トップページ -> インストール,設定,利用 -> FreeBSD を使ってソフトウエア開発環境を作る -> sysinfo のビルドとインストール(FreeBSD の場合)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

sysinfo のビルドとインストール(FreeBSD の場合)

サイト構成 データベース関連技術 データの扱い インストール,設定,利用 プログラミング 情報工学の講義実習 サポートページ 連絡先,業績など

sysinfo とは, FreeBSD 上で動く,システム情報の取得ツールです. この Web ページでは,FreeBSD (バージョン 8.1 を使用) での sysinfo のインストール手順を説明する.


前準備

(オプション) システム/アプリケーションの更新作業

  1. /etc/make.conf, /etc/src.conf の設定

    「FreeBSD 基本設定」の Web ページなどを参考に行う.

  2. FreeBSD の全てのソースコードの更新

    以下のようにコマンドを実行して,FreeBSD の全てのソースコードを更新します. このとき,同時に,ポーツ・ツリー (Ports Tree) の展開/更新も行われます(そのはずです)

    cd /usr/src
    make update
    

  3. portupggrade コマンドによるアプリケーションの更新

    cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
    make clean deinstall
    make
    make install
    rehash
    shutdown now
    portupgrade -a
    pkgdb -F
    sync
    sync
    sync
    sync
    sync
    reboot
    

sysinfo のインストール手順

  1. ポーツツリーを使ってビルドとインストール

    ※ 数十秒で終わります.

    cd /usr/ports/sysutils/sysinfo; make clean deinstall; make; make install
    

    FreeBSD で sysinfo を試しに使ってみる

    sysinfo で取得できる情報の例(一部分)

    詳しくは man sysinfo など.



    本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)