トップページインストール,使い方日本郵政の「郵便番号データ」を SQLite 3 で使う郵便番号テーブルを3つのテーブルに分解

郵便番号テーブル ken_all を 3つテーブル zips, kens, shichosons に分解(Ubuntu 上)

このページでは,日本郵政「ゆうびんホームページ」で公開されている 2つの郵便番号データのCSV(カンマ区切り値)形式ファイル

  1. 住所の郵便番号(CSV形式)(ken_all.csv)
  2. 事業所の個別郵便番号(CSV形式)(JIGYOSYO.CSV)

には,

隠された冗長性があります(つまり「第三正規形」でないため,更新不整合の問題があります). そこで,次の手順で,郵便番号データを3つのテーブルに分解し,冗長性を取り除くことにします.

前準備

使用するソフトウェア

あらかじめ決めておく事項

このページでは,SQLite 3 データベースの生成を行う. 生成するSQLite 3 データベースのデータベース名を決めておくこと. このページでは,次のように書く.

テーブルの準備

「郵便番号 CSV データを SQLite 3 にインポート(SQLite 3 を使用)」の Web ページの記述に従って,郵便番号テーブル ken_all の作成が済んでいること.

郵便番号テーブル ken_all を 3 つのテーブル zips, kens, shichosons に分解

SQL のプログラムを書いて, 郵便番号テーブル ken_all3つのテーブルに分解します

  1. 郵便番号 ・・・ zips テーブル
  2.  ・・・ kens テーブル
  3. 市町村 ・・・ shichosons テーブル

郵便番号辞書では、「町域」というものが登場するのですが、 「町域」に対応するテーブルは作りません.これは、 「町域」のテーブルを作ったとして、「キー」が無い(正確には,全属性を集めないとキーにならない)という理由です. 「町域」には、同じ漢字でよみかたの違うものがあります(例えば、「上川」で「かみがわ」、「かみかわ」のように)ので、「キー」がありません。

zips, kens, shichosons のテーブル定義

bash プログラム

#!/bin/bash

cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL

create table kens (
    id        INTEGER PRIMARY KEY autoincrement not null,
    ken_kanji TEXT UNIQUE not null,
    ken_kana  TEXT UNIQUE not null );

create table shichosons (
    jiscode         INTEGER PRIMARY KEY not null CHECK (jiscode >= 1000 AND jiscode <= 50000),
    ken_kanji       TEXT not null,
    shichoson_kanji TEXT not null,
    shichoson_kana  TEXT );

create table zips (
    id           INTEGER PRIMARY KEY autoincrement not null,
    zipcode      INTEGER not null,
    zip_old      INTEGER not null,
    jiscode      INTEGER not null REFERENCES shichosons(jiscode),
    choiki_kanji TEXTL,
    choiki_kana  text,
    flag10       TEXT    not null,
    flag11       INTEGER not null CHECK ( flag11 >= 0 AND flag11 <= 1 ),
    flag12       INTEGER not null CHECK ( flag12 >= 0 AND flag12 <= 3 ),
    flag13       INTEGER not null CHECK ( flag13 >= 0 AND flag13 <= 1 ),
    info14       integer, 
    info15       INTEGER
); 
SQL
cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/zipdb

zips, kens, shichosons テーブルの作成 (populate)

bash プログラム

#!/bin/bash

# dump /tmp/ken_all.sql from mydb01
cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL
.output /tmp/ken_all.sql
.dump ken_all
.exit
SQL
#
cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/mydb01

# load the dump result into zipdb
cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL
.read /tmp/ken_all.sql
.exit
SQL
#
cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/zipdb

#
cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL

insert into kens(ken_kanji, ken_kana)
    select distinct ken_kanji, ken_kana
    from ken_all;

insert into shichosons (jiscode, ken_kanji, shichoson_kanji, shichoson_kana)
    select distinct jiscode, ken_kanji, shichoson_kanji, shichoson_kana
    from ken_all;

insert into zips(zipcode, zip_old,
           jiscode, choiki_kanji, choiki_kana,
          flag10, flag11, flag12, flag13, info14, info15)
    select zipcode, zip_old,
           jiscode, choiki_kanji, choiki_kana,
          flag10, flag11, flag12, flag13, info14, info15
    from ken_all;

vacuum; 
SQL
cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/zipdb

[image]

【各テーブルの中身の先頭部分】

#!/bin/bash

cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL
select * from kens limit 3; 
select * from shichosons limit 3; 
select * from zips limit 3; 
SQL

cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/zipdb

[image]
  • (オプション) 再構成

    bash プログラム

    #!/bin/bash
    
    cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL
    .output /tmp/kens.sql
    .dump kens
    .exit
    SQL
    #
    cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/zipdb
    
    cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL
    .output /tmp/zips.sql
    .dump zips
    .exit
    SQL
    #
    cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/zipdb
    
    cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL
    .output /tmp/shichosons.sql
    .dump shichosons
    .exit
    SQL
    #
    cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/zipdb
    
    #
    rm -f /tmp/zipdb 
    
    # load the dump result into zipdb
    cat >/tmp/a.$$.sql <<-SQL
    .read /tmp/kens.sql
    .read /tmp/zips.sql
    .read /tmp/shichosons.sql
    vacuum; 
    .exit
    SQL
    #
    cat /tmp/a.$$.sql | sqlite3 /tmp/zipdb