トップページ -> インストール,設定,利用 -> chroot,lxcコンテナ,エミュレータ -> コンテナマネージャ lxd のインストールと利用(Ubuntu 上)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

コンテナマネージャ lxd のインストールと利用(Ubuntu 上)


前準備

OS のシステム更新

Ubuntu で OS のシステム更新を行うときは, 端末で,次のコマンドを実行.

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade
sudo /sbin/shutdown -r now

lxd のインストール

  1. lxd のインストール
    sudo apt -yV install lxd btrfs-progs
    

    [image]
  2. lxd の初期設定

    質問に対しては、すべて既定(デフォルト)の設定のままで使ってみることにする

    sudo lxd init
    

    [image]
  3. 初期設定ができたことを確認するために、ストレージプール (storage pool) が default という名前で作成されたかを確認してみる
    sudo lxc storage show default
    

    [image]

インスタンスの作成

  1. インスタンスの作成
    sudo lxc launch ubuntu:18.04 ubuntu1804
    

    [image]
  2. 作成したコンテナの確認
    sudo lxc info ubuntu1804
    

    [image]
  3. 作成したコンテナでシェルを実行してみる
    sudo lxc exec ubuntu1804 bash 
    

    [image]

    シェルを終了したいときは「exit」

    コンテナを終了したいときは「lxc stop ubuntu1804

    コンテナを削除したいときは「lxc delete ubuntu1804


本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]