トップページ -> プログラミング -> Ruby による Web/データベース・プログラミング -> Sinatra をインストールし,使ってみる
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Sinatra をインストールし,使ってみる

Sinatra をインストールし,使ってみる<。Sinatra のインストールは簡単です

In this Web pager, installing and using Sinatra is explained.


Sinatra をインストールし,使ってみる (Install Sinatra and try to use it)

◆ インストール (Install)

  1. ruby, rubygesm, sinatra のインストール (Install ruby, rubygems and sinatra)

    ◆ Ubuntu での実行手順例 (Instal Sinattra on Ubuntu)

    sudo apt-get install ruby
    sudo apt-get install ruby-dev
    sudo apt-get install rubygems
    sudo gem install sinatra
    

    [image]
  2. erubis, eruby のインストール (Install erubis and eruby)
    sudo apt-get -yV install erubis
    sudo apt-get -yV install erubis-doc
    sudo apt-get -yV install liberubis-ruby
    sudo apt-get -yV install eruby
    

    ◆ テスト実行 (try to use using a simple example)

    Classic スタイルの場合 (In case of "Classic Style" of Sinatra)

    1. ファイル hi.rb を作成 (edit hi.rb)
      require 'rubygems' 
      require 'sinatra'
      
      get '/hi' do
        erubis "Hello World!"
      end
      

      [image]
    2. サーバの起動 (execute a server)
      ruby hi.rb
      

      ◆ Ubuntu での実行手順例 (In case of Ubuntu)

      [image]
    3. Web ブラウザを使って開いてみる (Open a Web page using Web browser)

      http://localhost:4567/hi

      [image]

    ■ Moudlar スタイルの場合

    1. ファイル hi.rb を作成 (edit hi.rb)
      require 'rubygems'
      require 'sinatra/base'
      class MyApp < Sinatra::Base
        get '/hi' do
          erubis "Hello World!"
        end
      end
      MyApp.run! :host => 'localhost', :port => 4567
      

      [image]
    2. 起動
      ruby hi.rb
      

      ◆ Ubuntu での実行手順例

      [image]
    3. Web ブラウザを使って開いてみる

      http://localhost:4567/hi

      [image]

    ◆ 試しに使ってみる (try to use)

    1. redis サーバの起動
      cd /tmp
      redis-server 
      

      [image]
    2. ファイル hello.rb を作成 (edit hello.rb)
      require 'rubygems'
      require 'redis'
      require 'erubis'
      require 'sinatra/base'
      class MyApp < Sinatra::Base
        get '/hoge/new/key=:key&&field=:field&&value=:value' do
          @redis = Redis.new(:host => "127.0.0.1", :port => "6379", :db => "hoge")
          @redis.hset(params[:key], params[:field], params[:value])
        end
        get '/hoge/show' do
          @redis = Redis.new(:host => "127.0.0.1", :port => "6379", :db => "hoge")
          @keys = @redis.keys(glob = "*")
          erb :show
        end
        get '/hoge' do
          @redis = Redis.new(:host => "127.0.0.1", :port => "6379", :db => "hoge")
          @keys = @redis.keys(glob = "*")
          erb :show
        end
      end
      MyApp.run! :host => 'localhost', :port => 4568
      
    3. ファイル views/show.erubis を作成 (edit views/list.erubis)
      <HTML>
      <BODY>
      
      <table>
      <tr>
        <td width="150">key</td>
        <td width="150">field</td>
        <td width="150">value</td>
      </tr>
      
        <% @keys.each do |key| %>
        <%   @fields_and_values = @redis.hgetall(key) %>
        <%   @fields_and_values.each do |field_and_value| %>
      <tr>  
          <td><%= key %></td>
          <td><%= field_and_value[0] %></td>
          <td><%= field_and_value[1] %></td>
      </tr>
      <% end %>
      <% end %>
      </table>
      
      

    本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]

  3. 起動
    ruby hello.rb
    

    ◆ Ubuntu での実行手順例

    [image]
  4. Web ブラウザを使って開いてみる

    http://localhost:4568/hoge/new/key=T:2&&field=x&&value=101

    [image]

    次に http://localhost:/hoge/show

    [image]

Sinatra を使ってみる

ここで行うこと

ここで行うルーティングは下の通り。

REST URL without REST 処理
GET /hoge GET /hoge/show 「... => index」と表示
GET /hoge/new GET /hoge/new 「... => new」と表示
GET /hoge/[id]:edit GET /hoge/edit/[id] 「... => edit ...」と表示
GET /hoge/[id] GET /hoge/show/[id] 「... => show ...」と表示
DELETE /hoge/[id] GET /hoge/destroy/[id] 「... => destroy ...」と表示
PUT /hoge/[id] POST /hoge/update/[id] 「... => update ...」と表示
POST /hoge POST /hoge/create 「... => create ...」と表示

