設定
  3.  /usr/bin/remastersys で 「cp `find /usr -name ubiquity*.desktop` ...」の行をコメント化
  4.  /etc/remastersys/isolinux/isolinux.cfg.vesamenu を編集

    ◆ 設定例  ※ このように設定する必要はない.好みに応じて設定するということ.

    [image]

    上記のように設定すると,起動画面は,下図のようになる.

    [image]
  5. remastersys コマンドで ISO イメージファイルを作成
    sudo remastersys clean
    sudo remastersys backup
    
  6. その後、数十分待つ./home/remastersys/remastersys/custombackup.iso ファイルができる.

    [image]
  7. (オプション)起動チェック

    DVD に焼くとか、ライブ USB メモリを作って起動チェックをしてもいいですが、ここでは手軽に、qemu を使うことにします.

    ※ ISO イメージファイルがうまく作成出来たかのテストを兼ねます.

    cd /tmp
    qemu-img create -f qcow2 qimo.img 80G
    # 32 ビット Linux の場合
    qemu-system-i386 -hda qimo.img -cdrom /home/remastersys/remastersys/custombackup.iso -boot d -m 1024 --enable-kvm -usb
    # 64 ビット Linux の場合
    qemu-system-x86_64 -hda qimo.img -cdrom /home/remastersys/remastersys/custombackup.iso -boot d -m 1024 --enable-kvm -usb
    
  8. (オプション)保存したいのでファイル名を変えておく
    cd /home/remastersys/remastersys/
    sudo mv custombackup.iso remastersys_ubuntu-11.04-desktop-i386customized.iso
    

    ※ ファイル名は何でもよいが分かりやすい名前に

出来た USB メモリの調整

.Xresources の設定例

https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Application/EmacsJapaneseSetup

http://old.ubuntulinux.jp/wiki/Emacs/

.Xresources の設定例

Emacs.geometry: 80x30
Emacs*bitmapIcon: on

!! デフォルトのフォント設定
!! Vine Linux 2.5 以降では .emacs-faces.el で設定
Emacs*fontsize: 14
! デフォルトのフォント、メニューバー/メニューのフォント
! Emacs20 ではメニューバーのフォント設定は必要
Emacs*font: -*-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-*-*
!Emacs*font: -kochi-gothic-medium-r-normal-*-17-120-100-100-c-*-iso10646-1
!Emacs*font: -misc-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-iso10646-1
Emacs*menubar*font: -*-*-bold-r-normal--12-*-*-*-*-*-*-*
Emacs*menu*fontSet: -*-*-medium-r-normal--12-*-*-*-*-*-*-*
Emacs*menubar*fontSet: -*-*-bold-r-normal--12-*-*-*-*-*-*-*

! スクロールバーの幅
Emacs*scrollBarWidth: 14
! メニューバーの影の厚み
Emacs*menubar*shadowThickness: 1
! メニューバーのマージン
Emacs*menubar*margin: 0
! 行間隔をポイントで指定
Emacs*lineSpace: 2
!
Emacs*XlwMenu*margin: 0
Emacs*internalBorder: 0
Emacs*internalBorderWidth: 0

.emacs の設定例

※ /usr/share/emacs/site-lisp のファイルを書き換えることにしてもよいでしょう.

.emacs の設定例

 (set-language-environment "Japanese")
; Anthy 用の設定例
(push "/usr/share/emacs/site-lisp/anthy" load-path)
(load-library "anthy")
(setq default-input-method "japanese-anthy")
; (set-input-method 'japanese-egg-anthy)
  • emacs23 (gtk) の起動チェック

    emacs を起動し,エラーが出ないことを確認する.