トップページ -> コンピュータ -> ラズベリーパイ (Raspberry Pi) -> Raspbian の初期設定
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Raspbian の初期設定

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

目次

  1. システムの更新とシステムの再起動
  2. NTPによる時刻合わせの有効化
  3. タイムゾーンとロケール
  4. SSH キーの再生成
  5. パスワードの変更: パスワードが「raspberry」のままでは危険なので.変更
  6. ソフトウエアの削除
  7. ファイルシステムの設定
  8. ログの抑止
  9. スワップの停止

サイト内の関連ページ:


システムの更新, ファームウエアの更新, システムの再起動

ファイルシステムでジャーナルをオフ.端末で,次のコマンドを実行

sudo sudo tune2fs -O ^has_journal /dev/mmcblk0p2

システムを更新.端末で,次のコマンドを実行

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade
sudo apt -yV dist-upgrade
sudo rpi-update
sudo apt -yV autoremove
sudo apt autoclean
sudo shutdown -r now


NTPによる時刻合わせの有効化

端末で,次のコマンドを実行

sudo apt install -y ntp
sudo apt install -y ntpdate
sudo service ntp stop
sudo /usr/sbin/ntpdate ntp.jst.mfeed.ad.jp
sudo /usr/sbin/service ntp start
sleep 5 
sudo timedatectl set-ntp true

タイムゾーンとロケール

端末で,次のコマンドを実行

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
export LANG=ja_JP.UTF-8
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
sudo locale-gen --purge ja_JP.UTF-8
sudo sed -i 's/# ja_JP.UTF-8 UTF-8/ja_JP.UTF-8 UTF-8/g' /etc/locale.gen
sudo locale-gen
sudo dpkg-reconfigure -f noninteractive locales
sudo /usr/sbin/update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LC_ALL=ja_JP.UTF-8

SSH キーの再生成

端末で,次のコマンドを実行

sudo rm /etc/ssh/ssh_host*
sudo dpkg-reconfigure openssh-server


パスワードの変更

端末で,次のコマンドを実行し,「raspberry」を入れたあと,パスワードを2回(同じものを2回)入れる

passwd


ソフトウエアの削除

端末で,次のコマンドを実行

sudo apt purge wolfram-engine
sudo apt purge libreoffice
sudo apt -yV autoremove
sudo apt autoclean

ファイルシステムの設定

端末で,次のコマンドを実行

sudo raspi-config --expand-rootfs

ログの抑止

端末で,次のコマンドを実行

sudo cp /etc/rsyslog.conf /etc/rsyslog.conf.DIST
sudo rm -f /tmp/1
cat /etc/rsyslog.conf | sed 's/^auth/#auth/g' | sed 's/^daemon/#daemon/g' | sed 's/^kern/#kern/g' | sed 's/^lpr/#lpr/g' | sed 's/^user/#user/g' | sed 's/^mail/#mail/g' > /tmp/1
sudo cp /tmp/1 /etc/rsyslog.conf 

(オプション)スワップの停止

スワップを停止したいときは,端末で,次のコマンドを実行

「スワップ」の意味が分からないときは,むやみに,実行しないこと.

sudo swapoff --all 
free -h
sudo shutdown -r now