◆ ルーティング(テンプレート無し,レイアウト無し)の例

  1. 次のファイルを作り、hi.rb のようなファイル名で保存する (edit "hi.rb")

    HTML エスケープのためのメソッドとして hを定義している。

    require 'rubygems'
    require 'sinatra/base'
    require 'erubis'
    
    class MyApp < Sinatra::Base
      helpers do
        # define method "h" to escape HTML                                       
        include Rack::Utils; alias_method :h, :escape_html
      end
      get '/hoge' do
        erubis h "GET <</hoge>>       => index"
      end
      get '/hoge/show' do
        erubis h "GET <</hoge/show>>  => index"
      end
      get '/hoge/new' do
        erubis h "GET <</hoge/new>>   => new"
      end
      get %r{^/hoge/([0-9]+):edit$} do
        erubis h "GET <</hoge/#{params[:captures]}>>         => edit #{h params}"
      end
      get %r{^/hoge/edit/([0-9]+)$} do
        erubis h "GET <</hoge/edit/#{params[:captures]}>>    => edit #{h params}"
      end
      get %r{^/hoge/([0-9]+)$} do
        erubis h "GET <</hoge/#{params[:captures]}>>         => show #{h params}"
      end
      get %r{^/hoge/show/([0-9]+)$} do
        erubis h "GET <</hoge/show/#{params[:captures]}>>    => show #{h params}"
      end
      delete %r{^/hoge/([0-9]+)$} do
        erubis h "DELETE <</hoge/#{params[:captures]}>>      => destroy #{h params}"
      end
      get %r{^/hoge/destroy/([0-9]+)$} do
        erubis h "GET <</hoge/destroy/#{params[:captures]}>> => destroy #{h params}"
      end
      put %r{^/hoge/([0-9]+)$} do
        erubis h "PUT <</hoge/#{params[:captures]}>>        => update #{h params}"
      end
      post %r{^/hoge/update/([0-9]+)$} do
        erubis h "POST <</hoge/updte/#{params[:captures]}>> => update #{h params}"
      end
      post '/hoge' do
        erubis h "POST <</hoge>>                            => create #{h params}"
      end
      post '/hoge/create' do
        erubis h "POST <</hoge/create>>                     => create #{h params}"
      end
    end
    MyApp.run! :host => 'localhost', :port => 4567
    

    Sinatra でのルーティングの要点

  2. 起動
    ruby hi.rb
    
  3. Web ブラウザを使って開いてみる

    下のように 「<</hoge/show/123>>:」のように表示される(たしかにHTML エスケープが行われている

◆ ルーティング(テンプレート有り,レイアウト無し)の例

  1. 次のファイルを作り、hi.rb のようなファイル名で保存する (edit "hi.rb")

    , :locals => {:id => "#{params[:captures]}" }」 の部分は,erubis ファイルの中で使いたいローカル変数の設定を行っている.

    require 'rubygems'
    require 'sinatra/base'
    require 'erubis'
    
    class MyApp < Sinatra::Base
      helpers do
        # define method "h" to escape HTML                                       \
                                                                                  
        include Rack::Utils; alias_method :h, :escape_html
      end
      
      get %r{^/hoge/show/([0-9]+)$} do
        erubis :show, {:id => "#{params[:captures]}" }
      end
    end
    MyApp.run! :host => 'localhost', :port => 4567
    
  2. views/show.erubis ファイルの作成

    Sinatra の流儀では、 テンプレート・ファイルは,デフォルトでは,/views ディレクトリ下に置くことになっている。

    テンプレート・ファイルのファイル名には、拡張子「.erubis」を忘れないこと。

    <HTML>
    <BODY>
    <p>
    id = <%= h id %>
    </BODY>
    </HTML>
    
  3. 起動
    ruby hi.rb
    
  4. Web ブラウザから使ってみる

    http://localhost:4567/hoge/show/123

    下のように /views/show.erubis の評価結果が、 「id = 123」のように表示される

    [image]

    ◆ erubis ファイルの中で Ruby のメソッド呼び出し

    〜.erubis ファイルの中で,他の Ruby ファイルを取り込みたい. これは,Ruby ファイルで,クラスや関数を定義しておいて, 〜.erubis ファイルの中で使いたいということです.

