トップページ -> プログラミング -> R システム -> 経時観測データの縦長形式と横長形式(書きかけ)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

経時観測データの縦長形式と横長形式(書きかけ)

■ 経時 (longitudial) 観測データ

時間に依存する (time-varing) データを含む観測データのこと.

■ 形式

下記の3種類のデータを含む経時 (longitudial) 観測データの表示形式には, 横長形式 (wide style) と縦長形式 (long style) がある.

■ 縦長形式 (long style)

縦長形式 (long style) の例は下記の通り.

subject time  conc
1       0.25  1
1       0.50  2
1       0.75  3
2       0.25  4
2       0.50  5
2       0.75  6
3       0.25  7
3       0.50  8
3       0.75  9
4       0.25  10
4       0.50  11
4       0.75  12

[image]

■ 横長形式 (wide direction)

横長形式 (wide direction) の例は下記の通り.

subject\time  0.25 0.50 0.75
1             1    2    3
2             4    5    6
3             7    8    9
4             10   11   12

■ rep(1:4, rep(2,4))

■ 縦長形式 (long style) から横長形式 (wide direction) への変換

wx <- reshape(lx, v.name="conc", idvar = "subject", timevar = "time", direction = "wide" )

[image]

■ 縦長形式 (long style) から横長形式 (wide direction) への変換

lx <- reshape(wx, direction = "long");

[image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]