トップページインストール,使い方FreeBSDFreeBSD で XFree86 -configure

FreeBSD で XFree86 -configure

 

/etc/X11/XF86Config の作成

「X-Developer」を選んでいたら、/etc/X11/XF86Configは作成済みです が、下 記の記述を参考にして、ホイールマウスの設定、ディスプレイの周波数の設定 を行なってください。 XFree86 がうまく動かないとき、ports 等から XFree86 をインストールした ときには、下記の記述を参考にして、/etc/X11/XF86Config の作成を行ってください。

XFree86 の起動

今後の作業は、XFree86 を起動した状態で行ないましょう。 XFree86 があると、ぐっと作業しやすくなる.

設定の微調整

これで、XFree86 が動きました。 さらに、設定を微調整するために、xf86cfg を使ってもいいでしょう。

xf86cfg -xf86config /etc/X11/X86Config