    1. 先ほどの「erubis ファイルをビューファイルとして使う」での hi.rb をそのまま使う (use the previout "hi.rb")
    2. hoge.rb の例 (edit views/hoge.rb)

      def f(n)
        2 * n
      end
      
    3. views/show.erubis ファイルの作成

      Sinatra の流儀では、 テンプレート・ファイルは,デフォルトでは,/views ディレクトリ下に置くことになっている。

      拡張子「.erubis」を忘れないこと。

      <HTML>
      <BODY>
      <p>
      <% require 'views/hoge.rb' %>
      <p>
      id = <%= h id %>
      <p>
      f id = <%= f id.to_i %>
      </BODY>
      </HTML>
      
    4. Web ブラウザから使ってみる

      http://localhost:4567/hoge/show/123

      下のように /views/show.erubis の評価結果が 表示される。「f 123 = 246」の部分は、Ruby のメソッドの評価結果を表示している。 これは、erubis ファイルでは「f id = <%= f id.to_i %>」の部分である。

      [image]

      ◆ erubis ファイルの中で JavaScript を使ってみる。

      「erubis ファイル」と言っているのは、HTML の中に erubis のプログラムが埋め込まれたようなものであった。 HTML なので JavaScript を使うことも問題なく行える(Sinatra の側で何かの設定を行うようなことはない)。 念のため試してみる。

      1. 先ほどの「erubis ファイルをビューファイルとして使う」での hi.rb をそのまま使う (use the previout "hi.rb")
      2. views/show.erubis ファイルの作成

        Sinatra の流儀では、 テンプレート・ファイルは,デフォルトでは,/views ディレクトリ下に置くことになっている。

        拡張子「.erubis」を忘れないこと。

        <!DOCTYPE html public "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
        <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
          <head>
            <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; initial-scale=1.0; charset=utf-8" />
            <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
            <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
            <meta http-equiv="MSThemeCompatible" CONTENT="yes" />
        
            <title>Google Maps API sample</title>
        
            <script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false"></script>
            <script type="text/javascript">
              <!--
               google.maps.event.addDomListener(window, 'load', function() {
               var latlng = new google.maps.LatLng(33.104053, 131.78092); 
               var myOptions = {
               zoom: 12,
               center: latlng,
               mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
               scaleControl: true,
               };
               var map = new google.maps.Map(document.getElementById("googlemap"), myOptions);
               });
               // -->
              </script>
            </head>
        
            <body style="width : 500px; height : 400px;">
              <p> 
                id = <%= h id %>
              <p> 
                <div id="googlemap" style="width : 400px; height : 300px;"></div> 
            </body>
        </html>
        
        
      3. Web ブラウザから使ってみる

        http://localhost:4567/hoge/show/123

        下のように /views/show.erubis の評価結果が 表示される。

        [image]

      ◆ erubis ファイルの中で JavaScript を使ってみる。

      「erubis ファイル」と言っているのは、HTML の中に erubis のプログラムが埋め込まれたようなものであった。 HTML なので JavaScript を使うことも問題なく行える(Sinatra の側で何かの設定を行うようなことはない)。 念のため試してみる。

      1. 次のファイルを作り、hi.rb のようなファイル名で保存する (edit "hi.rb")
        require 'rubygems'
        require 'sinatra/base'
        require 'erubis'
        
        class MyApp < Sinatra::Base
          helpers do
            # define method "h" to escape HTML                                       \
                                                                                      
            include Rack::Utils; alias_method :h, :escape_html
          end
          
          get '/hoge/show' do
            erb :show
          end
          get '/hoge/new' do
            erb :new
          end
          post '/hoge/create' do
            erb :create, :locals ='> {:params ='> params }
          end
        end
        MyApp.run! :host ='> 'localhost', :port ='> 4567
        
      2. views/show.erubis ファイルの作成
        <!DOCTYPE html public "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
        <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
          <head>
            <title>show</title>
            </head>
        
            <body>
              <% require 'rubygems' %>
              <% require 'sqlite3' %>
              <% db = SQLite3::Database.new("/home/windowslike/views/mydb") %>
              <% a = db.execute("SELECT * FROM persons;") %>
              <% db.close() %>
              <%= a %>
            </body>
        </html>
        
      3. views/new.erubis ファイルの作成
        <!DOCTYPE html public "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
        <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
          <head>
            <title>new</title>
            </head>
        
            <body>
            <p>Please input your name</p>
            <form action='/hoge/create' method='POST'>
              <p>
              name: 
              <input type='text' name='name'>
              <p>
              commente: 
              <input type='text' name='comment'>
              <p>
              <input type='submit' value='Send'>
            </form>
        
            </body>
        </html>
        
      4. views/create.erubis ファイルの作成
        <!DOCTYPE html public "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
        <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
          <head>
            <title>create</title>
            </head>
        
            <body>
              <p> 
                name = <%= params[:name] %>
              <p> 
                comment = <%= h params[:comment] %>
        
              <% require 'rubygems' %>
              <% require 'sqlite3' %>
              <% db = SQLite3::Database.new("/home/windowslike/views/mydb") %>
              <% db.execute("INSERT INTO persons VALUES ( '#{params[:name]}', '#{params[:comment]}' )") %>
              <% db.close() %>
            </body>
        </html>
        
      5. 起動
        ruby hi.rb
        
      6. Web ブラウザから使ってみる

        http://localhost:4567/hoge/new


      本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

      問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]