トップページ -> コンピュータ設定 -> Linux のインストール,設定,運用保守,便利な使い方 -> Ubuntu を起動できるライブ USB メモリの作成 (UNetbooin を使用)
[サイトマップへ]  

Ubuntu を起動できるライブ USB メモリの作成 (UNetbooin を使用)

サイト構成 連絡先,業績など 体験演習 データの扱い コンピュータ設定と利用 教材(公開) サポートページ

◆ Linux のライブ USB メモリの作成について説明する. UNetbootin UNetbooin を使用します.このソフトウエアは Windows でも Linux でも Mac OS X でも動きます

◆ ライブ USB メモリとは、「ライブ USB メモリをパソコンに挿入し,パソコンを起動すると オペレーティングシステムが起動できるようになるためのもの. 内蔵のハードディスクにインストールしなくても動きます

UNetbooin で作成したライブ USB メモリでライブ起動するとき, ファイルの変更はリブート時に消える(Live モード)ようにもできますし, USB メモリに記録する(Persistent モード)こともできます. 設定は、UNetbootin での作成時に行う.

◆ ライブ USB メモリを使って,内蔵のディスクに Linux をインストールすることもできます.

※ Fedoraを使いたい場合には、 https://fedorahosted.org/liveusb-creator/ の使用も検討できます


UNetbooin のダウンロードとインストール

  1. Webブラウザで、UNetbootin のページを開く

    https://unetbootin.github.io/

  2. Windows が Linux か Mac かを選ぶ. これは、UNetbootin を動かしたいマシンの種類 を選ぶもの.ライブ起動したいオペレーティングシステムを選ぶのではない

  3. ファイルのダウンロード

    下の画面は、Linux 用の UNetbootin のダウンロード画面


ライブ USB の作成

  1. 前準備

    十分な容量を持った USB メモリ (FAT でフォーマットしておくこと)を準備しておく. USB メモリ内のデータは全て消えるので,必要なデータがあれば必ず移しておくこと.

  2. UNetbooin を起動

    ダウンロードしたファイルを実行する

    以下 Ubuntu 18.04 での UNetbootin の動作画面を使って説明する

    sudo QT_X11_NO_MITSHM=1 ./unetbootin-linux64-661.bin
    

    Ubuntu で UNetbootin を起動したとき 「Unable to load library icui18n "Cannot load library icui18n: (icui18n: 共有オブジェクトファイルを開けません: そのようなファイルやディレクトリはありません)" 」というエラーメッセージが出ることがある

    「apt-cache search libicu」で、パッケージを探し、見つかったパッケージをインストールする.

  3. ISO イメージファイルの選択

  4. 保存領域の設定

    保存領域のサイズを設定

  5. USB メモリの選択

    USB メモリ(USB メモリのドライブ名)を選ぶ

  6. 作成開始

    「OK」をクリック

  • 作成が始まる

    これでライブ USB メモリが出来ました

    USB メモリ内の isolinux/isolinux.cfg を確認しておく

    次のようになっている(Linuxの種類のよって中身が変わるはず)


    ライブ USB メモリを使い、Windows の Oracle VM VirtualBox 上で動く仮想マシンを起動してみる

    ライブ USB メモリの使用法は簡単(パソコンの BIOS で、USBメモリからの起動ができるようにする) です. ライブ USB メモリがうまく作成できたかを 手軽に試したい ときには, 仮想マシンを使うのが便利でしょう。

    <事前準備>

    ポータブル版 Oracle VM VirtualBox を使ってみる」の Web ページを参考に、 ポータブル版 Oracle VM VirtualBoxを入手

    1. (オプション)Oracle VM VirtualBox での設定

      「起動しない」と思ったとき,設定しなおすと起動できる場合がある

      ◆ 設定例:ここでは,以下のように設定する手順を説明する.

      • オペレーティングシステムのバージョン: Ubuntu (32ビット版)
      • PAE/NX の有効化: する

      4GB を越えるマシンに Ubuntu 32 ビット版をインストールすると,PAE 付きのカーネルが自動的にインストールされる. なので,できた ISO イメージファイルも PAE 付きのカーネルが含まれています.

      1. USB メモリ内の VirtualBox\VirtualBox.exe を起動

      2. 設定したいので「設定 」をクリック

      3. オペレーティングシステムのバージョンの設定

        ◆ 設定例(「Ubuntu」に設定している)

      4. プロセッサの設定

        PAE/NX を有効化」に設定

      5. メモリ量の設定:余裕があれば1000メガバイトくらいに増やしておく

      6. VirtualBox.exe の終了

    2. USB メモリ内の VirtualBox\Virtualize_This_Key.exe を起動

    3. Oracle VM VirtualBox が起動する

      キーボードの自動キャプチャ機能についての説明が現れる場合がある.

    4. 表示の確認

    5. 今度は「Live」を選ぶ

      しばらく待つ(起動に時間がかかる).

    6. Linux が起動した

      ここでは GNOME のログイン画面

    ◆ 起動しないときの対処の例

    起動時に、「textonly」を選んで起動

    すると、情報が得られる. 例えば下のように,Oracle VM VirtualBox で「This kernel requires the following features not present on the CPU: pae unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU」と表示されているときは,Oracle VM VirtualBox で「プロセッサの設定を,PAE/NX を有効化」することを忘れていたということが分かる.

