トップページ -> 実践知識 -> 人体の姿勢推定、キーポイント抽出 -> Windows で OpenPose を使ってみる
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Windows で OpenPose を使ってみる

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

ユースケース:Windowsパソコンで、OpenPoseの機能を試してみたい

OpenPose は、人体、顔、手、足の「キーポイント」を検出するソフトウエア。 多数のカメラを配置して、3次元のキーポイントを得る機能もある

OpenPose の利用条件などは、利用者が確認すること。次のWeb ページを活用してください

https://flintbox.com/public/project/47343/

サイト内の関連Webページ

謝辞:このWebページで紹介する OpenPose ソフトウエアの作者に感謝します

前準備

7zip のインストール

(オプション)NVIDIA グラフィックスカード・ドライバ, NVIDIA CUDA ツールキットのインストール

CUDA と連携させたいときは、前もって、 NVIDIA グラフィックスカード・ドライバ, NVIDIA CUDA ツールキットをインストールしておく.

OpenPose のインストール

Windows での OpenPose のインストール手順は,別のページで説明している.


OpenPose を使ってみる

Windows のコマンドプロンプトを使う

ビデオカメラ

USB接続できるビデオカメラを準備し,パソコンに接続しておく.

GPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-gpu-python-flir-3d_recommended
bin\OpenPoseDemo.exe

CPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-only_cpu-python-flir-3d
bin\OpenPoseDemo.exe

付属のビデオファイルを使用

GPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-gpu-python-flir-3d_recommended
bin\OpenPoseDemo.exe --video examples\media\video.avi

CPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-only_cpu-python-flir-3d
bin\OpenPoseDemo.exe --video examples\media\video.avi

付属の画像ファイル

GPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-gpu-python-flir-3d_recommended
bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media

CPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-only_cpu-python-flir-3d
bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media

オプションの確認

GPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-gpu-python-flir-3d_recommended
bin\OpenPoseDemo.exe --help

CPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-only_cpu-python-flir-3d
bin\OpenPoseDemo.exe --help


(以下省略)

--face, --hand オプションを試してみる

顔と手の情報も得られる

参考 Web ページ: https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose/blob/master/doc/quick_start.md#quick-start

GPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-gpu-python-flir-3d_recommended
bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media -face --hand

CPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-only_cpu-python-flir-3d
bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media -face --hand

--write_json オプションを試してみる

※ 末尾の「.」(半角ピリオド』はディレクトリの指定

GPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-gpu-python-flir-3d_recommended
bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media --write_json .

.json ファイルができていることがわかる

dir /w

CPU 版を使う場合:

cd C:\openpose-1.5.0-binaries-win64-only_cpu-python-flir-3d
bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media --write_json .

.json ファイルができていることがわかる

dir /w