トップページ -> コンピュータ -> Cygwin, MinGW の活用 -> Windows に wxWidgets をインストール(Windows 上の Cygwin にインストール)
[サイトマップへ], サイト内検索:

Windows に wxWidgets をインストール(Windows 上の Cygwin にインストール)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

wxWidgets とは、 GUI アプリケーションを簡単に書けるようにするための プログラムです.Windows, UNIX, Mac 等で動きます. wxWidgets には, GUI 機能,インラインヘルプ,ネットワークプログラミング,クリップボード, ドラッグアンドドロップ,マルチスレッド,画像のロードとセーブ, データベース,HTML閲覧と印刷等の機能があります.

この Web ページでは,wxWidgets のインストール手順を説明する.

※ Linux での wxWidgets のビルドとインストールについては別のページで説明している.


wxWidgets に同封のデモ(demos/bombs, demos/fractal, demos/life, demos/poem の 4つ)

前準備

前もってインストールしておくべきソフトウエア

  1. Windows に Cygwin をインストールの Web ページ」の記述に従って, Cygwin のインストールが済んでいること. Cygwin のインストール時には,下記のソフトウエアを含めていること.

  2. C:\cygwin\bin\cygwin1.dll を C:\Windows\System32 にコピーしておくこと.

前もって調べておく事項


インストール手順

(オプション)jpegsrc, libpng, libtiff のインストール

jpegsrc, libpng, libtiff は,それぞれ,JPEG, PNG, TIFF 画像に関するライブラリ. Cygwinのセットアッププログラム setup.exe を使って,簡単にインストールできます.

jpegsrc, libpng, libtiff を選ぶ(下図)

(オプション)libmspack のインストール

  1. libmspack の Web ページを開く

    http://www.cabextract.org.uk/libmspack/

  2. ソースコードをダウンロードするために,この Web ページの下の方にある「libmspach 2006-09-20」をクリックする.

  3. ダウンロードが始まる

  4. ダウンロードしたファイルを,Cygwin の /tmp 下に置く.

  5. Cygwin のコンソールを起動

  6. コンパイルとインストール

    Cygwin のコンソールで次の操作を行う.

    tar -xvzof libmspack-0.0.20060920alpha.tar.gz
    cd libmspack-0.0.20060920alpha
    ./configure --build=i686-pc-cygwin
    make
    

wxWidgets のインストール

  1. wxWidget の Web ページを開く

    http://www.wxwidgets.org/

  2. ダウンロード用の Web ページを開くために,「Downloads」をクリックする.

  3. ソースコードをダウンロードするために,「wxAll」をクリックする.

  4. ダウンロードが始まる

  5. ダウンロードしたファイルを,Cygwin の /tmp 下に置く.

  6. Cygwin のコンソールを起動

  7. コンパイルの準備

    Cygwin のコンソールで次の操作を行う.

    tar -xvzof wxWidgets-2.8.9.tar.gz
    cd wxWidgets-2.8.9
    ./configure --build=i686-pc-cygwin --with-msw
    

    -mno-cygwin オプションは付けていない.その必要を感じていないため.

  8. コンパイル

    Cygwin のコンソールで次の操作を行う.

    cd /tmp
    cd wxWidgets-2.8.9
    make -k
    

  9. 動作テスト

    Cygwin のコンソールで次の操作を行う.

    cd samples/minimal
    make
    ./minimal.exe
    

  10. インストール
    make -k install
    cp wx-config /usr/local/bin
    chmod 755 /usr/local/bin/wx-config
    cd /tmp/wxWidgets-2.8.9/include
    tar -cvpf /tmp/a.tar ./wx
    cd /usr/local/include
    tar -xvpf /tmp/a.tar
    

    ※ インストール手順の詳細は,wxWidgets に同梱の INSTALL-MSW.txt を見てください.

  11. C:\Windows\System32 に DLL をコピー

    Cygwin のコンソールで次の操作を行う.

    ※ この操作は,Cygin の C コンパイラ (gcc) でコンパイルしたプログラムを Windows でも動くようにするための操作.

    cd /usr/local/lib
    cp *.dll /cygdrive/c/windows/system32
    cp *.dll.a /cygdrive/c/windows/system32
    

wxWidget に付属の見本


wxWidgets に付属の見本(contrib/samples/mmedia/mmboard.exe, contrib/samples/plot/plot.exe, contrib/samples/stc/stctest.exe, contrib/samples/svg/svgtest.exe)

(参考)サンプルプログラム

参考Webページ: http://www.h3.dion.ne.jp/~k5_n/wxwin/window/window.html

wxWidgets の wxApp, wxFrame, wxMenu, wxMessageBox, wxFileDialogを使用.

// プリコンパイルをサポートするコンパイラーのために
#include "wx/wxprec.h"

// プリコンパイルをサポートしないコンパイラーのために
#ifndef WX_PRECOMP
    #include "wx/wx.h"
#endif

// 新しいアプリケーションの型を定義
class MainApp : public wxApp
{
public:
    // この関数がアプリケーションのスタートポイント。
    virtual bool OnInit();
};

// 新しいアプリケーションオブジェクトを生成
IMPLEMENT_APP(MainApp)


//
// これがメイン関数
//

bool MainApp::OnInit()
{
 
    wxFrame *frame = new myFrame( /* parent */ NULL, /* Window ID */ -1, wxT("Window Title"), wxPoint( 480, 480 ), wxSize( 320, 200 ) );
    frame->show();
    SetTopWindow(frame);


    // 終わり
    return TRUE;
}