    起動時に「Could not find kernel image: linux」 のように表示される場合の対処例;

    起動時に「Invalid or corrupt kernel image」 のように表示される場合の対処例;

    1. UNetbooin を起動して、最初からやり直す

    2. オプション」で、Linux の種類を選ぶ



    本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)
    Ubuntu を起動できるライブ USB メモリの作成 (UNetbooin を使用)
    トップページ -> コンピュータ設定 -> Linux のインストール,設定,運用保守,便利な使い方 -> Ubuntu を起動できるライブ USB メモリの作成 (UNetbooin を使用)
    [サイトマップへ]  

    Ubuntu を起動できるライブ USB メモリの作成 (UNetbooin を使用)

    サイト構成 連絡先,業績など 体験演習 データの扱い コンピュータ設定と利用 教材(公開) サポートページ

    ◆ Linux のライブ USB メモリの作成について説明する. UNetbootin UNetbooin を使用します.このソフトウエアは Windows でも Linux でも Mac OS X でも動きます

    • Ubuntu を起動できる ライブ USB メモリを作成します.
    • FAT フォーマットの USB メモリを使います(USB メモリ内のデータは全て消えるので要注意).
    • FAT フォーマットの USB メモリなので,ISO イメージ・ファイルのサイズがおおよそ 4 Gバイト以下でないと動きません.
    • UNetbooin は、Ubuntu 以外の種々の Linux ディストリビューションにも対応してます.

    ◆ ライブ USB メモリとは、「ライブ USB メモリをパソコンに挿入し,パソコンを起動すると オペレーティングシステムが起動できるようになるためのもの. 内蔵のハードディスクにインストールしなくても動きます

    UNetbooin で作成したライブ USB メモリでライブ起動するとき, ファイルの変更はリブート時に消える(Live モード)ようにもできますし, USB メモリに記録する(Persistent モード)こともできます. 設定は、UNetbootin での作成時に行う.

    ◆ ライブ USB メモリを使って,内蔵のディスクに Linux をインストールすることもできます.

    ※ Fedoraを使いたい場合には、 https://fedorahosted.org/liveusb-creator/ の使用も検討できます


    UNetbooin のダウンロードとインストール

    1. Webブラウザで、UNetbootin のページを開く

      https://unetbootin.github.io/

    2. Windows が Linux か Mac かを選ぶ. これは、UNetbootin を動かしたいマシンの種類 を選ぶもの.ライブ起動したいオペレーティングシステムを選ぶのではない

    3. ファイルのダウンロード

      下の画面は、Linux 用の UNetbootin のダウンロード画面


    ライブ USB の作成

    1. 前準備

      十分な容量を持った USB メモリ (FAT でフォーマットしておくこと)を準備しておく. USB メモリ内のデータは全て消えるので,必要なデータがあれば必ず移しておくこと.

    2. UNetbooin を起動

      ダウンロードしたファイルを実行する

      以下 Ubuntu 18.04 での動作画面で説明する

    3. ISO イメージファイルの選択

    4. 保存領域の設定

      保存領域のサイズを設定

    5. USB メモリの選択

      USB メモリ(USB メモリのドライブ名)を選ぶ

    6. 作成開始

      「OK」をクリック

  • 作成が始まる

    これでライブ USB メモリが出来ました

    USB メモリ内の isolinux/isolinux.cfg を確認しておく

    次のようになっている(Linuxの種類のよって中身が変わるはず)


    ライブ USB メモリを使い、Windows の Oracle VM VirtualBox 上で動く仮想マシンを起動してみる

    ライブ USB メモリの使用法は簡単(パソコンの BIOS で、USBメモリからの起動ができるようにする) です. ライブ USB メモリがうまく作成できたかを 手軽に試したい ときには, 仮想マシンを使うのが便利でしょう。

    <事前準備>

    ポータブル版 Oracle VM VirtualBox を使ってみる」の Web ページを参考に、 ポータブル版 Oracle VM VirtualBoxを入手

    1. (オプション)Oracle VM VirtualBox での設定

      「起動しない」と思ったとき,設定しなおすと起動できる場合がある

      ◆ 設定例:ここでは,以下のように設定する手順を説明する.

      • オペレーティングシステムのバージョン: Ubuntu (32ビット版)
      • PAE/NX の有効化: する

      4GB を越えるマシンに Ubuntu 32 ビット版をインストールすると,PAE 付きのカーネルが自動的にインストールされる. なので,できた ISO イメージファイルも PAE 付きのカーネルが含まれています.

      1. USB メモリ内の VirtualBox\VirtualBox.exe を起動

      2. 設定したいので「設定 」をクリック

      3. オペレーティングシステムのバージョンの設定

        ◆ 設定例(「Ubuntu」に設定している)

      4. プロセッサの設定

        PAE/NX を有効化」に設定

      5. メモリ量の設定:余裕があれば1000メガバイトくらいに増やしておく

      6. VirtualBox.exe の終了

    2. USB メモリ内の VirtualBox\Virtualize_This_Key.exe を起動

    3. Oracle VM VirtualBox が起動する

      キーボードの自動キャプチャ機能についての説明が現れる場合がある.

    4. 表示の確認

    5. 今度は「Live」を選ぶ

      しばらく待つ(起動に時間がかかる).

    6. Linux が起動した

      ここでは GNOME のログイン画面

    ◆ 起動しないときの対処の例

    起動時に、「textonly」を選んで起動

    すると、情報が得られる. 例えば下のように,Oracle VM VirtualBox で「This kernel requires the following features not present on the CPU: pae unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU」と表示されているときは,Oracle VM VirtualBox で「プロセッサの設定を,PAE/NX を有効化」することを忘れていたということが分かる.

    起動時に「Could not find kernel image: linux」 のように表示される場合の対処例;

    起動時に「Invalid or corrupt kernel image」 のように表示される場合の対処例;

    1. UNetbooin を起動して、最初からやり直す

    2. オプション」で、Linux の種類を選ぶ



    本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)