トップページ -> インストール,設定,利用 -> Linux のインストール -> ISO イメージファイルからライブ USB メモリの作成 (UNetbooin を使用)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

ISO イメージファイルからライブ USB メモリの作成 (UNetbooin を使用)

◆ Linux のライブ USB メモリの作成について説明する. UNetbootin UNetbooin を使用する.このソフトウエアは Windows でも Linux でも Mac OS X でも動く

◆ ライブ USB メモリとは、「ライブ USB メモリをパソコンに挿入し,パソコンを起動すると オペレーティングシステムが起動できるようになるためのもの. 内蔵のハードディスクにインストールしなくても動く

UNetbooin で作成したライブ USB メモリでライブ起動するとき, ファイルの変更はリブート時に消える(Live モード)ようにもできるし, USB メモリに記録する(Persistent モード)こともできる. 設定は、UNetbootin での作成時に行う.

◆ ライブ USB メモリを使って,内蔵のディスクに Linux をインストールすることもできる.

※ Fedoraを使いたい場合には、 https://fedorahosted.org/liveusb-creator/ の使用も検討できる


UNetbooin のダウンロードとインストール

  1. Webブラウザで、UNetbootin のページを開く

    https://unetbootin.github.io/

  2. Windows が Linux か Mac かを選ぶ. これは、UNetbootin を動かしたいマシンの種類 を選ぶもの.ライブ起動したいオペレーティングシステムを選ぶのではない

    [image]
  3. ファイルのダウンロード

    下の画面は、Windows 用の UNetbootin をダウンロードしているところ.

    [image]

ライブ USB の作成

  1. 前準備

    十分な容量を持った USB メモリ (FAT でフォーマットしておくこと)を準備しておく. USB メモリ内のデータは全て消えるので,必要なデータがあれば必ず移しておくこと.

  2. UNetbooin を起動

    Windows で UNetbootin を起動する場合

    ダウンロードしたファイルを実行する

    Ubuntu 18.04 で UNetbootin を起動する場合

    「unetbootin-linux64-661.bin」は,ダウンロードしたファイル名に読み替えること

    sudo QT_X11_NO_MITSHM=1 ./unetbootin-linux64-661.bin
    

    [image]
    Ubuntu で UNetbootin を起動したとき 「Unable to load library icui18n "Cannot load library icui18n: (icui18n: 共有オブジェクトファイルを開けません: そのようなファイルやディレクトリはありません)" 」というエラーメッセージが出ることがある

    「apt-cache search libicu」で、パッケージを探し、見つかったパッケージをインストールする.

  3. ISO イメージファイルの選択

    [image]
  4. 保存領域の設定

    保存領域のサイズを設定

    [image]
  5. USB メモリの選択

    USB メモリ(USB メモリのドライブ名)を選ぶ

    [image]
  6. 作成開始

    「OK」をクリック

[image]
  • 作成が始まる

    [image]
  • 終了の確認

    [image]

    これでライブ USB メモリができた

    USB メモリ内の isolinux/isolinux.cfg を確認しておく

    次のようになっている(Linuxの種類のよって中身が変わるはず)

    [image]

    本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]