トップページ -> コンピュータ設定と利用 -> Linux で開発環境やツールを整備 -> Linux で QEMU を使ってみる
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Linux で QEMU を使ってみる

サイト構成 連絡先,業績など 体験演習 データの扱い コンピュータ設定と利用 教材(公開) サポートページ

QEMU は x86, PowerPC, S390, ARM などのマシンのエミューレータ.


事前準備


KVM と QEMU のインストール手順

■ Ubuntu の場合の操作手順(例)

  1. インストール
    sudo apt-get -yV install kvm
    sudo apt-get -yV install kvm-ipxe
    sudo apt-get -yV install qemu-common
    sudo apt-get -yV install qemu-kvm 
    sudo apt-get -yV install qemu-keymaps
    sudo apt-get -yV install qemu-kvm-extras
    sudo apt-get -yV install qemu-system
    sudo apt-get -yV install qemu-user
    sudo apt-get -yV install qemu-utils 
    sudo apt-get -yV install qemu-launcher
    sudo apt-get -yV install qemulator
    sudo apt-get -yV install qemuctl
    sudo apt-get -yV install qtemu 
    sudo apt-get -yV install qemu-kvm-spice
    

  2. カーネルモジュールの設定

    まず手動でカーネルモジュールの組み込みを行ってみる

    sudo modprobe kvm_intel
    sudo modprobe kvm
    lsmod | grep kvm
    kvm-ok
    

    うまく組み込めるようだったら、自動で組み込むように設定することにする。 /etc/modules を編集し、

    kvm_intel
    kvm
    

    の2行を追加する

  3. Ubuntu でSPICE クライアントのインストール
    sudo apt-get -yV install spice-client
    

  4. Ubuntu で仮想マシン管理ソフトウエア libvirt と ubuntu-vm-builder のインストール
    sudo apt-get install libvirt0
    sudo apt-get install libvirt-bin
    sudo apt-get install libvirt-dev
    sudo apt-get install libvirt-doc
    sudo apt-get install python-libvirt
    sudo apt-get install libvirt-ruby 
    sudo apt-get install virt-manager 
    sudo apt-get install virt-viewer
    sudo apt-get install virt-goodies
    sudo apt-get install virt-top
    sudo apt-get install ubuntu-vm-builder
    sudo apt-get install cpu-checker
    sudo apt-get install bridge-utils
    

    以上の操作で,vmware2libvirt, virt-viewer, virsh, virt-install などのコマンドが使えるようになります また /etc/libvirt 下にいくつかの設定ファイルができます

  5. ユーザの所属グループの調整
    sudo usermod $(whoami) -a -G libvirtd
    cat /etc/group | grep libvirtd
    

■ Fedora の場合の操作手順(例)

  1. SDL のインストール

    yum install SDL
    

  2. kvm, qemu のインストール

    yum -y groupinstall "Virtualization"
    


(参考)どうしてもソースコードからインストールしたい場合の参考情報

◆ Ubuntu での操作手順(例)(ソースコードからビルド,インストールする場合

mkdir /tmp/qemu-kvm
cd /tmp/qemu-kvm

apt-get source qemu-kvm
apt-get source qemu-linaro
apt-get source qemu-launcher
apt-get source qemulator
sudo apt-get -yV build-dep qemu-kvm
sudo apt-get -yV build-dep qemu-linaro
sudo apt-get -yV build-dep qemu-launcher
sudo apt-get -yV build-dep qemulator
#
cd /tmp
wget http://wiki.qemu.org/download/qemu-1.1.0-rc2.tar.gz
rm -rf qemu-1.1.0-rc2
tar -xvjof qemu-1.1.0-rc2.tar.gz
cd qemu-1.1.0-rc2 
./configure --extra-cflags="-I/usr/local/include" --extra-ldflags="-L/usr/local/lib" --enable-kvm --enable-vnc --enable-vnc-sasl
make
sudo make install 

QEMU を使ってみる

【ここでの設定内容】

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
仮想マシン・イメージファイルのファイル名 文字列 /home/os001.qcow2
仮想マシン・イメージファイルのフォーマット 文字列 qcow2
仮想マシン・イメージファイルの最大サイズ 数値 80 (GB)
ゲスト OS の種類 文字列 precise (Ubuntu 12.04)
仮想マシンに割り当てるメインメモリのサイズ 数値 2048 (MB)
仮想マシンの起動に使う ISO イメージファイル名 文字列 /home/ubuntu-12.04-desktop-amd64.iso
cd /tmp
qemu-img create -f qcow2 /home/os001.qcow2 80G .
sudo modprobe kvm_intel 
# 32 ビット の Ubuntu 12.04 の場合
qemu-system-i386 -hda /home/os001.qcow2 -m 2048 -cdrom /home/ubuntu-12.04-desktop-i386.iso -boot d --enable-kvm -usb -serial none -parallel none
# 64 ビット の Ubuntu 12.04 の場合
qemu-system-x86_64 -hda /home/os001.qcow2 -m 2048 -cdrom /home/ubuntu-12.04-desktop-amd64.iso -boot d --enable-kvm -usb -serial none -parallel none

qemu-launcher の起動コマンド

qemu-launcher

マシン名、割り当てるメモリ量、仮想ハードディスク、仮想 CD-ROM の設定ができる。



本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)